日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2016223 放送 第704

見たことのない商品で〝復活〟町工場の挑戦

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

長年、日本のモノづくりを支えてきた町工場。しかし、他の企業と同種のモノを作り続けるだけでは立ち行かない時代。町工場の経営環境は年々、厳しさを増している。そんな現状を突破すべく、自らの持つ高い技術力を生かし、今までにない画期的な製品を生み出す取り組みが始まっている。新製品を開発したものの、売れ行きが伸び悩んでいた東京の町工場。しかし、その新製品の特性に目をつけたデザイナーと組むことで、さらに新たな製品を生み出し、大ヒットにつながった。一方、大手との価格競争にさらされ、少量多品種の受注で経営をやりくりしてきた大阪の町工場。そのフットワークの良さが幸いし、顧客のどんなリクエストにも応えることで、新たな活路を見出した。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

東京・大田区の塗料工場が生み出した"魔法のペン"

中小の町工場が集積する東京・大田区。ここに本社兼工場を構えるのが、塗料メーカーの「太洋塗料」だ。1951年の創業以来、道路の白線を引くための塗料など一貫して業務用の特殊塗料を手掛けてきた。しかしここ10年、公共事業の減少などで業績が低迷。2010年から続けざまに赤字に沈んだ。業績回復のため、新たに開発・販売したのが"剥がせる"塗料。通常、剥がれてはいけないのが塗料の使命だが、塗って剥がせるという画期的なものだった。技術担当の神山麻子マネージャーがこの新製品を開発。自動車工場などで保護しておきたい部位を覆うためのニッチな製品だったが、思うように売れず、会社の業績回復にはつながらなかった。この"剥がせる"塗料の特性に目をつけたのが、外部のデザイナー。そしてデザイナーと一緒に生み出したのが、"マスキングカラー"と命名した特殊なペン型の塗料だ。好きなところに自由に描いた後、シールのように剥がせ、貼り直したりできる。一般消費者向けに発売したところヒット商品に。その勢いで、フランス・パリで行われる世界最大級の国際見本市に出展を計画する。果たして、"魔法のペン"は世界を驚かせることが出来るのか?またヨーロッパ向けに開発した新たな商品とは?

段ボールの新たな可能性を追求し続ける東大阪の町工場

大阪府東大阪市。工場の集まるこの地域に異色の段ボール製造会社がある。1975年創業の「美販(びはん)」だ。工場内では、ごく普通の段ボール箱が製造される一方、「これが段ボール?」という製品が日々、生み出されている。テーブルやイス、キャリーバッグ、ワインラック、壺、扇風機など。安くて軽くて強度がある、"デザイン性の高い段ボール"が人気となり、全国から同社と取引したいという要請が日々、舞い込んでいるという。段ボールという差別化しにくい商品で社長の尾寅将夫さんが取った戦略は、手間がかかり他社が嫌がる「少量多品種」の仕事を積極的に請け負うことだった。それが功を奏し、顧客の要望を何でも実現することで、"デザイン性の高い段ボール"を作る技術が磨かれた。そんな尾寅さんは、さらなる段ボールの新たな可能性を目指し、「町工場をデザインする!」というテーマを掲げ、展示会への出品を計画。段ボールの新たなカタチとは?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 高木 正勝
曲名 Angje
アルバム Eating

本編0分48秒。
渋谷にある人気カフェ。
客の視線の先には、窓ガラスに直接ペンで絵を描くパフォーマンスが行われている。

このシーンで使用している曲は「Angje」
高木正勝氏によるアルバム「Eating」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

キーワードで読む ガイアの夜明け

番組テーマに関連したキーワードについて多角的に解説し、番組への理解をより一層深めます。

日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳細はこちら

  • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿

ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

ご注意下さい

最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。