11月10日放送 第690回

"ご当地ブランド"売り出します!

放送を見逃した方はこちらから
放送概要
少子高齢化と人口減少により、地方の過疎化が進んでいる。地元の自治体も、その地に進出した企業も、経済の縮小に頭を悩ませる。そんな地方を盛り上げ、ビジネスにもつなげようという、新たな動きが始まっている。地方ごとの産業や特産品を活用し、いまの時代にあった商品を開発するというものだ。その地方独特というオリジナリティ溢れる商品。地元の新たな特産品にするだけでなく、都心でも売っていく。そうした挑戦を追った。
百貨店が仕掛けた"地方ブランド"戦略!
急増する訪日外国人のインバウンド消費に盛り上がる都市部の百貨店に比べ、地方の百貨店は苦しんでいる。2014年4月の消費税引き上げの影響が続くうえに、訪日外国人の恩恵にもあずかれないからだ。全国に24店を展開する百貨店、そごう・西武。苦しむ地方店を活性化させようと、今年3月、新たなプライベートブランド(PB)として「エリアモード」を立ち上げた。百貨店の独自開発商品といえば、これまでは本社で一括して企画し、全国の店で販売するのが一般的だった。流行の最先端である東京と同じ商品なら地方でも売れるという考えがあったからだ。さらに、大量生産により生産コストが下がるという経済的なメリットもある。それに対し「エリアモード」では、各店が地場産業と組み、地域色を打ち出した雑貨や衣類を開発・販売する。しかも各地域の伝統技術や特産品を採り入れているのが特徴だ。例えば、埼玉・所沢産の狭山茶で染めたブラウスや、大阪・高槻の伝統工芸、今城焼きのアクセサリーなどだ。こうした地方独特の商品は予想以上の売れ行きを見せた。いまやネットの普及で全国どこでも同じ商品が手に入る時代。「地域限定」の商品にかえって価値がつき、また、地域住民の「地元愛」も刺激した。その成功をうけ、そごう・西武は各地域で開発した商品を東京に集め、大規模なフェアを開催することに決めた。地方発の商品で都心を攻めるという、これまでとは逆のパターンである。地方を救うために開発した商品が、都会の消費者にも受け入れられるのか?百貨店の新たなブランド戦略を追った。
衰退した町を救う"地方連合"
都心での販売ルートを持たない全国の中小食品メーカーの商品を、駅ナカなどに構えた小さな店舗で販売する、いわゆる『1坪ショップ』。JR山手線沿線の駅を中心に展開しているのが、生産者直売のれん会という会社だ。代表の黒川健太さんは様々なアイデアによって、これまで多くのメーカーの売上アップに貢献してきた。例えば、広島に本社を置く『八天堂』。"冷やして食べるクリームパン"という斬新なコンセプトを前面に押した売り方で、瞬く間に大ヒット。駅ナカで販売することで「パンの手土産」という新ジャンルも確立し、倒産寸前だった八天堂を、年商16億を売り上げる企業に生まれ変わらせた。その黒川さんが新たに始めたのが、「特産品ブランド化支援事業」。地域に眠る特産品をブランド化し、地域をまるごとPRしようというものだ。今年6月、ある自治体から新たな依頼が寄せられた。北海道・三笠市。炭鉱の町として栄え、最盛期には6万人を誇った人口も、いまや9000人にまで激減。衰退を続ける町の活性化を図りたいという。現地に足を運んだ黒川さんの目に留まったのが、色鮮やかな"三笠メロン"。地元では特産品として知られているが、全国的にはほとんど無名のものだ。早速、黒川さんは「1坪ショップ」事業で構築したネットワークを使い、全国のメーカーに三笠メロンを使った商品開発を依頼した。あの八天堂は三笠メロンを使ったクリームパンを開発することに。開発した商品は三笠市の「道の駅」で販売。さらに東京でも売り出す計画。地方と地方が組んだ新商品は、衰退した町を救うことができるのか?

今週の一曲

あの場面でかかっていたあの曲はなに?
ガイアの夜明け音楽効果担当が今週のピックアップ曲を紹介します。

アーティスト
レナード衛藤

曲名
Welcome to club"Leo"

アルバム
LEO

本編0分20秒。 東京に販路を持たない地方商品をブランド化する会社、「生産者販売のれん会」 今度は、町ごとブランド化しようと新事業に乗り出そうとしている。 このシーンで使用している音楽は「Welcome to club"Leo”」 和太鼓奏者、レナード衛藤氏によるアルバム「LEO」に収録されている。