TV TOKYO Event Information

トリニティ・アイリッシュ・ダンス

世界タイトルなんと32回-アイリッシュ・ダンスの世界王者
人気に応えて5度目の来日!

トリニティ・アイリッシュ・ダンス 来日10周年記念ツアー!
チケット購入はこちら!

東京公演は終了しました

日程

2014年7月

開演時間
18日 19日 20日
13:00
18:00
19:00
開場時間は各開演の30分前になります。

会場

Bunkamuraオーチャードホール
JR山手線「渋谷」駅下車 ハチ公口より徒歩7分
東急東横線・東京メトロ銀座線・京王井の頭線「渋谷」駅下車 徒歩7分
東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅下車 3a出口より徒歩5分
京王井の頭線「神泉」駅 北口より徒歩7分

出演者

プリンシパル・ダンサー:タイラー・シュワルツ

プリンシパル・ダンサー:タイラー・シュワルツ

演奏
ブライアン・ホレラン(笛・バグパイプ)/ブレンダン・オシェイ(ギター)
クリーク・シュリー(フィドル)/ポール・マーシャル(ドラム)
特別ゲスト:
サンディ・シルヴァ(ボディ・パーカッション)

※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合があります。予めご了承ください。

内容

2004年の初来日から全国各地でソールド・アウト続出するなど観客を熱狂させた《トリニティ》が熱い声援に応え5度目の日本公演が決定!そして、今回は初来日から10周年のメモリアルツアー!

トリニティ トリニティ

演劇やミュージカルの要素を取り入れ、ストーリー仕立で進行する「リバーダンス」「ロード・オブ・ザ・ダンス」に対し、「トリニティ」は全編ほぼダンスで、肉体の極限に挑みます。
アイリッシュダンス世界選手権金メダリスト、タイラー・シュワルツの驚異的なテクニック。タップダンスのリズムに乗せて届く重厚な生バンドや哀愁あふれるバグパイプの調べ。ケルト悠久の歴史を舞台に再現、感動の大団円。

32回の世界タイトル獲得という驚異的な実績を生み出し、更なる進化をつづけています。心技一体の美しさ、芸術に昇華したタップの極致。感動の舞台をぜひ会場にてご覧ください!

芸術監督

マーク・ハワード
マーク・ハワード

9歳からデネヒー・アイリッシュ・ダンス・スクールに学ぶ。北米選手権優勝の後、17歳でトリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスを設立、数々の世界大会優勝を果たす。

1990年にアイリッシュ・ダンス・カンパニー≪トリニティ≫を立ち上げ、これまで競技会中心であったアイリッシュ・ダンスをエンターテイメントの要素を伴う総合舞台芸術として昇華させ、これが後続のリバーダンスの出現に影響を与えた。

1993年には米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞を獲得。現在、トリニティの芸術監督を務めるかたわら、『バックドラフト』『アメリカン・ビューティ』『ロード・トゥ・パーディション』等多くの映画、TV、舞台作品で振付を手掛ける。トム・ハンクス、ケート・ハドソン等大スターのプライベート・コーチとしても有名。

チケット

S席10,500円 A席8,400円 B席6,300円(全席指定・税込)

チケット購入はこちら!

<主催>
日本経済新聞社/テレビ東京
<企画・制作>
テンポプリモ

お問合せ

  • テレビ東京チケット事務局 03-3435-7000(平日12:00~17:00)
公式サイトはこちら