政界 悪魔の辞典

政界「悪魔の辞典」

池上彰の総選挙ライブ、名物となった候補者プロフィールに続く目玉企画第2弾。辞書パロディの元祖的存在となっている「悪魔の辞典」にならい、選挙に関するワードを池上彰の視点で独自に表現してみました。

総選挙 政権選択選挙。AKB48の
センター選びのほうが有名。
公約 投票前は多くの人に知ってほしい。
選挙後は早く忘れてほしい。
解散 全員を一瞬で無職にさせる総理の宝刀。
乱用にご注意。
出馬 立候補者を馬にたとえる失礼な表現。
落馬する人もいる。
下馬評 誰が当選するか 無責任に予想するが
意外に当たる。
当選 月額129万4千円、期末手当約635万円、
文書通信費月額100万円もらえます。
落選 猿は木から落ちても猿だが、政治家は
選挙に落ちたら"ただの人"という名言も
小選挙区 「小選挙区で負けたら、国会で偉そうな
顔ができない」という人がいる。
重複立候補 地元の有権者からダメだしされても
国会議員になるための仕組み。
比例復活当選 一日に一度落ち込み、
その後 はしゃいで喜ぶ光景のこと。
弔い合戦 政治家が亡くなって親族が跡を継ぐ。
人情に訴える。
コスタリカ 小選挙・比例の候補者を選挙ごとに入れ
替える。癒着防止狙いの本家とは別物。
次点 落選した人のこと。
次がない人も多い。
前職 衆院解散で失業した ただの人のこと。
新人 堕落する前の政治家の一形態。
この国を良くしたいと熱く語る人。
雪辱戦 負けたことを恨みに持ち「ざまあみろ」と
言ってのける快感を目指して戦うこと。
返り咲き 落選中を思い出して、万歳しては
うれし泣きをする人々の風景。
捲土重来けんどちょうらい 議員バッジをつけていたあの日に
帰りたい。
看板 実力はともかく知名度が抜群。
カバン 中にたくさんの選挙資金が入った鞄。
皆から狙われる。
金城湯池きんじょうとうち 本人が選挙運動しなくても大量得票する
不思議な池。自民重鎮の地元に多い。
投票立会人 座っているのに立会人。
公認 不人気政党の公認はありがたくないが
選挙資金がもらえるのでありがたい。
推薦 自民候補者は公明の推薦がもらえると
創価学会票がもらえると思う人が多い
政党助成金 国民が1人コーヒー一杯分250円ずつ
支払って面倒を見ている。
供託金 お金持ちはこの金を没収されても
いいから有名になりたい。
労組票 選挙の手伝いもしてくれる
ありがたい一票だが最近減少傾向。
農村票 農家が持っているというより"農協票"
影響力は減少傾向。
投票率 低いのは、政治家と有権者と報道の
責任。天気にも…。
期日前投票 投票した後に候補者の不祥事が
発覚することも…。
御用新聞 強いものに弱く、
弱いものに強い。
地上戦 街頭に立って訴える。名刺やビラを
配りまくる。握手が効果的とか。
空中戦 テレビやラジオ、ネットで名前を売る
選挙運動。
桃太郎 のぼりを立てて商店街を練り歩く
候補者の一団。ついてくるのは犬か猿か。
戸別訪問 一軒一軒訪れ支持を頼む。公示後は
選挙違反。「個々面接」と実行する人多し。
土下座 これをすれば当選すると
考える人がいる21世紀の奇観。
川上戦術 人が少ない地域から遊説する戦術。
「あの人は立派だ」の波及を狙う。
手弁当 ボランティアで駆けつける。
ポスター貼りなどやることは多い。
買収 金品を渡して投票や選挙運動を促す。
他人から見れば無駄遣い。
保守王国 保守政治が好きな人が多い地域のこと。
王様はいない。
ウグイス嬢 女性アナは「イントネーションが違う」
最近は女性蔑視表現だから使うなとも。
「健闘を祈ります」 対立候補の車とすれ違うときにかける
