次回の放送予定

11月15日(木) よる6時58分~

池上彰VSニッポンの社長100人大集結!SP

ジャーナリスト・池上彰の世界をじっくりとご覧いただく報道エンターテインメント番組です。池上彰がまさに動いているニュースの現場を実際に見て分かりやすく解説します!

池上彰の現代史を歩く
バックナンバー
2018年

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第10回 情熱の国の光と影 スペイン 内戦とその後

2018年11月4日(日)放送

明るい国民性で知られるスペイン。しかし40年ほど前までは民主国家ではなく、フランコ総統が独裁体制を敷いていた国だったことはご存じだろうか?またワイン輸出量で世界一を誇るのがスペインというのも、意外に知られていないことではないだろうか。スペインの素顔とは果たして・・・。池上彰は天才画家ピカソが描き、日本の教科書にも載っている名画「ゲルニカ」を紐解くことで、よりスペインのことが分かるという。そもそもゲルニカは何を描いたものなのか?そしてフランコとはいかなる人物だったのか?今回、番組では「ゲルニカ」を所蔵するマドリードの美術館を貸し切り、独占取材。池上が「ゲルニカ」に隠されたメッセージと今こそ知っておきたいスペイン現代史を結ぶ旅に出かける。

詳細はこちら

テレビ東京 ビジネス オンデマンド

テレビ東京 ビジネスオンデマンドにて
期間限定特別配信中!

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第9回 〝Noと言える〟フランス 表の顔、裏の顔

2018年10月21日(日)放送

フランスと聞いて皆さんは何をイメージするだろうか?多くの有名観光地を抱える花の都パリ。ファッションを始めとする流行の最先端。美食家をうならせる無形文化遺産にも登録されたフランス料理。今回、池上彰はフランスの現代史の現場を歩き、多くの人が持つフランスのイメージを変える旅に出る。
今年のサッカーワールドカップで20年ぶりに優勝したフランス。優勝の原動力は何か?それを探りに南部の港町マルセイユへ。そこで見た光景は・・・。
フランスを理解する上で池上が注目したのが50年前、1968年に起こったパリ5月革命。学生や労働者が当時の政府に不満を持ち、警官隊と激しく衝突した。その運動は日本にも大きな影響を及ぼした。パリ5月革命の根底にあるのはフランス革命の精神「自由・平等・博愛」だという。フランスではこの精神が脈々と受け継がれているが、それがアメリカに対して〝強烈なNo〟が言える独自外交に表れているという。池上彰が旅人・市川紗椰を伴って、今こそ知っておきたい!素顔のフランスを特別解説。

詳細はこちら

テレビ東京 ビジネス オンデマンド

テレビ東京 ビジネスオンデマンドにて
期間限定特別配信中!

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第8回 「ソ連」という国がなくなった

2018年9月23日(日)放送

池上彰と旅人一行が今回訪れたのは、ロシアの首都モスクワ。かつては、強大な社会主義の帝国「ソビエト連邦」があった。そもそも、社会主義とは何だったのか?池上たちが、訪ね歩く。「労働者たちのユートピア」をめざした社会主義。しかし、実態はスターリンに代表される独裁的支配体制だった。では、スターリンは何をしたのか?池上一行は、当時のモスクワ市民から恐怖の体験を聞き出す。
また、東西冷戦時代の“極秘施設”にも向かった。そこは地下18階に広がる「核シェルター」。キューバ危機の際には、アメリカを核攻撃するか首脳たちが話し合った地下会議室で、核戦争の恐怖を体験する。
ゴルバチョフのペレストロイカの時代を経て、ソ連は崩壊する。その瞬間に立ち会った市民は、当時の高揚感を語る一方で、現在の政治への失望も示した。
ソ連とは何だったのか?“独裁者”が話題になることが多い今、教えられることの多い現代史である。

詳細はこちら

テレビ東京 ビジネス オンデマンド

テレビ東京 ビジネスオンデマンドにて
期間限定特別配信中!

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第7回 カンボジア内戦 謎の独裁者ポル・ポトとは?

2018年9月16日(日)放送

池上彰と旅人一行が今回訪れたのは、東南アジアの成長国カンボジア。最近は高層ビルが続々と建設される平和な王国。一度は行ってみたい世界遺産、アンコールワットがあり世界中から観光客が押し寄せる。しかし40年前、この王国では破壊の限りが尽くされ、世界が驚く蛮行が繰り広げられた。カンボジア内戦中に起きたポル・ポトの悪夢、犠牲者300万人ともいわれる大虐殺だ。
池上一行は、首都プノンペンの虐殺記念館、さらには通称「キリング・フィールド」と悲劇の現場を訪ね歩く。なぜこれほどの悪夢が現実のものとなってしまったのか?池上がキリング・フィールドで解説する。さらに一行は、アンコールワットで消息を絶った日本人写真家のその後を追跡する。
過激な革命思想がいかに多くの人の命を奪ったのか、世界情勢で“独裁者”が話題になることが多い今こそ、見つめ直したい現代史だ。

詳細はこちら

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第6回 ベトナム戦争 小国はなぜ大国アメリカに勝った?

