バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
鵜飼邸は こちら!

大口宗利さん
美紀さん

 
今回ご紹介するのは、超変形格安狭小地。
美術商の大口宗利さんが、夢の家作りに挑みます。
現在、名古屋で共に暮らしていた妻の美紀さんと離れ、東京で一人暮らし。
というのも、仕事柄、やはり名古屋よりも東京のほうがビジネスチャンスがあります。そこで東京進出を決意。
土地探しに奔走した結果、ようやく見つけたのは、山手通りに面した都心の一等地。
しかし、そこはまさに三角定規のような狭小地でした。
建ぺい率を目一杯使っても、7.7坪の土地にしか建てられません。
しかも、三角の先端はなんと27度。
とても家が建つとは思えないこの土地に、果たして、ドリームハウスは完成するのでしょうか!
* 予算の800万円で建てたい。
*
とにかく広く快適に!
*
収納はたくさん
*
トイレは2つ
建築予算  建築予算 800万円
敷地面積  32㎡(9坪)
建ぺい率 80%
容積率  400 %
 
今回、大口さんの夢をカタチにするのは、建築家・久保宗一、42歳。
狭小地の有効活用を得意とし、過去に5坪の物件も手掛けている久保。
完成したプランは、大口さんの希望をすべて詰め込んだものとなりました。
限られた敷地を最大限に活かすため、木造二階建て構造を採用。
1階は、三角形の鋭角部分に玄関。中央に7畳のリビング。その奥にトイレを配置。
2階は、ふたつ目のトイレに加え、テラスを設置。
視覚的な広さを演出します。
 
 
迎えた地鎮祭・・・
雨降って地固まるとは、このことでしょうか?
いよいよ、本格的な工事の開始です。
狭い土地にコンクリートが流し込まれ、あっという間に基礎が完成しました。
そして迎えた上棟。
しかし、現場は予想外のトラブルが続出している模様・・・
果たして、大口さんの夢は現実のものとなるのか!?
乞うご期待!