This text will be replaced
命の尊さを訴え生き抜いた「猿渡瞳さん」
2009年4月25日放送:小学6年生の時骨肉腫に、余命半年と言われたがん宣告を跳ね除け、入退院を繰り返しながら中学へ進学。 不治の病を背負いながらも明るく一生懸命に生きる姿の陰に、生きることの意味が隠されていた。