バックナンバー

2017年

幸せをあきらめない  乳がん体験者コーディネーター 「赤坂友紀さん」
2017年10月21日放送: 29歳で乳がんと診断され、摘出手術と抗がん剤治療を受ける。度重なる試練を乗り越え、つかんだ幸せとは…。

車椅子で大空を  山形バリアフリー観光ツアーセンター代表 「加藤健一さん」
2017年10月14日放送: 21歳の時に筋ジストロフィーを発症。6年後には車椅子の生活になりふさぎ込むように。しかし友人の言葉で思い切った行動に出る…。

必ず道は開ける  大学生 「杉原紘人さん」
2017年10月7日放送: 高校一年生の時、ラグビーの練習試合中に脊髄を損傷。医師から一生歩けないだろうと告げられる。それでも、信じられないような目標を立てて挑むことに…。

私の居場所を見つけた  シッティングバレーボール選手 「小方心緒吏さん」
2017年9月30日放送: バレー部で活躍していた中学3年生の時に骨肉腫が発覚。人工関節になり、バレーボールはできなくなってしまう。夢を失い絶望していた時、運命を変えるスポーツと出会うことに…。

決して一人ではない  社会福祉士 「鈴木友彰さん」
2017年9月23日放送: 18年前に難病の潰瘍性大腸炎と診断される。孤独な闘病で次第に追いつめられていく。そんな時、ある医師の言葉に救われ一歩を踏み出すことに…。

繋がった命に感謝  映像作家 「中市好昭さん」
2017年9月16日放送: 2つの難病に襲われるが、妻の支えで闘病生活を続ける。しかし一昨年、余命2年を告げられてしまう。どうしても生きたいと、ある行動に出る…。

目指すは世界!  イラストレーター 「広山侑加さん」
2017年9月9日放送: 1型糖尿病の合併症で失明。不安や恐怖から逃れるために没頭するものを探し始める。そんな時、友人から思いがけない提案が…。

ノートに書いた生きる力  陶芸家 「其田弘輔さん」
2017年9月2日放送: 陶芸家として一歩を踏み出した22歳の時に大腸と肺にがんが見つかる。辛い闘病に負けないよう、ノートにあることを書き始める…。

少しでも前向きになってほしい  ウィッグアドバイザー 「加藤沙織さん」
2017年8月26日放送: 28歳のとき、乳がんで左乳房を全摘出する。その後、抗がん剤治療を始めると脱毛に苦しむように。どん底から救ってくれた、母の行動とはいったい…。

生かされたからこそ還元したい  飲食店経営 「松井理悦さん」
2017年8月19日放送: 34歳のときに白血病と診断され、余命宣告も受けてしまう。絶望の中、医師から提案されたある治療法に救われる…。

一番心地いい場所で  ラジオパーソナリティー 「ANNAさん」
2017年8月12日放送: 20歳で歌手としてデビューするが、23歳の時に脳下垂体腫瘍と診断される。手術後は歌えなくなったが、自分にとって最高の場所に辿り着く…。

大きな目標と使命  アスリート 「山路喬哉さん」
2017年8月5日放送: 高校1年生の時に難病のレーベル病を発症。盲学校転校後に陸上競技を始め、大きな目標をみつける。パラリンピック出場を目指し、思い切った決断をすることに…。

戦う姿で伝えたい  プロダーツプレイヤー 「川島淳さん」
2017年7月29日放送: プロとして活躍していたが、34歳の時に難病を発症し入院。退院後にダーツを投げると、すっかり感覚が失われていた。再び彼女の闘争心に火を付けたものとはいったい…。

どんな人にもできることがある  「車椅子のカルテ」運営 「北如辰さん」
2017年7月22日放送: 24歳の時、脊髄動静脈奇形と診断され車いすの生活に。自由を奪われ、辛い現実を受け止めきれず落ち込む毎日が続いた。どん底から救い出してくれた親友のひと言とは…。

