01月14日放送 第598回

ここまで来た"宅配"! 年末年始の陣

放送を見逃した方はこちらから
放送概要
家に居ながらネットや電話一本で、行列の出来る有名店の弁当や冷えたビールが届く・・・。そんな宅配サービスがますます便利になっている。特に年末年始は、一年で最も注文が殺到する時期だ。わがままな消費者の声を聞き、ますます進化する"宅配"、その最前線を追う。
行列ができる人気店の味を弁当でお届け!
数多い弁当宅配サービスの中で、今、人気を集めている企業がある。「ごちクル」を展開する、スターフェスティバルだ。受注件数は月20万食。取扱い高の伸び率も、前年比3倍と急成長している。「ごちクル」の人気の秘密は、有名店を中心に6300種類の弁当が楽しめること。普段、行列で並ばないと食べられない店や一見さんお断りの店といった店も名を連ねている。スターフェスティバルは、単に注文を代行するだけでなく、飲食店と共に商品を開発し、販促、受注、配達までを狙うという独自のビジネスモデルが特徴。営業部が独自に選んだ有名飲食店を口説いて回り、弁当を作ったことが無い店については、商品開発も一緒に行う。そこには"売れる弁当"を作るノウハウがあるという。日々、新メニューの開拓を進めるスターフェスティバル。東京・六本木の有名焼き肉店が弁当作りに興味を示した。しかし、店に出しているメニューや調理法のままでは売れる弁当にはならないという。もっとも注文が増える年末年始に間に合わせるべく、スターフェスティバルと一体となった弁当開発が始まった。
ビール1本 いつでも どこでも! 1年で最も忙しい日
首都圏で168店舗を展開する、酒類販売店「カクヤス」。その一番の売りは"無料宅配サービス"だ。配達先は、飲食店や個人宅だけでなく、バーベキュー広場など、行ける所ならどこでも運ぶ。また、ビール1本からの注文も可能。「冷えたものが欲しい」という要望にも応じる。さらに配達時間は一時間刻みで対応。こうした宅配サービスを充実させることで、売上高はここ10年で3倍近く伸びている。そんなカクヤスにとって、1年で最も忙しい時期が年末の企業の御用納めの日だ。各企業からビールや酒の注文が相次ぎ、売上げは日常の3倍にも膨れ上がる。それを捌くには通常の配送システム以上の態勢が必要になる。社内では特別対策チームが立ち上がった。時間どおり大量の酒を、多くの企業に届けることができるのか。最も忙しい一日をドキュメントする。

今週の一曲

あの場面でかかっていたあの曲はなに?
ガイアの夜明け音楽効果担当が今週のピックアップ曲を紹介します。

アルバムタイトル
「リーガル・ハイ」ミュージックコレクション

アーティスト
林ゆうき

曲名
atinLegal-VocalCut

本編18分4秒。
宅配をやっていない有名店の弁当を注文することが出来るサイト「ごちクル」。
ここに新しく「ごちクル」と提携した焼肉店がある。
担当料理長は見せ方や彩りなど通常店で出している料理と弁当との違いに戸惑いながらも店オリジナルの弁当を作り出そうと作戦を練る。

このシーンで使用している曲は「RatinLegal-VocalCut」。京都出身の作曲家、林ゆうきによるサウンドトラック「リーガル・ハイ」ミュージックコレクションに収録されている。