バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
小林邸は こちら!

鵜飼辰哉さん

 家から見える海
 
今回の施主は、鵜飼辰哉さん。
大手通信会社に勤める独身のサラリーマン。
海の側に暮らしたく10年かけて憧れのリゾート地、葉山に土地を見つけました。
ただし、鵜飼さんの土地は、木がうっそうと生い茂るただの崖!
さて、悪条件満載のこの舞台にどんなドリームハウスが建つのでしょうか!?
* 木のぬくもりを感じる家
*
海が見れる広いお風呂
*
自然と一体化した家
土地 1600万円
建築予算 1700万円
敷地面積 361㎡(113坪)
建ぺい率 40%
容積率 80%
悪条件ゆえの土地の値段が安いメリット!!
坪単価は相場の3分の1程度の15万円!! 
鵜飼さんの夢を叶えるのは、建築家・山岸美佳。
女性ならではの視点で木を巧みに使うので建築に温もりがあります。
そして、今回、山岸さんが希望を取り入れたのは、
床から天井、壁にいたるまで木が覆われた14畳のリビングダイニングキッチン。
そして、間仕切りを一切設けないことで、広々とした開放感を演出。
そこから、相模湾を一望できるウッドデッキを設けます。
 
遂に着工した鵜飼邸。
30度の崖に難工事が続き、トラブル発生か!?
ショベルカーが登るのも一苦労です。
崖と睨み合うこと、実に16日。
ようやく山の急斜面に更地が出現しました。
基礎を傾斜にあわせて作るため、
現場で1本1本長さを調整しなければいけません。
細かい手作業で難工事が続きます……。
基礎工事も大詰めに!!
まず、コンクリートの流し込みです。
人がすれ違うのも困難な幅、わずか1メートル足らずの狭い路地に、
いったいどうやってコンクリートを運ぶのでしょうか!?
そこで用意されたのが、大量の細長い鉄パイプ。
山のふもとから中腹まで使用した鉄パイプの数、なんと66本!
全長、実に200メートルのパイプラインが急斜面を昇ってコンクリートを届けます。
しかし、トラブル発生!!
鉄パイプの中でコンクリートが詰まり、
流れが止まってしまいました。
今なお、難工事が続いています。
基礎完成!!
整地から40日あまり数々の難工事を乗り越え、
ようやくドリームハウスの一歩を踏み出しました。
急斜面にクレーンが入らないため、
4人の職人さんが手作業で重さ80キロの梁を組み上げていきます。
ようやく上棟です!!
目に飛び込んでくるのは、相模湾の絶景!!
鵜飼さんも期待が膨らみます。
鵜飼邸に欠かせないカナダ製のサッシ。
海に近いため、断熱性に優れ錆びにくい樹脂サッシを使用しました。
眺望重視で設計された鵜飼邸は海を望む南側を前面ガラス窓にしたため、
構造的に弱い建物になっています。
そこで、壁の代わりに窓の前に筋違いを4箇所採用して家の強度を確保したのです。
ローコスト対策が隠されています。
梁の上に直接杉板を貼ることで、2階の床が1階の天井を兼ねました。
床と天井を兼ねることで天井裏がありません。
壁と同様に屋根には塩害対策として、
ガルバリウム鋼板を使用。
なみなみならぬ家作りの決意で節約生活をしてきました。
こうして、貯めたお金で贅沢したい場所は、お風呂!!
今の家では、足を伸ばすことが出来ないため木の風呂に憧れゆっくりと海を眺めながら湯船につかりたいのです。
そんなせつなる思いを叶えるのが、
風呂職人・宮原信一、55歳。
風呂作り一筋40年で昔ながらの伝統技法を今に受け継ぐ貴重な職人!!
「擦り合わせ」と呼ばれる作業は、
わざとヒノキの表面をざらつかせることで、水漏れを防ぎます。
接着剤はお米で作った「続飯(そくい)」。
職人いわく『接着剤だと水に溶けるから危険。続飯のほうが安全だ!』とか。
鵜飼さん希望のお風呂が徐々にカタチになりはじめました。
さらに職人は、槙皮(まきはだ)と呼ばれる木の皮を釘と一緒に打ち込み水漏れを防ぎます。
特別発注した、木曽ヒノキのお風呂。
なんとも贅沢なお風呂で節約した甲斐がありました。
その頃、現場では建具が作られていました。
ウッドデッキに木が入り込み、切るわけにはいかないので、
ロープで引っ張って一気に作り上げます。
工事も最終段階に入り、追い込みます!!
着工から、およそ5ヶ月。
長年の夢がようやく完成しました。
目に飛び込んでくるのは、床から天井、そして壁にいたるまで、
すべてが木に覆われ自然と一体化した吹き抜けが開放感を演出。
間切りを設けないことで広々とした空間を確保!!
広さ9畳のウッドデッキ。
相模湾と森を同時に楽しめる自慢のスペース。
2階の北側には、鵜飼邸唯一の収納スペース、クローゼットを設置。
棟梁が腕によりをかけただけあって、スッキリ収まります。
キッチンも木製の特注品!!
シンプルながら、使い勝手がよさそうです。
屋根の上で絶景を見ながら、
のんびり暮らすのが鵜飼さんの至福の時!!
夜ともなれば、また違った表情を見せる鵜飼邸。
シルバーの外壁が月明かりに照らされます。
ついに、癒しの空間を手に入れた鵜飼さん。
念願のドリームハウス、完成!!
おめでとうございます!!