今を大切に生きる  ヨガインストラクター 「高橋すみえさん」
2017年7月15日放送: 36歳の時、乳がんが見つかる。手術は無事成功したが、再発予防のため引き続き治療を勧められる。治療をするか悩んだが、ヨガの教えが決断するきっかけに…。

一歩ずつ前へ向かって  会社員 「吉川佑人さん」
2017年7月8日放送: 23歳で胃がんと診断され、胃を全摘出する。手術は成功するが、食べることができなくなってしまう。何とかしたいと、ある行動に出ると…。

あの舞台でもう一度  ミュージカル女優 「昆夏美さん」
2017年7月1日放送: 去年、声帯に腫瘤が発生する声帯結節を発症。公演も降板し、投薬治療も効果がなかった。しかし、もう一度舞台で歌うために大きな決断をする…。

自分を見つめ直した大事な時間  会社員 「井坂亮平さん」
2017年6月30日放送: プロ野球の投手だったが、黄色靭帯骨化症という難病を発症。手術後、再起をかけたリハビリ期間を経て復帰するが、戦力外通告を受ける。今、まったく違う人生を歩み出せたのは、病の経験があったからだった…。

ゴルフが私の生きる道  ゴルファー 「鈴木邑実さん」
2017年6月24日放送: プロを目指していた17歳の夏、急性骨髄性白血病に。抗がん剤治療を乗り越えるが、再発してしまう。希望の光となったのは、完治を目指すための造血幹細胞移植だった…。

できることで楽しむ人生  がんサバイバー 「横山尚多香さん」
2017年6月17日放送: スポーツを生きがいとしてきたが5年前に精巣がんと診断される。治療の後遺症で狭心症になり、激しい運動はできなくなってしまう。再び人生を楽しめるようになった訳とは…。

病とうまくつきあって  タレント 「川村ひかるさん」
2017年6月10日放送: 若年性更年期障害と診断され、結婚後も脳に動脈瘤がみつかる。いくつもの病を乗り越え、昨年母親に。病気で苦しむ人に伝えたいメッセージとはいったい…。

前を向いて生きてゆく  がんサバイバー 「濱中真帆さん」
2017年5月27日放送: 16歳の時に小児がんと宣告される。闘病後、家に引きこもる生活を一変させたある出来事とは…。

困難を楽しみに変えて  製茶業 「林嘉人さん」
2017年5月20日放送: 駅伝に夢中になっていた14歳の時、悪性リンパ腫と診断される。3年に及ぶ苦しい闘病を乗り越えるための、ある発想とは…。

スカーフで女性を笑顔に Armonia代表 「角田真住さん」
2017年5月13日放送: 子育てに忙しかった35歳の時、多発性円形脱毛症に。ウィッグを外すと、新しい自分をみつけることに…。

知ってもらうことの大切さ webライター 「小林春彦さん」
2017年5月6日放送: 18歳の時に脳梗塞で倒れ、様々な脳障害で悩むように。見た目にはわからない障がいを知って欲しいと、ある行動にでる…。

伝えることが私の使命 湘南難病なないろ会代表「横山一美さん」
2017年4月29日放送: 32歳の時にEBウイルス関連血球貪食症候群と診断される。子供に多い病気であることを知り、そのことを多くの人に知ってもらおうとあることを決意する…。

思いがけない楽しみとの出会い 車いすソフトボール選手「齋藤尚徳さん」
2017年4月22日放送: 27歳の時に骨肉腫と診断され、人工関節となりスポーツを諦める。その後、妻からの誘いで車いすソフトボールの練習に参加。するとそれは、思いがけない楽しみや新たな目標との出会いとなる・・・。

試練が人を強くする ドラマー「小林香織さん」
2017年4月15日放送: 33歳の時、区から届いたがん検診無料クーポンがきっかけで子宮頸がんが発覚。仲間達からの思いがけないプレゼントが試練を乗り越えるきっかけに…。

自分を守れるのは自分だけ タレント「JOYさん」
2017年4月8日放送: タレントとして活躍していたが、肺結核と診断され9ヶ月に及ぶ辛い闘病生活を送る。 命と真剣に向き合ったからこそ伝えたいメッセージとは?

