募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
「都心狭小 25の窓がある家」
浅黄邸は こちら!

福島 雄一さん

涼子さん
 

吉之助くん

義弘くん
 
 続いての施主は、土地家屋調査会社にお勤めの福島雄一さん。いわば、土地に関するプロフェッショナルです。現在は、家族4人で平和なマンション生活を送っています。そんな雄一さん、新居の完成を機に、独立して自宅の一部を事務所にしたいのだとか。1400万円で購入した土地は、都心からほど近い、さいたま市にあります。しかし、そこは見たこともないような超鋭角三角形の狭小地!さらに、南側には金網があり、その先はドブ川!そして残る二辺も交通量の多い道路に面し、見事な悪条件が整っています。建設資金は、全て銀行ローン。一家心中ともいえるこの挑戦は、果たして実を結ぶのでしょうか!
サッカーができる広いリビング
屋上ビアガーデン
キッチンにIH(電磁調理器)
事務所併用
建築予算  1950万円
敷地面積  62㎡(18坪)
許容建築面積  43㎡(13坪)
建ぺい率  70%
容積率    200%
 
 今回、この悪条件に挑戦するのは、長妻達夫。 施主である雄一さんの友人でもある長妻は、これまで様々な変形地にアイデア溢れる家を建築してきた"変形地設計の達人"なのです!
そんな長妻の友人に捧げるプランがこちら!
三角形の敷地を最大限に活用し、総床面積38坪を実現。 1階を雄一さんの事務所、2階・3階を自宅として利用します。 屋上には、ビアガーデンもある、なんとも贅沢な空間です。
 
     
 
まずは、基礎工事から。
三角形を最大限に生かす福島邸、角まで
目一杯使います。
現場では、三角形の棟上げです。
家が三角ならば、木材も当然三角。
職人さんも、戸惑いの色が隠せません。
極薄の家にとって怖いのは、地震や強風。
この短い壁を直角に取り付けることにより、
強度をアップ。
部屋の中に張り出した鉄の棒は、
強度を確保するためのもの。
これにより、壁でふさぐことなく見通しを良くして、
開放感を高めます。
さらに、部屋を広く見せるための技が、
遠近法の効果です。
三角形ならではの斜めの壁。これが遠近の錯覚を
引き起こすため、四角い部屋に比べ、
より奥行きを感じるのです。
キッチンには、三角の飾り棚が設置されました。
こうして、変形したスペースを変形の家具や
収納で切り取ることによって、
できるだけ居住空間を四角に近づけ、
住みやすくしようというのです。

涼子さんが、コスト削減のため泣く泣く諦めた
「IHクッキングヒーター」ですが、
なんと、涼子さんのお母さんがプレゼントしてくれたのです!
おまけに、食器洗い乾燥機まで!
これで、キッチンのグレードが大幅にアップしました!
幼い子供がいるため、階段室は仕切りたいものの、
光は遮りたくない・・・。
そんな問題を解消してくれるのが、
このポリカーボネート板です。
これで、光も取り込みつつ、
階段と部屋とを仕切ることができます。
床の仕上げを諦めて、モルタルのままにした
事務所の床も、タイルカーペットを買って来て、
雄一さん自ら敷き詰めることに!
そのお値段1枚280円。
総額わずか1万円で、事務所の床が見違えるほど
立派になります。
玄関を入ってすぐ右手には、
天井まで達する大きな収納が設けられました。
家族4人の靴をすべて収めても、この余裕です。
2階には、22畳ものリビングが広がります。
「三角形」という形を活かし、
北側の壁を最大限に使い切ることで、
視覚的な広さを演出。
レオナルド・ダ・ヴィンチでさえも驚くであろう
遠近効果を計算した設計です。
キッチンは、三角形の先端にあります。
当初、不安視されていたスペースも、
日当たりのいい使いやすい空間になりました。
お母さんからの贈り物「IHクッキングヒーター」で、
熱さを気にすることなく、美味しい料理が作れます。
どのお宅でも困るのが、生ゴミの処理。
福島邸では、キッチン奥に、ゴミを一時的に
置くためのサービスバルコニーを作りました。
三角形を余すところなく使い切っています。
3階には、子供部屋。
カタチこそ特殊ではありますが、
上手く家具をレイアウトすれば、
十分広く使うことができます。
子供部屋の隣は、全てが三角の福島邸にあって
唯一の四角いスペースで、
トイレ・洗面所・バスルームと、水まわりで固められました。
こちらは、夫婦の寝室です。
広さは7.8畳で、木の風合いを活かした
カウンターが優しい印象を与えます。
さらに、上へと足を進めると、
雄一さん悲願の屋上が広がります。
興奮ぎみの雄一さん、
早々にビアガーデンをオープンさせてしまいました!
忘れてはならないのが、1階の事務所部分。
12畳あまりと、決して広くはありませんが、
色々と相談しやすそうな、
アットホームな雰囲気に仕上がりました。
夢の1000万円台を目指し、
あらゆるコストダウンを図った福島さん。
雄一さんにとっての「第二の人生」が、
ドリームハウスとともに始まるのです!
雄一さん、涼子さん、吉之助くん、義弘くん、
いろんな思い出を作ってくださいね!
本当におめでとうございます!