テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2016年12月27日

主演 池松壮亮、他レギュラーキャストのコメント到着!「株の仕手戦編」「セザンヌ編」「ポーカー編」「麻雀編」を放送!【銀と金】

テレビ東京にて、2017年1月7日(土)深夜0時20分から放送がスタートする池松壮亮・初主演、土曜ドラマ24『銀と金』。

この度『銀と金』でドラマ化されるエピソードと共に各エピソードに登場する豪華ゲストを一挙に発表いたします!

また、レギュラーキャスト5名による撮影を振り返ってのコメントをお知らせします。


各エピソード・ゲスト一挙発表!!

「株の仕手戦編」
◆1話 ◆2話 ◆3話
丸山智己 ・・・ 海堂正行(かいどうまさゆき)
自由民生党議員

ダンカン ・・・ 梅谷 哲(うめやてつ)
秀峰創業グループのドン、仕手戦の本尊

嶋田久作 ・・・ 伊沢敦志(いざわあつし)
自由民生党・竹本会No.2・海堂より上のポジション

「セザンヌ編」
◆4話 ◆5話 ◆6話
佐野史郎 ・・・ 中島明夫(なかじまあきお)
画商・ギャラリー中島オーナー

「ポーカー編」
◆7話 ◆8話 ◆9話
大東駿介 ・・・ 西条達也(さいじょうたつや)
西条建設の御曹司

高月彩良 ・・・ 伊藤 美緒(いとうみお)
明穂(西条たちにカモられ乱暴された被害者)の友人・情報提供者

「麻雀編」
◆10話 ◆11話 ◆12話
柄本明 ・・・ 蔵前 仁(くらまえひとし)
カジノ王/日本最大パチンコチェーン総帥


★レギュラーキャストコメント★

池松壮亮(森田鉄雄)
うだつの上がらず、何事も上手くいかないため、やり場のない怒りをギャンブルに逃げることで発散していた。
負けが続く中、競馬場で平井銀二に声をかけられたことをきっかけに、悪党たちが大金を握る、欲望渦巻く裏世界で生きることを決意する。
銀二たちにはない損得抜きの行動原理<カン>で動く事もある、強運の持ち主。
銀二の悪党ぶりと金を手にすることの天才的な才能に憧れて、「銀を超える金(キン)と呼ばれる人間になりたい」という志を抱く。

★主演・池松壮亮コメント
今作では心の収穫というか、いろいろなものをいろんな人たちにもらって、とても濃厚な1ヶ月半でした。
最初はこれを映像化できるのかと思っていましたが、なんとか撮り終えることができたので、あとは楽しみにするしかないです。


リリー・フランキー(平井銀二)
“金がすべて”の裏社会を仕切る大物フィクサー。
あらゆる面で卓越した能力を持ち、独自の人生哲学を持つ。
森田を「条件」に当てはまる男として裏社会に引き込み、その才能と成長に期待している。
悪魔じみた思考で悪党から金を搾り取るが、「巨悪を征するのはそれより大きな巨悪」という思想を持つ。
最終的には、有力な政治家を使い、日本の経済界を支配しようとしている。

★リリー・フランキーコメント
すごく長いような気がしましたがあっという間に終わってしまいました。
おもしろいドラマに参加できたと思っています。
本当にオンエアーを楽しみにしています。
僕が(撮影日に)いない間、森田がどういう活躍をしているのかがちょっと気になっています。
毎日朝5時起きっていうのがちょっと珍しかったものですからすっかり体調悪くなりました。
「銀と金」はたとえば麻雀だったり、ポーカーだったり、そのもののルールがわからなくても、なにか根本的な人間のお金に対する感情とか、人に対する感情とかっていうものは、そういうもの(ルール)を度外視にしても伝わるものになっていると思いますし、ひとりの森田っていう男の成長物語としてもすごく楽しめる作品になっていると思います。


マキタスポーツ(安田 巌)
警視庁OB。元捜査一課のエース。
優秀な刑事だったが、欲望に弱く、だんだん悪に染まっていった。
そして現在は、平井銀二と共に、裏社会で生きている。
銀二からの信頼が厚く、単独行動にあたることが多い。
巽や船田と比べると、人間味がある。

★マキタスポーツコメント
「銀と金」はすごく人気漫画で、原作者の福本先生もプロデューサー陣も、監督にしても、ものすごく思い入れの強い名作をドラマ化するときには、いろいろな障害があると思うんです。従来のファンの方々の持っているイメージとかもありますから、それに対してそれぞれ役者の人たちも自分なりに一生懸命努力した結果が出ていると思います。
お金とか、欲とか、人間の本質的なところが描かれている作品なので、見流すことなくじっくりと味わって、編集の合間にある行間みたいなものとかを感じながら見て頂けたらと思います。


