06月04日放送 第568回

~シリーズ「働き方が変わる」第4弾~ リストラに負けない! 家電戦士たちの逆襲

放送を見逃した方はこちらから
放送概要
業績不振にあえぐ日本の「大手家電メーカー」。2012年から軒並み正社員の「リストラ」を実行してきた。 しかしそんな中、大手メーカーをリストラされた技術者を続々と採用する企業があった。ホームセンターなどで販売されている収納グッズやペット商品などを製造している「アイリスオーヤマ」だ。大手家電メーカーの技術者たちを「即戦力」として採用し、「白物家電事業」を強化しようというのだ。  一方、大手電機メーカーを退職して、自ら会社を興し、新たな夢にかける技術者たちもいる。元「パイオニア」の技術者たち9人で小さなオーディオメーカー「SPEC(スペック)」を立ち上げたのだ。 技術者魂を失わず、新たな挑戦をする人たちを追った。
大手家電メーカーを退職して...技術者たち第2の人生
2013年、アイリスオーヤマは、2013年1月、元大手家電メーカーの人たちの中途採用を積極的にし始めた。白物家電事業に本格的に参入するためだ。
番組では、アイリスに入社した、パナソニックなど元大手家電メーカーの人たちを取材。「消費者が求めるものを、安い価格で、すばやく市場に出す」というアイリスの文化に戸惑いながら、果たしてどんな商品を生み出すのだろうか?
平均年齢55歳...9人の侍が世界を驚かす!?
元パイオニアの国内マーケティング担当の取締役だった石見周三さん(60歳)。
経営陣の1人ということでパイオニア時代は自らリストラを指揮する立場にあった。しかし仲間のクビをきることに耐え切れず、2010年元パイオニア技術者たち8人とともに、退職金を元手にオーディオメーカー「SPEC(スペック)」を立ち上げる。平均年齢は55歳というおやじベンチャー企業だ。
 「SPEC」の主力製品はアンプ。しかも約120万円と高級品だ。
こうした高品質の商品こそが、ベンチャー企業が生き残る道だと石見さんは信じている。そんな石見さんの右腕の1人が技術者の原澤直希さん(48歳)。
原澤さん自身も元パイオニアのデザイナーだったが、2009年に希望退職の募集に応募。SPECの立ち上げメンバーに加わった。
そんな原澤さんたちは、高品質の商品でヨーロッパなどの世界市場に打ってでようと考えていた。果たして世界の人たちを驚かすことが出来たのだろうか?

今週の一曲

あの場面でかかっていたあの曲はなに?
ガイアの夜明け音楽効果担当が今週のピックアップ曲を紹介します。

アルバムタイトル
THE PIANO GUYS 2

アーティスト
THE PIANO GUYS

曲名
ROCKELBEL'S CANON(PACHELBEL CANON IN D)

本編31分38秒。
早期退職者制度に応募し、大手電機メーカーを飛び出した中年男性9人組。音響のスペシャリストの彼らが開発した木を取り入れた高級アンプが今、世界各国から注目されはじめている。
このシーンで使用している曲は「ROCKELBEL'S CANON(PACHELBEL CANON IN D)」。アメリカ・ユタ州のピアノ&チェロのデュオ、THE PIANO GUYS によるアルバム「THE PIANO GUYS 2」に収録されています。