募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る

今回の舞台は新宿区。施主の村嶋さんは、千葉県木更津の実家から片道2時間をかけて都内に通勤していますが、通勤が大変なこともあり、都内に家を建てることを決意しました。両親は新居と木更津の自宅を行き来する予定で、妹夫婦も集まる予定です。
村嶋さんが購入した土地は、四谷三丁目駅から徒歩数分の敷地面積15坪、建ぺい率60%で建坪9坪という狭小地。付近の相場の6割ほどという激安地ですが、その土地は、高さ4.5mの風化した古い大谷石の石垣の上にあり、さらに北、東、南の3方向を家に囲まれ、日当たりは最悪。おまけに土地への入口がなく、石垣を崩して入口を作らなければ建築許可が下りないことが判明しました。
悪条件を克服するために、様々な工夫をこらしながら、家族5人が集まれる家作りを目指します。

* 3家族5人で過ごす家
*
明るいキッチン

建築予算 3000万円
敷地面積 50㎡(15坪)
建ぺい率 60%
容積率  250%

 

今回、村嶋さんの希望を叶えるのが建築家・三浦慎。
傾斜地など、その土地の特性を生かし、周囲の環境に溶け込む建物を得意とする建築家です。
プランは、鉄骨の箱を9個積み重ねて建てる、スキップフロアの家。室内を広くするために鉄骨で箱を作り、それを組み合わせていきます。室内には壁やドアを作らず、段差でそれぞれの居住空間を仕切る造りにし、適度な距離感、個室感と開放感を両立させています。
一体、どんなドリームハウスが完成するのでしょうか?

いよいよ着工です。
まずは、ショベルカーを土地に搬入する作業から始まり、
入口を作るため、大谷石の石垣を慎重に崩していきます。
土留めのために、9本もの巨大鉄骨を埋め込みます。

村嶋邸の上棟では、柱ではなく、まるで檻のような、
鉄骨で作られた箱が次々と組み上げられていきます。

組み上げられた箱の数は全部で9個。
それぞれの箱は少しずつずらして組み立てられています。
狭い土地をあえて4分割にし、スキップフロアにすることに
よって、空間より広く使うねらいです。

外壁には、厚さわずか3.2mmの鉄板が使われます。
広さを確保するために、こんなところにまで工夫が。

採光のための巨大ガラスが次々に取り付けられます。
日当たりの問題は克服「」できそうです。
いくつかのトラブルもありましたが、まもなく完成です。

 

都会の真ん中に、シャープでおしゃれな外観の
ドリームハウスが姿をあらわしました。

石垣を崩して作られたエントランスには、少し小さめですが、
1台分の駐車スペースが確保されました。
玄関には、モダンアートのような宙に浮いた螺旋階段から上がります。

ガラスの玄関扉を開けると1つめの箱、玄関です。
その横の2つめの箱には、洗面・浴室が設けられました。
こちらも大きな窓が取り付けられ、明るさはバッチリです。

一段上がった3つめの箱は納戸。
あまり広くはない村嶋邸ですが、施主以外の荷物をまとめることで、他の空間をスッキリ広々と使うことが出来ます。

その隣、4つめの箱はキッチン。
大きな窓と高い天井で、施主待望の明るく開放的なキッチンが実現しました。

キッチンからの階段の上には、5つめの箱、リビングダイニング。 全面開口によって、家族全員が集まるのにピッタリな、光溢れる暖かい空間になりました。

6つめの箱、妹夫婦がくつろぐ部屋の床には、石垣に使われていた大谷石が再利用され、美しいアクセントになっています。そしてもちろんこちらにも大開口!

その隣は両親の部屋になりました。この箱で7つめです。
二人がゆっくりと過ごせるよう、和室になりました。

2つめの階段の上は、施主のプライベートスペース。
8つめの箱には、施主専用の洗面室。そして、9つめの箱は
施主の寝室。こちらは収納も多く確保されています。

そして、その横には屋上が造られました。
ガーデニングを楽しんだり、家族でバーベキューをしたりと、
色々な楽しみ方ができる、贅沢な憩いの空間が誕生しました。

悪条件を見事に克服し、家のどこにいても、家族の息遣いが感じられる暖かな村嶋邸。
ドリームハウスの完成!おめでとうございます。