緊急報道特番『熊本地震』
放送日
【放送は終了しました】

『熊本地震義援金』の募集

テレビ東京グループは、『熊本地震義援金』を募集しています。皆様からお寄せいただきました募金は、日本赤十字社を通じて被災者の方々に届けられます。


TXNチャリティ募金 『熊本地震義援金』の募集

番組内容

※2016年4月17日(日)午前10時30分に放送されたものです

熊本地震 死者は41人に上る

熊本県を中心に九州で震度6弱以上の地震が相次いでいる。深刻な被害が複数の県に渡って広がり、強い余震や雨・風への警戒が続いている。

水やガソリンが不足 政府の対応は?

熊本県では震度6強の地震が相次ぎました。アパート損壊や大規模な土砂崩れなど甚大な被害が出ている南阿蘇村から石井真知子記者が電話リポート。14日に震度7の揺れを観測した益城町から大浜平太郎キャスターが中継。地震で市役所庁舎が半壊した宇土市から伊大知明宏記者が中継します。 熊本地震報道特別番組より。

熊本・大分で41人死亡 震源、南に移動

熊本県や大分県などで相次いでいる震度6から7の地震でこれまでに41人が死亡し、1000人以上がけがをしています。九州の物流にも大きな影響を与えています。中でも、農産品に関しては、熊本県は、トマト、スイカ、ピーマンなどの名産地ですが、市場関係者に聞きますと、収穫ができたとしても高速道が使えないため、下道の輸送で到着に時間がかかり、週明けの出荷量に影響が出そうだということです。気象庁はさきほど午前10時半から記者会見をして、震源の分布が熊本県で徐々に南側に広がっていることを明らかにしました。ただ、規模の大きいものではないとして経過を注意して見守っているということです。

南阿蘇村の行方不明者 200人体制で捜索

熊本県社会福祉協議会によりますときのうの本震の影響で熊本市で予定していたボランティアセンターの開設を延期しました。「最初の地震で半壊した建物がその後の地震でどんどん全壊している。ボランティアの申し出はたくさんあるが現地が非常に危険でお控えくださいと呼びかけている」ということです。

「危険なのでボランティア控えて」

今夜、大雨が予想される熊本県。さらなる被害も想定されます。いったい何にどう備えればよいのでしょうか。また、避難生活で気をつけるべきことは。久保田麻三留解説委員がわかりやすく解説します。

番組概要

被害が拡大している「平成28年熊本地震」。夜が明けて、次第に明らかになる現地の状況を大浜平太郎キャスターが中継で伝える。首相官邸からは政府の対応を中継する。
またスタジオでは気象・災害担当の久保田解説委員が「今、九州で何が起こっているのか」を解説する。

ランキング