06月19日放送 第521回

世界最速の靴を作る ~ロンドンに懸ける!アシックスVSアディダス~

放送を見逃した方はこちらから
放送概要
世界最大のスポーツイベント、ロンドンオリンピックが7月27日から始まる。4年に一度のオリンピックは、選手たちの戦いの場であると同時に、スポーツメーカーにとっては「商品」を世界中にアピールできる絶好の機会。契約を交わし、用具をサポートする選手がメダルを獲れば、その「商品」は世界中で知られることになる。今回、番組ではマラソンと短距離、それぞれの知られざるシューズ開発の「現場」を追った。スポーツメーカーの巨人"アディダス"と、迎え撃つ国内トップの"アシックス"の戦いを独占密着取材した。
日の丸ハイテク技術で世界最速のシューズを作れ
トップ選手のための"特注シューズ"の開発は、完成までに数年を要することもある。そして、トップ選手が履いたシューズは、その後、市販用モデルに改良され一般に販売される。「技術力の証明とブランド力の強化」のために、スポーツメーカーにとって重要な意味を持つ。
アシックスの"特注シューズ"開発チームは、総勢40名。これまでも女子マラソンの高橋尚子選手や、野口みずき選手らの金メダル獲得を裏方で支えてきた。開発チームを率いるのは田崎公也(42歳)さん。ロンドン五輪に向けて、ある日本人スプリンターのために、新素材を採用した"秘密兵器"を開発しようとしていた。それは日本が世界に誇る"最先端の技術"を投入した、世界初となる画期的なシューズである。"世界最速"を目指す、選手とアシックスの二人三脚の挑戦を追った。
日本初公開...アディダスの虎の穴
田園風景が広がる南ドイツの田舎町を車で走る...そこに突如現れた近代的なビルが、スポーツメーカーの巨人"アディダス"の本社である。その極秘研究施設に、日本のテレビとして初めて、ガイアのカメラが入った。最先端のハイテク機器がずらりと並び、アスリートのさまざまな動きのデータを計測・解析していく。
ユーロ危機をものともせず、アディダス製品は世界中で売れている。昨年の売上高は過去最高の約1兆4800億円を記録した。そして今回、ロンドンオリンピックのほぼ全ての競技に"最新技術"を投入した製品を投入しようとしている。その目玉となるのが、「史上最速、最軽量」をうたった新型シューズである。このシューズでメダルを連発すれば、大きなビジネスチャンスになる。同社幹部は、「我々の売り上げの80%はスポーツ用具以外の商品。しかし、残り20%のスポーツ用具の商品力が、売り上げ全体を押し上げることになる」と語る。
アディダスvsアシックス、勝敗はいかに・・・

今週の一曲

あの場面でかかっていたあの曲はなに?
ガイアの夜明け音楽効果担当が今週のピックアップ曲を紹介します。

アルバムタイトル
The Girl With The Dragon Tattoo

アーティスト
Karen O

曲名
Immigrant Song

本編03分45秒。
オリンピックに懸ける各スポーツメーカー。開催地ロンドンでは大手メーカーが次々と大型旗艦店を出店する等、「仁義なき戦い」は既に始まっていた。
このシーンで使用している曲は「Immigrant Song」。映画「ドラゴン・タトゥーの女」のサウンドトラックに収録されている。アーティストはロックバンド「ヤー・ヤー・ヤーズ」のボーカリストKaren O。