憲法96条・9条の改正各党の考え

憲法改正 各党は?

自民党・石破茂幹事長

我々として憲法はすべての条文にわたって見直して、憲法改正草案というものを何年も何年もかけて完成させたものがあります。
そのなかで96条だけ先行させるかどうかはまだ国民の皆さん方の受け入れていただける状況等々を見ながら判断することになります。

公明党・山口那津男代表

96条に改正の手続きが書いてあるのですが、ここを他の規定と切り離して、先行して改正すべしという議論がありました。この点は国民の理解を得られていないと思います。
日本人自身が歴史をふまえて9条の規定を長らく受け止めてきた、受け入れてきたという経過があると思います。9条は基本的に守るべきだと思います。

民主党・海江田万里代表

私たちは明確に96条の先行改正には反対であります。これはやっぱり、憲法というのは国の最高法規でありますから、衆議院・参議院の議論においてもできるだけ多くの人たちの合意を得て、国民投票にかけるべきではないだろうかということだと思います。

日本維新の会・
石原慎太郎共同代表

結局太平洋戦争を起こして、これに敗れた後で憲法というのを押し付けられて、その規制の中で今日まで来たわけでしょ。
日本人の今日の無気力で自立性のない性格っていうのは、何がつくったかというと憲法ですよ。シナもロシアも北朝鮮も核兵器持っているという、こういうシチュエーションにある国は日本しかないですよ世界で。当然9条も改正の対象になるでしょう。

みんなの党・渡辺喜美代表

どういう憲法を作りたいのか、その全体像がはっきりしないまま、96条改正をやるというのは、国民は不安に思うだけです。一票の格差が2倍を超えるなどという現在の状況のもとに96条の改正発議をする、こんなことは絶対ありえない話であります。

生活の党・小沢一郎代表

憲法は、その時代に応じて、国民のために変えるということ自体を否定はしませんけれども、「3分の2」を「2分の1」にして変えやすくするんだというやり方は、本末転倒、ちょっと姑息な考え方だと思っておりまして、生活の党としては反対です。

共産党・志位和夫委員長

96条というのは憲法の改定手続きですから、支配者の都合のいいように憲法をころころ変えることが難しいようにできている。
それを法律並みに変えることができるようになってしまったら、これは憲法が憲法でなくなると。これは本当に邪道だと。だからこれは絶対に許してはならないと考えています。

社民党・福島みずほ党首

社民党は憲法96条の緩和に反対です。時の政府はほぼ過半数もっています。だとすると時の政府がいつでもいつだって何回でも憲法改正の発議ができることになってしまいます。
9条改憲を一挙に進めるために、まずハードルをがくんと下げるっていうのが戦略で、邪道だと思う。

みどりの風・谷岡郁子代表

みどりの風は憲法96条の改正には絶対反対です。政府によって変えやすい憲法、その都合によって変えられる憲法というのは憲法としてとても筋違いなことだと思っています。
憲法9条をなぜ変えなきゃいけないんでしょう。憲法9条がこの日本の平和を守ってきた部分があったと思います。