言葉。『お前は落ちろ』の意味。
「比例は公明党に」 公明党に世話になっている
自民党の小選挙区候補が叫ぶ言葉。
タスキ 誰が候補者かわからないから
これをかける。
自由民主党 自由と民主、両方の政治理念を
独占している政治勢力。
日本共産党 日本で現存する政党で最も古い。
"保守的"という声も。
保守 "国体"を守りたい人も
"利権"を守りたい人もいる。
リベラル 左翼と呼ばれたくない人たちの自称。
改憲勢力 とにかくどこでもいいから
憲法を変えたいという人もいる。
離党者 他党に行くのは裏切り者、
自党に来るのは改心者。
創価学会 南無妙法蓮華経をひたすら唱える仏徒。
選挙運動には功徳があるとも。
赤旗 共産党の機関紙。
スポーツや芸能面が意外に充実。
日本会議 神社を大切にする保守派の集まり。
安倍氏も小池氏もこの会議の仲間。
排除の論理 新党結成の際、あわない人を
仲間はずれにすること。
忖度そんたく 政治家は「私は知らない」と弁解できる。
霞が関の官僚が得意。
地元秘書 地元に詳しいが、運転を間違うと
「違うだろ!」と罵倒される人もいる。
金帰火来きんきからい 金曜に地元に帰って
火曜に東京に戻ってくる議員生活。
毒まんじゅう 旨い話に乗り相手の術中に落ちること。
仲間に裏切られた人の泣き言。
ハト派 理想論者。最近、タカに負け気味。
番記者 有力者に密着して取材。
癒着は御法度。
特ダネ 自力で獲るものも、
権力者から教えてもらうものも。
スクープ 埋もれている事実を明らかにすること
あすになれば分かることも…。
特落ち 記者が自分だけ知らなかったニュース。
泣く泣く追いかける。
オフレコ 「ここだけの話」と言いながら
意外に広がるのが早い情報。
「関係者によると…」 情報源を隠すのに便利な言葉。
ぶらさがり取材 記者たちが政治家を取り囲む光景。
まるでぶら下がっているように見える。
永田町 国会や首相官邸のある町。
国会議員のありさまの別称。
公民権停止 立候補も投票もできない5年間
鈴木宗男氏は我慢していた。
世襲 政治家という職業が
"家業"に。
派閥 親分は総裁になるため。子分は地位を
得るため。村と言われている。
ドブ板選挙 選挙区内、有権者がいるところなら
どこへでも行く。
弔い合戦 政治家が亡くなって親族が跡を継ぐ。
人情に訴える。
文春砲 木曜に放たれる砲弾。これを食らうと
政治家は立ち上がれなくなる。
公職選挙法 すべて守るのは至難の業
地方ごとに運用が違う…とも。
無所属 比例復活がなくて不利。
しかし、なぜか強い候補者がいる。
タレント候補 当選後「これから勉強します」と決意。
立候補する段階で勉強してほしい。
フェイクニュース インターネット上で増えている
迷惑な情報。
街宣車 略して「センシャ」と呼ぶ。
左折ばかりする車。
地盤 実績がなくても
たくさんの支持者に恵まれている。
タカ派 自ら戦地に行かずに
勇ましいことを言う。
みそぎ 不祥事を起こしても
選挙で勝てばチャラになる。
護憲勢力 憲法さえ守れればいいとしか
思えない人も。
希望 失望までのつかの間の喜び。
F票えふひょう 創価学会員のお友達(フレンド)票。
忘れていた同級生から電話がくる。
面従腹背めんじゅうふくはい 政治家から言われて「はい」と言うが
一向に動かない官僚の様子
選挙ポスター 勝敗を左右する重要なアイテム。
修正しすぎると"別人"に…。
フリーメイソン “ジョージ・ワシントン”など
名だたる政治家がメンバー
連合 昔ほど活気はないが、
ポスター張りはがんばります。
開票速報 翌日になればわかることに
必死になること。