日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ



HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

次回の放送予定





 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日 午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午~)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 2月8日放送 第147回

コンビニ戦国時代
~王者セブンイレブン 戦略の全ぼう~

1974年に日本に初登場したコンビニエンスストア。誕生からわずか30年で、市場規模は7兆円を超えるまでに成長、今や市民の生活に欠かせない存在となった。
日本でのコンビニの先駆けであり、一昨年8月に1万店を達成した業界トップのセブンイレブンは24期連続で増収増益、全店の2003年度の売上高は2兆3431億円で、スーパーや百貨店を含めても売上高NO1、日本最大の小売業にまで成長した。
しかし、そんなコンビニエンスストア業界だが、業界全体の売上高は伸びているもの、実は既存店の売上高は5年連続のマイナス。国内にコンビニが4万店以上も誕生し、都心部を中心に店舗の飽和感が強まってきているとも言われている。
ところが、そうした中でも、王者セブンイレブンは出店攻勢の手を緩めていない。
2003年度も613店を出店。この数字は同じ時期にコンビニ全体で増えた店舗数のなんと73.2%にも及んでいる。(全体838)特に愛知県には108店も出店をしている。一体この強気の戦略の背景とは?
一方、愛知県を地元とするサークルKは昨年9月にサンクスと合併し業界のトップ4に躍り出、セブンイレブンに対抗を強めている。
番組ではセブンイレブンの店舗開発から出店、店舗指導、さらには商品開発についても長期の密着取材を敢行、コンビニ戦国時代における王者セブンイレブンの戦略の全貌を明らかにする。
さらに迎え撃つサークルKの試みも取材、これらを通して、コンビニ業界の今後を探る。

内容

【王者セブンイレブン 戦略の全貌】

セブンイレブンが出店している地域は47都道府県のうち実は現在32に過ぎない。
ひとつの県を集中的に攻め、その県での確固たる地位を築き、そしてまた出店地域を広げていくという戦略なのである。セブンイレブンではこれをドミナント戦略(高密度多店舗出店)と呼んでいる。そのセブンイレブンが今、最も攻略に力を入れているのが愛知県である。愛知県も実は2002年まではセブンイレブンを1店も出店していない地域だった。ところが、2002年7月に愛知1号店を出店して以来、年に100店舗のペースで大攻勢をかけ始めている。去年12月末現在で愛知県に263店舗と、地元で1980年から展開してきたサークルKの855店舗を10年で追い越す勢いだ。またその出店戦略の一方で、愛知県を攻略するためのマーケティング戦略や商品開発も進んでいた。例えば「味噌煮込みうどん」など毎週100種類もの新商品を投入。オリジナル商品は売り上げの50%を占めるというセブンイレブンの商品開発にも密着、出店戦略と商品開発を通してセブンイレブンの戦略の全ぼうを探る。


セブンイレブンの敏腕店舗開発員】

セブンイレブンが攻略を狙う愛知県で敏腕店舗開発員と言われているのが、奥 康晴さん(30歳)。すでにサークルKなど既存のコンビニが店舗網を広げている中、優秀なオーナーへの為り手探しに奔走する。その知られざるノウハウとは?


【セブンイレブンのオーナー指導術】

昨年、新たにセブンイレブンのオーナーになった半谷敦司さん(36歳)。もともと父親が名古屋市に隣接する西春日井郡西春町で、小型のスーパーを経営してきたが、とうとうセブンイレブンに業種変えをすることとなった。これまでの八百屋的な感覚から、最先端のシステムで支えられるセブンイレブンのオーナーにどう変わって行くのか?、ベテラン店舗経営相談員の長谷川富英さん(32歳)と半谷敦司さんを通してセブンイレブンの売れるコンビニ作りの戦略を見ていく。


【流通業界のカリスマ・鈴木敏文会長】

日本のコンビニエンスストアの形を作り上げた男と言われるセブンイレブン会長の 鈴木敏文氏(72歳)。彼が今、何を狙っているのかを取材し、業界の今後を占う。


【迎え撃つ愛知ナンバーワン・サークルKの防御策】


 愛知県を地元とするサークルKも"攻撃は最大の防御なり"と、出店の手を緩めていない。激戦区・知多半島の開発担当・近藤智也さん(32歳)に密着。コンビニ開発の舞台裏を描く。
     
     




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。