日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ



HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー





 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日 午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午~)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 11月15日放送 第187回

石油高騰に負けるな!

高騰を続ける原油価格。ガソリン価格の上昇、冬の需要期に向けて懸念される灯油価格の動向など、私たちの日常生活への影響も広がり始めている。そして、価格上昇を転嫁できない経済の現場からは、悲痛な声が上がっている。ガソリンスタンド、クリーニング業界、中小石油化学製品メーカー、漁業や農業などなど・・・。
どこまで進むか先の見えない原油高騰に直面する現場の苦しみと、現状打開への奮闘を追う。


【ガソリンスタンド 生き残りの闘い】
「20リットルだけ入れて」「3000円分だけ」――。最近、ガソリン価格の高騰で満タンを注文する客が激減している。それでなくとも過当競争だったガソリンスタンド業界に、更なる逆風が吹いているのだ。
石油元売り会社が過去最高益を叩き出す一方で、ガソリンスタンドには淘汰の波が吹き荒れている。そこへ、この原油高騰。価格上昇をそのまま小売価格に転嫁できないガソリンスタンド業界では、生き残りを賭けた苦闘が始まった。
全国有数のガソリンスタンド激戦区といわれる群馬県に4店舗を構える清水石油も、近隣のライバル店との価格競争の真っ只中にいる。あの手この手で値引きサービスを打ち出すライバルに対して、清水石油も1円を巡る攻防を繰り広げざるを得ない。減っていく利幅・・・。価格競争の行き着く先とは?

【クリーニング業界の苦悩】
「油に始まって油に終わる」といわれるクリーニング業界。一般のクリーニング店では、コストが1割以上増えているという。中小零細業者が多く過当競争の業界だけに、値上げしたくても出来ないところが多い。埼玉県にある個人経営のクリーニング店は、コストの上昇に苦しみながらも安易な値上げは客離れにつながりかねないと悩んでいた。新規顧客を獲得しようと、新サービスを打ち出して家族総出でPR作戦を展開。そうした努力で難局を乗り切れるのか?
一方、東京を中心に180店舗以上のネットワークを持つ大手クリーニング会社「喜久屋」は顧客ニーズに応える多様なサービスをいち早く導入したことで、着実に業績を上げている。しかし、石油高騰がこのまま続けば「死活問題に発展する」(同社)。そこで、これまで以上のコスト削減策を検討し始めた。
一方、新技術導入で業績を上げる企業もある。京都の「ハッピー」は、石油溶剤を使うドライクリーニングではなく水溶性溶剤を使った「水系洗浄」が売り物。手間とコストはかかるが、衣服の汚れの大半を占める水溶性の汚れはドライクリーニングよりきれいに落ちるという。石油依存度の低いハッピーにとって、原油高は逆に好機となるのか?
身近な生活費を左右するクリーニング業界の取り組みを取材する。

【石油高騰・・・広がる影響と対策】
石油高騰に苦しんでいるのはガソリンスタンドやクリーニング業界だけではない。船の燃料に重油を使う漁業関係者や温室の加温に重油を使うハウス園芸農家なども大きな打撃を受けている。中小零細業者救済のため、地方自治体の中には金融制度導入や省エネ指導に乗り出すところも出てきた。
石油化学製品を製造する中小企業は素材供給元からの値上げ要請と販売先からの値下げ圧力の狭間で苦しみ、コスト削減などで窮地を乗り切ろうとしている。菓子など食品の包装材メーカー「東タイ」も、去年から段階的に続く素材の値上げに苦しむ。難局を乗り切るにはコスト削減だけでなく付加価値の高い製品を作らなければと、日夜開発に取り組んでいる。
様々な業界にじわじわと広がる石油高騰の影響と対策をルポする。

     
 




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。