募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
雲田邸は こちら!
野坂剛さん・志保さん

施主の野坂さん夫妻は都内の会社に勤める共働き夫婦。歴史ある鎌倉の土地や環境の良さに惹かれ、二年前の結婚を機に鎌倉に家を建てることを決意しました。
野坂さんが購入した土地は、眺望が良く開放感抜群の高台にある、なんと敷地面積133坪もの土地。しかし三方が崖になっているため平らな土地は約70坪しかありません。限られたスペースの中で、鎌倉の風土にあった家作りを目指します。

* 眺望を楽しめる家
*
効率的な家事動線
*
鎌倉の風土に合う家

敷地面積 440㎡(133坪)
建ぺい率 40%
容積率  80%

 

そんな野坂さんの夢を叶えるのは建築家 村越正明。
村越のプランは、建築面積17坪、延床面積29坪の木造二階建て。黒を基調とした外観は落ち着きがあり、鎌倉の風土に合った趣です。また、眺望を楽しめるようにリビングやキッチンなどの生活スペースを2階に配置しました。
その2階部分には、2つの段差が設けられています。ここに建築家の工夫が。
一体、どんなドリームハウスが完成するのでしょうか?

様々な減額案の末、ようやく待ちに待った着工です。
固い岩盤に苦戦を強いられながら基礎工事が行われます。

迎えた上棟の日。
順調に進んでいたはずが…まさかのトラブル発生!
再度組み直して、無事に上棟完了。

床張りが進むにつれ、2階に設けられた段差が徐々に現れてきました。ここにはどんなアイデアが詰まっているのでしょうか。

大量の大きなサッシが搬入されました。
しかしその多くは、はめごろしの窓。
これは眺望を楽しむための、建築家のアイデア。

屋根工事の途中で現れたのは、2つの大きな天窓。
南側に設置されているため、夏の暑さが気になりますが、そこは効率的に家事を行いたい奥さんの希望。

木製の階段や吹き抜け部分の手摺りなど、細部に渡って職人さん達の丁寧な仕事が光ります。
それぞれのスペースや、広々としたキッチンやバスルームも作られました。いよいよ完成間近です。

 

古都鎌倉望む高台に、すっきりとモダンな佇まいのドリームハウスが姿をあらわしました。

木の玄関扉を開けると広い土間風の玄関が。
玄関を入った左側には客間が作られました。
ここには吹き抜けがあり、天窓から明るい光が降り注ぎます。

その奥には、寝室が作られました。
客間と寝室の間の壁は可動式になっており、広々とした空間に変えることができます。
部屋から続いた縁側の向こうには、鎌倉の景色が広がります。

1階の一番奥には、木のぬくもりに溢れた洗面室と浴室。
ここでも景色を楽しむ作りになっています。

木製の階段で2階にあがると、反対側に天窓の下に暖かなサンルーム。洗濯物がよく乾きそうです。
ロールスクリーンも取り付けられ、暑さ対策もバッチリ。

2階の広々としたリビングには、テラスが作られ、眺望バツグン。
木製のサッシで切り取られた風景はまるで絵のようです。

リビングから一続きとなったダイニングキッチンとの間には、キッチンに立って作業する奥さんとリビングに座っているご主人の目線を合わせるため、45センチの段差が設けられました。

キッチン横には、奥さんの城、家事室。
サンルームと繋がっているため、家事動線もバッチリ。

リビングを挟んで、キッチンの反対側には、ご主人の城、書斎。
こちらには、75センチの段差を設け、逆に目線が合わないようにと工夫されています。

鎌倉の自然を満喫できる野坂邸。
ドリームハウスの完成!おめでとうございます。