2018年7月29日(日)放送

2017年のGDPの伸びが6%を超え、東南アジア諸国の中でも高い経済成長を続けるベトナム。街を歩くと庶民の活気あふれる様子に触れる一方、急成長のひずみも垣間見える。一体ベトナムとはどんな国なのだろうか?50年ほど前、ベトナムではアメリカが介入する形でベトナム戦争が行われていた。ベトナム戦争ではベトちゃんドクちゃん、反戦運動、ボートピープルなど日本にも様々なニュースが届けられ、私たちの生活や政治に大きな影響を及ぼした。池上彰が当時の戦場を訪れ、どのような戦いがあったのか実際に体験する。日本人カメラマンが撮影しピュリツァー賞を受賞した有名な写真。写真を撮られたベトナムの当時の子どもたちは実は今も健在で池上と劇的な対面を果たす。そこから多くの悲劇を生んだ戦争の本質に迫る。

詳細はこちら

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第5回 香港返還21年、自由はどうなったのか?

2018年7月1日(日)放送

第5弾は、日本人に身近な観光地・香港である。自由貿易港として繁栄した香港の波乱に満ちた180年の歴史を池上彰が解き明かす。19世紀アヘン戦争でイギリスの植民地になった香港はエキゾチックな都市として繁栄してきた。いったいなぜ香港は魅惑の都市になったのか。池上彰、本上まなみ、吉谷彩子の3人が中華料理から学ぶ。中華料理から見えるのは中国本土から膨大な数の人々が流れ込み食文化が伝えられたという側面。1997年にイギリスから中国に返還。あれから21年の間、香港の自由は守られたのか?池上一行は店主が姿を消した中国共産党に批判的な本を売ってきた書店を見に行った。そこで目の当たりにしたのは不思議な雑居ビルだった。

詳細はこちら

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第4回 ニュースの現場「エルサレム」を解明

2018年6月10日(日)放送

トランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレムと宣言し、5月14日にアメリカのイスラエル大使館がエルサレムに移転された。現地ではイスラエルとパレスチナ側との間で緊張した状態が続いている。大使館移転に各国は反対の姿勢を示しているが、それはなぜなのか?池上彰が旅人・市川紗椰を伴って、ニュースの現場で解説。イスラエルが70年前に建国された経緯を紐解くことで問題の本質が見えてくるという。またそもそもエルサレムという地はどんな場所なのか?3つの宗教の聖地となっている旧市街を歩き、見えてきたものとは?エルサレムを巡る動きはこれまでオイルショックなど日本にも大きな影響を及ぼしてきた。実は私たちと深い関係にあるのが中東のニュースなのだ。

詳細はこちら

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第3回 ベルリンの壁はなぜ造られ、崩壊したのか?

2018年5月6日(日)放送

4月中旬、アメリカ軍などによるシリア攻撃にロシアが猛反発。アメリカとソ連の対立が激しかった冷戦時代を彷彿とさせ、「新たな冷戦」ともいわれる。池上は旅人・草刈民代とともにそもそも冷戦とは何か、なぜ1990年前後に冷戦が終結したのか、その舞台となったヨーロッパを歩く。1989年「ベルリンの壁崩壊」のきっかけはピクニックだった。東ドイツ国民は、東ヨーロッパのチェコスロバキア、ハンガリーを通過して西側への玄関口・オーストリアに入国後、西ドイツ大使館へと駆け込んだ。池上一行は当時の体験者に話を聞き自由への旅に出かける。ベルリンの壁を崩壊させた東ヨーロッパ市民の胸中に迫る。

詳細はこちら

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第2回 栄光と悲劇の大統領 ジョン・F・ケネディとは

2018年4月15日(日)放送

池上彰が、いよいよ日曜ゴールデンタイムのレギュラー番組に登場します。「日曜ゴールデンの池上ワールド」です。そのメインコンテンツは、池上自ら「ライフワーク」「ジャーナリストとしての集大成」と位置づけている「池上彰の現代史を歩く」です。池上は「歩く」にこだわっています。好奇心旺盛な旅人・女優や著名タレントとともに国内外の現代史の現場を歩き、今起こっているニュースと歴史を結び付ける解説を展開します。

詳細はこちら

日曜ゴールデンの池上ワールド
池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~

第1回 北朝鮮問題はなぜ起こったのか?朝鮮戦争はまだ終わっていない!

2018年4月8日(日)放送

池上彰が、いよいよ日曜ゴールデンタイムのレギュラー番組に登場します。「日曜ゴールデンの池上ワールド」です。そのメインコンテンツは、池上自ら「ライフワーク」「ジャーナリストとしての集大成」と位置づけている「池上彰の現代史を歩く」です。池上は「歩く」にこだわっています。好奇心旺盛な旅人・女優や著名タレントとともに国内外の現代史の現場を歩き、今起こっているニュースと歴史を結び付ける解説を展開します。

詳細はこちら

ページトップへ