臼田あさ美(巽 京子)
元新聞記者。かつての経験を生かし、情報収集によって銀二たちをサポートする。
また、巽が経営する「BAR FULLER」は、銀二たちのたまり場になっている。
銀二もあまり深く巽の過去については知らない。

★臼田あさ美コメント
連続ドラマで1か月半っていうのはあっという間で、連日撮影でハードだなという日もありましたが、本当に池松さん始め、リリーさん、マキタさん、淳さんと一緒にいる時間は他じゃ味わえな い時間だったな、と強く感じます。なのでその寂しさはあります。
「銀と金」はギャンブルとか、大金が動いたりとか、すごくヒヤヒヤ、ハラハラするシーンも多いんですけど、森田の成長とともに5人が仲間で温かいというところも伝わればいいなと密かに思っています。


村上 淳(船田正志)
元東京地検特捜部、検事。
東京地検の若きエースとして、大企業の脱税事件、政財界の贈収賄事件などで功績をあげていたが、反感を買った上司に飛ばされ、検事を辞めざるを得なくなる。
過去の経歴を元に、企業を強請るブローカー。
頭脳派として銀二の信頼も厚い。

★村上淳コメント
この「銀と金」は過去にVシネマで作られていて、僕は子供の頃にそれを見て、なんかいいなって思っていました。
まず、(このチームをカンパニーに例えると)僕らは俳優部という一部署なんですけども、スタッフの方々、監督に本当にご迷惑をかけたし、救われたなと思います。
特に印象に残っているのは、今回のレギュラー5人で、この素晴らしいカンパニーで、43歳で2016年が終わる前にやれたことは、またもうひと踏ん張り、もう二踏ん張りしてみようと思える、思わせてくれるキャストに出会うことができたなと思っています。


◆番組内容
原作は、ギャンブル漫画の第一人者で、『カイジ』、『アカギ』を筆頭に、カリスマ的人気を誇る漫画家・福本伸行氏の『銀と金』。
本作は、何事もうまくいかず、ギャンブルに逃げていた森田鉄雄(池松壮亮)が、“金がすべて”の裏社会を仕切る大物フィクサー・平井銀二(リリー・フランキー)に出会い、欲望に踊らされる悪の紳士たちを、経済的にも精神的にも粉砕し、多額の金を奪い取る、「悪」vs「悪」の「究極のマネーゲーム」を描いた魑魅魍魎のブラックエンターテインメントドラマです。

テーマは、巨額の金額を賭けた、“怒涛の心理戦”。
日本の裏社会を舞台に、搾取される側から搾取する側へ。
標的は、銀行、大企業、資産家・・・そして、政治家たち。
我欲むきだしの権力者たちから、何千万、何億、何百億という金をあらゆる手段で奪い取る。
胃を締め付けられる緊張感と、心臓が飛びだすほどのどんでん返し。
命を懸けた攻防戦を、圧倒的な世界観で映像化!
まさに「ざわざわ・・・ざわざわ・・・」となること間違いなしの勧善懲悪型ブラックエンターテインメントです。

また本作は、Amazonプライム・ビデオで放送1週間前の1月1日(日)0時から独占先行配信します。
Amazonプライム・ビデオはAmazonプライム会員向けの映像配信サービスです。


◆イントロダクション
うだつの上がらない森田鉄雄(池松壮亮)は、何事も上手く行かず、やり場のない怒りをギャンブルに逃げることで発散していた。負けが続く素寒貧の森田は、競馬場で裏社会を仕切る大物フィクサー平井銀二(リリー・フランキー)に出会う。銀二の悪党ぶりと、億を超える大金をたやすく手に入れる天才的な才能に憧れて、「銀を超える金(キン)と呼ばれる人間になりたい」という志を抱き、欲望渦巻く裏社会へ足を踏み入れるのだった…。
悪党たちが巣食う裏社会で、大金を手にするために命を懸ける「悪」vs「悪」の心理戦。
果たして一文無しの森田は、大金を手にし、大物フィクサー銀二を超えられるのか!?


◆番組概要
タイトル:土曜ドラマ24『銀と金』(毎週土曜深夜0時20分~0時50分)
放送局:テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
原作:福本伸行「銀と金」(双葉社)
主演:池松壮亮
出演:マキタスポーツ、臼田あさ美 ・ 村上淳 / リリー・フランキー
脚本:山岡潤平(「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」「殺人偏差値70」「GTO」)
根本ノンジ(「侠飯」「5→9~私に恋したお坊さん」「弱くても勝てます」)
監督:古厩智之(映画「ホームレス中学生」「ロボコン」、「警視庁ナシゴレン課」)
中前勇児(「天皇の料理番」「とんび」「ROOKIES」)
主題歌:amazarashi 『ヒーロー』 (ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:松本拓(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、北川俊樹(大映テレビ)
制作協力:大映テレビ
製作著作:テレビ東京
公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/gintokin/
特報動画:https://youtu.be/bFdnfWoR5nU

関連サイトはコチラ