TV TOKYO Event Information

ウィーン・フォルクスオーパー 2016年日本公演

 オペレッタには恋の全てがある。
 ときめき、せつなさ…本場のオペレッタで恋をしよう!

トリニティ・アイリッシュ・ダンス 来日10周年記念ツアー!

※公演は終了しました。


日程

 

E.カールマン作曲
『チャルダーシュの女王』全3幕
2016年5月14日(土)15:00開演
2016年5月15日(日)15:00開演
2016年5月16日(月)15:00開演


J.シュトラウスⅡ作曲
『こうもり』全3幕
2016年5月19日(木) 18:30開演
2016年5月20日(金) 18:30開演
2016年5月21日(土) 14:00開演
2016年5月22日(日) 14:00開演


F.レハール作曲
『メリー・ウィドウ』全3幕
2016年5月26日(木)18:30開演
2016年5月27日(金)18:30開演
2016年5月28日 (土)  14:00開演
2016年5月29日 (日)  14:00開演

会場

東京文化会館
JR上野駅、公園口(山手線、京浜東北線、常磐・成田線、常磐線、高崎線、東北本線)
東京メトロ上野駅7番出口(銀座線・日比谷線) 
京成上野駅、正面口(京成線)

内容

“オペレッタの殿堂”ウィーン・フォルクスオーパーは、1898年に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世在位の時代に開館した劇場を祖とし、二つの世界大戦を生き抜いてきた名門劇場。現在、“音楽の都”ウィーンにおいて、国立歌劇場に次ぐ大きな歌劇場として、ウィーンの“顔”になっています。オペレッタの魅力が存分に発揮されるためには、歌手には歌唱力に加え演技力、さらにはアドリブのセンスといったことまで要求されます。演じる人にとって悲劇より喜劇の方が難しいといわれますが、笑いの要素を不可欠とし、ハッピーエンドで人々を幸せにするオペレッタは、実はオペラの大作を上演するのと同様にオーケストラや出演者の充実した技量がモノをいうのです。

さあ、恋の始まりはシャンパンからです。舞台で繰り広げられる恋の駆け引きに心をときめかせてください。非日常の楽しい人生に乾杯!オペレッタで、現実の人生をもっと楽しみましょう。

チケット

S席¥39,000 A席¥34,000  B席¥29,000  C席¥23,000  D席¥18,000
E席¥14,000  F席¥10,000
エコノミー券¥8,000
※2016年4月8日(金)10:00よりイープラスのみで発売。お一人様1枚まで。
学生券¥6,000
※2016年4月8日(金)20:00よりNBS WEBチケットのみで発売。10〜25歳までの学生が対象。公演当日、学生証必携。
(税込・全席指定) 


NBSチケットセンター

03-3791-8888
(平日10:00~18:00 土曜10:00~13:00 日祝休み)
http://www.nbs.or.jp/ (PC/携帯)

イープラス ※発売初日は特電とインターネットで承ります。
[発売初日特電] 0570-06-9902(音声応答)
http://eplus.jp/volksoper
チケットぴあ ※発売初日は特電とインターネットで承ります。
[発売初日特電]0570-02-9930(音声応答)
[12/13以降]0570-02-9999
【Pコード:279-934】
http://t.pia.jp/
ローソンチケット ※発売初日は特電とインターネット、Lコード予約で承ります。
[発売初日特電] 
0570-08-4647(オペレーター対応)
[12/13以降]
0570-00-0407(オペレーター対応)
[Lコード予約]
0570-084-003(音声対応)
【Lコード:38810】
http://l-tike.com/
東京文化会館
チケットサービス

03-5685-0650


※未就学児童のご入場はお断りいたします。
<主催>
NBS(公益財団法人日本舞台芸術振興会)/日本経済新聞社/テレビ東京
<特別協賛>
新菱冷熱工業
<後援>
オーストリア大使館/ウィーン在日代表部

お問合せ

  • NBSチケットセンター
    03-3791-8888(平日10:00~18:00、土曜10:00~13:00、日祝休)
公式サイトはこちら