02月09日放送 第702回

密着!会社と闘う者たち 〜"長時間労働"をなくすために〜

放送を見逃した方はこちらから
放送概要
長時間労働や賃金未払いなどが問題となって大きなダメージを受け、対応を迫られる企業が相次いでいる。しかし同様の問題は、他の企業でも依然として隠れて続いているようだ。この状況を撲滅しようと、国による〝特別部隊〟が動き始めた。組織的に〝長時間労働〟を強いている疑いのある企業を内偵し取り締まる...ガイアのカメラは、その捜査を10ヵ月に渡って密着。誰もが知る大手企業の摘発までを追った。またある有名企業の現役社員が、未払い残業代や労働環境の改善を求め、企業側を相手に交渉し続ける姿を取材。会社と闘う人たちの〝決死の奮闘〟を伝える。
密着10ヵ月!長時間労働...問題企業を追うGメン
2015年4月に厚生労働省で発足した「過重労働撲滅特別対策班」通称「かとく」。長時間労働が疑われる大手企業を対象に、全国にまたがる"大規模事案"を専門で取り締まり、悪質な場合は刑事事件として摘発する。メンバーは10年以上の経験を持つ労働基準監督官のエキスパート。改ざんされた出勤簿のデータの復元など、特殊ケースにも対応する。2015年7月にはその第一号案件としてABCマートを書類送検。残業代の未払いではなく長時間労働そのものを罪に問う、画期的な事案だった。 そして、次に秘密裏に捜査を始めたのが、全国展開する日本最大級のディスカウントチェーン。これまで全国各地の労働基準監督署から40回以上も是正勧告を受けながら、全社的な改善が見られないため着手。監督官たちは、「店舗の内偵」「本社や関連会社の家宅捜索」「押収品の分析」などを駆使し、実態を暴いてゆく。 番組では、この「かとく」を10ヵ月に渡り密着。"労働Gメン"の闘いを追う。
「長時間労働、未払い」を訴え...現役社員の闘い
日本各地で30人近い元従業員から集団訴訟を起こされている、全国チェーンの引っ越しサービス会社がある。中でもAさん(34)は、現役社員として働きながら会社と闘っている。Aさんが訴えたのは「月300時間を超える長時間労働」に「残業代の未払い」。さらに、車両事故の高額な弁償金を社員個人に負わせる「弁償金制度」だ。長時間労働の上に、その疲労から事故を起こせば弁償金を背負わされ、さらに働かなければならない悪循環...Aさんは会社に是正を求めるため、労働組合に加入...団体交渉などを通して問題を解決しようとした。しかし直後に会社側は、Aさんを「シュレッダー係」に異動。その後一方的に懲戒解雇を言い渡してきたという。こうした行為に対し、企業側はAさんに対する対応の正当性を訴える。そして今、労働組合とAさんは東京都労働委員会や裁判を通して闘いを続けている。企業と労働者が対立するケースが多い中、両者は歩み寄れるのか?

今週の一曲

あの場面でかかっていたあの曲はなに?
ガイアの夜明け音楽効果担当が今週のピックアップ曲を紹介します。

アーティスト
新井誠志

曲名
夜空の花 ~Serenita~

アルバム
ガイアの夜明け

本編49分42秒。
会社と従業員の間で起きた労働環境を巡る争い。
交渉は決裂したため、今後は司法の場に結論をゆだねられることになる。

このシーンで使用されている曲は「夜空の花 ~Serenita~」
新井誠志氏によるアルバム「ガイアの夜明け」に収録されている。