-

【ガチ】お化け探知機「ばけたん」での恐怖体験

2月14日(火)10時45分配信


その昔……といっても数年前の話だが、お化けを探知できる「ばけたん」というオモチャがあった。チロルチョコ程度の大きさで、かたちは勾玉(まがたま)、ヒモを付けたら可愛らしいストラップにもなる。でも、うたい文句は「お化け探知機」だ。

見た目も価格も、完全にオモチャ。いわゆる “おもしろグッズ” 的な扱いなのだが、私(羽鳥)は今から8年ほど前、このばけたんを用いて、背筋がゾッとするような体験をした。そして「これはオモチャではない……ガチだ!!」と強く確信したのだ。

・超小型の真性乱数の発生装置
まず、ばけたんの仕組みについて、販売元「ソリッドアライアンス」のホームページから言葉を借りて説明すると……

「ばけたんは、ピエゾ素子と、基板上に組み込まれた特別な回路をアンテナとして使用し、空間の温度、時間、振動、音圧、電磁波、その他未知のエネルギーの影響を受けることで真性乱数の発生を可能にした超小型の真性乱数の発生装置である」

──と、正直なんだかよくわからないが、とにかく画期的なおばけ探知機なのだ。

・某大手出版社のデカいビル
話の舞台は、都内某所にある、某大手出版社のデカいビルだった。ガチすぎるので名前は出せない。当時連載していた雑誌のコラムのネタとして、「このばけたんを使って、このビルの中におばけがいるのか確かめてみよう!」ということになったのだ。

何階だかは忘れたが、15階だか16階だかにある編集部のフロアから探索開始。オカルト事情に詳しい人から「霊が溜まりやすい場所」と教わった、フロアの隅っこあたりを探索するも、ばけたんのランプは平常時を意味する「緑」のままだった。

ちなみに、「おばけ」が近づくと赤く光り、「精霊」が近くづと青く光る。モーレツなパワーを感じたら、「ビービー!」としたブザー音も鳴るとのことである。

しばらく反応を伺ったが、どうやらこのフロアには何もいない。と、ここで先述のオカルト博士が「地下とか良いかもしれません」とのアドバイス。連載コラムの担当さんと私の2人は、エレベーターで地下の駐車場に向かうことにした。

「↓ボタン」を押して、しばし待つ。このビルは、まさしく “摩天楼” の名にふさわしいほど巨大かつ立派なので、エレベーターも4つか5つくらい同時に稼働していた。そのうちの1つが、上の階から降りてきた。エレベーター内には、すでに何人かが乗り込んでおり、ややギュウギュウではあったが、気にせず我々も乗り込んだ。

1階1階、スムーズに降りていくエレベーター。14F、13F、12F……

と、その時!!
「ビィーッ! ビィーッ! ビィーッ!!」

突如として、私のポッケに入れていた「ばけたん」が、狂ったように鳴り始めた。ポッケから出すと、赤いランプが、まさに狂ったようにギラギラと光りまくっている。

当然ながら、慌てる我々。この時の慌てっぷりを今風に例えるとしたら「スマホのブラウザを起動したら、いきなり大音量でエロ動画が再生された」に匹敵するレベル。

エレベーター内にいる人たちも「え? なに? なんの音!?」と、ざわめき始めた。我々は「すみません、ちょっと調査中でして……」と赤面しながら、ごまかした。しかし、ばけたんの異常反応は、下の階に近づくにつれ弱まっていった。ところが!

地下駐車場に着いたとたん、今度は逆方向の「青」に光り始めたのだ。狂ったような感じではなく、静かに、穏やかに……ゆっくりと点滅している。呼吸するが如く。なんだなんだ? どうなってるんだ? おばけがいるとの話だった地下には精霊がいるのか!?

ともかくこれにて調査は終了。どのように話のオチをつけようか悩んだが、担当編集さんと「とりあえず反応はしたから、なんとかなるっしょ」と話し合い、その日は家に帰宅した。だがしかし……その後、謎の「赤ランプ反応」をガチと裏付けざるを得ない衝撃的な事実が次々と明らかになるのであった。続きは次ページ(その2)(http://wp.me/p25BsW-3CkK)へ。

参照元:ソリッドアライアンス「ばけたん」
Report:GO羽鳥
イラスト:マミヤ狂四郎
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

関連リンク

-

ページの先頭へ