■日経ビジネス経済スペシャル「恐慌突破」

2008年11月16日(日)午後4時00分~午後5時15分

■番組概要

アメリカを震源とする世界的な経済危機は、確実に日本の実体経済に影響を及ぼし始めている。原油価格は下落したものの、3~4年前に比べればいまだ高い水準を維持したまま、原材料や食糧価格の上昇基調と世界的な景気後退が重なれば、インフレと不況が同時に進行するスタグフレーションになる懸念もある。企業は売り上げが伸びない中でコストが上昇して利益を圧迫され、消費者は賃金が上がらない中で生活必需品などの価格が高止まりして家計が圧迫されてしまう。この厳しい現状を克服すべく、いま求められているもの・・・それは「知の転換」「イノベーションの創造」である。

テレビ東京/日経ビジネス/日経ビジネスオンライン 共同企画

テレビ東京 テレビ東京