第12話(2008年6月27日)

 天才経営者・富樫(波岡一喜)が代表を務める「M&Hグループ」は、強引な企業買収を繰り返して急成長を遂げる一方、最近は宇宙開発事業計画を発表し、世間を賑わしていた。
しかし、ケンハー秘書派遣特派課長の鮫島(鈴木亮平)は、会社に不穏な動きがあることを掴み、 派遣秘書の優(安めぐみ)を会社に潜り込ませて内情を探ることに。
その頃、何も知らない優は、富樫の秘書となり業務をこなす中、世間の噂とは裏腹に繊細な人柄の社長に惹かれていった。 そんな折、グループが経営するメイド喫茶「ミルクあんどハニー」のアルバイト店員が、次々と失踪していることが判明。 真相究明に乗り出した優は、驚愕の事実を知る…。