03月05日放送 第556回

シリーズ「復興への道」第15章 甦れ!三陸の水産業~漁師と企業の新たな挑戦~

放送を見逃した方はこちらから
放送概要
東日本大震災から間もなく2年。津波によって壊滅的な被害を受けた三陸。漁業と水産加工業の復興はまだ途に就いたばかり。本格的な再生のためには「恒常的に水産物が売れる仕組み」が必要である。地元漁師と企業、それぞれの挑戦を追った。
案内人・江口洋介が三度目の三陸取材
津波で壊滅的な被害を受けた宮城県女川町を江口洋介がルポ。震災後、今回が三度目の訪問となる。そこで何を感じたのか。
立ち上がった漁師たち
カキ養殖が壊滅的被害を受けた宮城県・牡鹿半島の狐崎浜(きつねざきまは)。皆で協力して復興を目指そうと、漁師8人が集まり「株式会社」を作った。これまでの慣習を打ち破り、漁協を通さず「漁業の6次化」を目指す。自分たちで育て、加工し、消費者の元へ直接届ける仕組みだ。その挑戦を追った。
石巻ブランドを作れ ~IT企業の挑戦~
企業として被災地の復興とどう向き合っていくのか?ヤフーは石巻市に拠点を作り、5人の社員を送り込んだ。家族3人で石巻に移り住んだ長谷川琢也さん(35)。地元の海産物をブランド化して、年間を通じて買ってもらえるような仕組みを作るという。IT企業として、果たして何ができるのか?
元商社マンの挑戦
伊藤忠商事に勤めていた元商社マンの立花貴さん(43)。震災後、生まれ故郷の宮城県に戻り、雄勝町(おがつちょう)の漁師・伊藤浩光さん(52)らと共同で株式会社「OHガッツ」を設立した。一口1万円で年に2回海産物が送られてくるという「一口オーナー制度」を作り、全国3000人以上から資金を集め、水産物の養殖を再開。いち早く「漁業の6次化」を推し進め、ホタテの単価を数倍にも高めることに成功した。そして今、ビジネスマンだった経験を生かして、立花さんが新たなビジネス展開に動き始めた。

今週の一曲

あの場面でかかっていたあの曲はなに?
ガイアの夜明け音楽効果担当が今週のピックアップ曲を紹介します。

アルバムタイトル
ALL ALONE

アーティスト
岩代太郎

曲名
THE PROMISED LAND

本編33分25秒。
被災地支援に乗り出したヤフーは、三陸産の牡蠣を使ったリゾットを作り、石巻の料理店で商品化した。三陸の海産物を使った商品の開発を続け長期にわたり支援していく考えである。
このシーンで使用している曲は「THE PROMISED LAND」。作編曲家、ピアニストの岩代太郎によるアルバム「ALL ALONE」に収録されている。