達成感がなによりの喜び ブラインドライター「松田昌美さん」
2017年4月1日放送: 未熟児に起きる未熟児網膜症のため、視覚障害を抱える。どん底から救ってくれたのは、自分でも気づいていなかったある能力だった…。

挑戦する姿を見せたい ダンサー「ISOPPさん」
2017年3月25日放送: 36歳の時、首の神経が圧迫される後縦靱帯骨化症と診断される。手術を受け成功するが、以前のようには踊れなくなってしまう。自分を受け入れたとき、新たなダンスが誕生する…。

苦しむ女性を支える力に ライフサカス代表取締役 「西部沙緒里さん」
2017年3月18日放送: 広告代理店で活躍していた37歳の時、乳がんが発覚。手術は成功、しかし今度は不妊という現実に直面することに。苦しみから這い上がり、仲間とみつけた人生のテーマとは…。

わたしは一人じゃない トリマー「冨吉愛子さん」
2017年3月11日放送: トリマーを目指し18歳で専門学校に進学するがリウマチに。治療を受け、トリマーとして働き始めるが症状が悪化する。もう駄目だと諦めかけた時、救ってくれたものとは…。

病で気づいた本当の自分 元Jリーガー「宇留野純さん」
2017年3月4日放送: 名門実業団で選手として活躍していた25歳の冬、精巣がんに。引退勧告を受け、後悔の念に苛まれる。そんな状況から夢をつかみ、今伝えたいこととは…。

楽しく食べて笑顔に お菓子作家「石井織絵さん」
2017年2月25日放送: パティシエだった二十歳の時に難病の潰瘍性大腸炎に。一度はお菓子作りを諦めるが、「食べること」を見つめ直す出来事が。再びたどり着いた、色鮮やかなお菓子の世界とは…。

人生を歌にのせて 歌手「奥村伸二さん」
2017年2月18日放送: 2年前に皮膚がんと診断され、鼻のおよそ半分にわたる腫瘍を切除。すぐに復帰を目指していたが、思い通りにはいかなかった。希望を失った彼を救った仲間からの贈り物とは…。

描くことは生きること 画家「高橋慎太郎さん」
2017年2月11日放送: 高校生の時、ギランバレー症候群と診断される。治療を受けるが思ったより体調が回復せず、将来を悲観するように。悩んだ末に海外へ飛び出すと、思いがけない出会いが待っていた…。

今日も前を向いて ほのかな大地 代表 「吉崎真呂さん」
2017年2月4日放送: 9年前に初期の卵巣がんが見つかる。治療を勧められるが、一歩を踏み出せず次第に追いつめられてゆく。そんな重苦しい心に変化をくれたものとはいったい…。

誰かの為に生きる VALT JAPAN(株)代表取締役「小野貴也さん」
2017年1月28日放送: 大学4年生のころから、摂食障害に悩まされる。何とかしたいと、心に悩みを抱える人たちの会に参加。そこでの出会いが、人生を大きく変えることに…。

あなたに伝えたいこと ダンサー「エリさん」
2017年1月21日放送: 26歳の時に子宮頸がんと診断される。早期発見だったため、手術で克服。自らの経験から気づいた使命とは…。

みんなが気持ちのいい社会を 株式会社アーチャレジー取締役「浅野絵菜さん」
2017年1月14日放送: 小学生の時に進行性の難病・網膜色素変性症と診断される。自分にとって受け入れ難かった視覚障がい。それを変えたある言葉とはいったい…。

建物で人を幸せに 会社員「樋口祐介さん」
2017年1月7日放送: 中学2年生の時、小児がんと診断され治療が始まる。手術や抗がん剤を乗り越え退院するが、病院で仲の良かった友人が亡くなったことを知る。その深い悲しみの中で芽生えた夢とは…。