募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
バード邸はこちら!

今回の施主の青木さんが一年半の土地探しの結果に出会ったのが、足立区西新井の、敷地面積11坪、建ぺい率50%、最大建築面積6、6坪という土地。
元々は駐車場として使われていた土地を、超格安の750万円で購入しました。
狭小の家でも希望はいっぱいのため、たくさんの工夫が必須。さらに、大きな希望がもう一つ!二人の共通の趣味はマンガを読むことで、今の家には3000冊を超えるマンガがあります。その大事なマンガを収納できる棚が絶対に必要なのです。
さらに、前面道路が狭く大型車両が入って来られないため、職人さん泣かせの難工事になりそうです。
限られた予算と土地で、夢を叶えるための家作りが始まります。

* 3層以上の家
* 駐車場
* 漫画3000冊を収納できる本棚
* 高所恐怖症対策
* 広い浴室
* ベランダ

敷地面積 36.3㎡(11坪)
建ぺい率 60%
容積率  200%

青木さんの夢を叶えるのが、実は青木さんの小学生時代からの幼なじみでもある建築家・齋藤由和。
提案したプランは、広い空間を生むことが出来るラーメン構造。
柱と梁を強く接合させることで部屋の中に柱や壁を設置する必要が無くなり、広く開けたスペースを生むことが出来ます。
そして、長さ7m、重さ130kgの柱を8本も使用し、大開口を実現させます。
一体、どんなドリームハウスが完成するのでしょうか?


前面道路幅2.4m、敷地の間口4mの狭小の土地は、
基礎工事からかなりの難工事に。

型枠が解体されると、縦に長い
青木邸を支えるための頑丈な基礎が現れました。

上棟では、重さ130kg、長さ7mの柱を、
現場から50m離れた場所から手運びします。

さらに木材を起こしていくのも手作業です。
開口部を大きくとるため、
梁にも太く厚い木材を使用しました。
2日かけてようやく上棟が完了です。

階段には仕切りの壁を設けず、
部屋との一体感を感じられる
ように工夫されました。

膨大な漫画を収納するために壁一面が本棚に!
これだけあればすべてのマンガが収まりそうです。
キッチンも搬入され、いよいよ完成間近です。

 

足立区の住宅街にシンプルで
シャープな外観のドリームハウスが姿をあらわしました。

頑丈な基礎には、半地下の駐車場が作られました。
駐車場の奥、南側にある階段からが玄関となります。

明るい階段を上がるとそこはサンルーム。
一日中日差しが入るため、
洗濯物を干すには最適の場所です。

玄関扉を開けると大容量の収納があります。
2階へ上がる階段下が洗濯機置き場になっており、
限られた空間がうまく活用されています。

洗面は少しコンパクトではありますが、
浴室は施主の希望通り
広くてゆったり入れるサイズに。

階段を上がると明るいリビングスペースが出現。
主役はやはり壁一面の本棚です。

仕切りのない階段は、床や棚の木目との統一感があり、
まるで家具の一部のようで、広がりが感じられます。

本棚の横にはキッチン。
シンプルですが、本棚の一部を作業台にしたことで、
使い勝手の良さが生まれました。

3Fの施主の書斎は落ち着いた雰囲気です。

書斎の階段を挟んだ反対側には寝室があります。
窓からはなんとスカイツリーが見えます。
布団が干せるよう、窓の外側にはバーが
取り付けられました。 

狭小という悪条件を様々なアイデアで見事に克服し、
施主の希望が見事に形になった青木邸。
ドリームハウスの完成!おめでとうございます。