募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
向井邸は こちら!
田所拓郎さん・奈美子さん

 
 
 

舞台は東京都世田谷区。施主の田所さんは、都内のインテリア会社に勤務し、現在は奥さんと2匹の犬との生活を送っています。田所さんが購入した土地は、世田谷区にある敷地面積14坪の分譲地。しかし建ぺい率が60%のため、最大建築面積はたったの8坪しかありません。職業柄、様々な家具を所有する田所さん。新しい家は、それらの家具がマッチする家を希望。また、奥さんは明るいキッチンを希望。さらに夫婦二人の驚くべき希望は、なんと「露天風呂」。果たして希望は叶うのでしょうか?

* インテリアにマッチする家
*
明るいキッチン
*

露天風呂

*
駐車場

建築予算 1600万
敷地面積 47㎡(14坪)
建ぺい率 60%
容積率   200%

狭小8坪に田所さん夫婦の希望を叶えるのは、建築家・三村大介。狭小、ローコスト住宅を多く手がけてきた三村は、8坪を最大限活かした無駄のないシンプルな間取りのプランを提案。果たして施主念願の「露天風呂」の出来栄えは?そして、一体、どんなドリームハウスが完成するのでしょうか?

 

いよいよ着工です。
まずは掘削。駐車場を作るため、ブロック塀が壊されます。


田所邸は、在来工法ではなく、2インチ×4インチの角材と板でできた壁面パネルで家を支える、2×4(ツーバイフォー)工法を採用。
ローコストでの家作りに一役買っています。

手持ちの家具のサイズに合わせた大きさの窓が作られ、サッシが搬入されました。

すっきりとしたフレームキッチンが搬入され、奥さん希望の明るい空間が実現しました。

いよいよ浴槽の搬入。
一体どんなお風呂になるのでしょうか?

 

世田谷の住宅街に、シンプルでおしゃれなドリームハウスがあらわれました。

全自動シャッターの駐車場が開くと玄関が現れます。

2FのLDKは明るく開放的な空間となりました。
施主自らが選んだこだわりのイタリア製のタイルは、シンプルなキッチンとマッチしています。

3Fの寝室は、手持ちの木の家具とマッチするチーク材を床材として使用しました。



細かく真っ白なタイルが貼られた洗面室は、ガラス張りで狭いながらも明るい空間に。


洗面室と同じタイルが貼られたデッキスペース。
そしてここには…



露天風呂が出現!
住宅街にいながら、リゾート気分を味わえる素敵なスペースが完成しました。


ローコストながら、夫婦のこだわり満載の田所邸。
ドリームハウスの完成!おめでとうございます。