テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2017年05月23日

テレ東深夜が新たな挑戦!舞台は下北沢!巻き込まれた男女のパニックコメディー!【下北沢ダイハード】

数々の挑戦的なドラマを生み出し、注目を集めるテレビ東京金曜深夜のドラマ24枠。
7月クールは、テレビの枠にとらわれない新たな才能が集結する『下北沢ダイハード』に決定!

三谷幸喜や宮藤官九郎を始め、人気ドラマ脚本家を多数輩出してきた小劇場シーン。まさに今、現在の小劇場界の最先端で活躍する、人気劇作家たちがテレ東深夜に集結!
小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディー!
毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろします。

案内人は、下北沢とゆかりのある舞台人の2人、古田新太と小池栄子に決定!
2人が演じるのは町のうらぶれたスナックの常連客とお店のママ。このドラマは2人が下北沢で起きた“人生最悪の一日”を語り始めるところから始まります。
「違法風俗店で警察のガサ入れにあった俳優」「SMプレイでスーツケースに全裸で入ったまま、誘拐事件に巻き込まれた政治家」など、11通りのダイハードは本人にとっては大事件なのに、傍から見ていると爆笑必至のエピソードの数々です!

さらに!総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ「かもしれない女優たち」の演出や、「カルテット」のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、ミュージック・ビデオ業界で超人気のクリエイターたちが演出を務めます。

演劇界×映像業界のトップクリエイターたちがテレ東深夜枠のコメディー・ドラマで本気を出したら…!?テレビ業界の内と外から新たな才能が集結して、“下北沢で起きる最悪の一日”をお送りします!是非とも、ご期待ください!


“下北沢で起きる人生最悪の一日”
たとえばこんな話!


下北沢の街角で
SMプレイの一環で全裸でスーツケースに入り、外に放置された政治家。
手違いで誘拐事件の身代金受け渡し現場に運ばれてしまう…。政治家生命終了のピンチ!一体どうする!?

下北沢の風俗店で
ある俳優がたまたま入った風俗店が違法営業の疑いで警察のガサ入れに!
しかも警察密着24時的な番組クルーも同行している…!?
俳優生命終了のピンチ!顏バレせずにこのピンチを乗り切れるのか!?

下北沢の喫茶店で
名門学校のママ友たちと喫茶店を訪れた主婦。
そこにはなんと女装した夫の姿が!夫婦間だけの秘密だったのに…。ママ友にバレたら息子の学校生活が心配だ!必死に隠そうとする主婦だが、さらなる不幸が主婦を襲う…!

下北沢のアンティークショップで
輝美と類は30代後半の女性で下北沢歴約20年。
彼女たちがひょんな事から婚約者を殺してしまう。逃げなければ!夢叶えられず、ずるずると過ごしてしまった下北沢を捨てる夜の話…そこには意外な結末が!

他にも下北沢で起こったピンチな話が続々登場!
どんな話が飛び出すかは…続報に乞うご期待!!

古田新太 コメント
Q、最初に企画を聞いた時の感想は?
さすがテレ東、うまい具合に考えたな。
安くて面白いが一番。

Q、下北沢が舞台のドラマです。下北沢に縁のある古田さんが思う、みどころは?
おいらは(下北沢には)ほぼ毎日いるからね。ロケ地が全てわかるでしょ。
絶対に聖地にならない所を狙って欲しいですね。

Q、いよいよクランクインです!撮影で楽しみなのは?
終わってからの飲みですかね。
いい作家が集まっています。ぜひご期待ください。

小池栄子 コメント
Q、最初に企画を聞いた時の感想は?
チャレンジングな企画に呼んで頂けるのは興奮しますね。
色の違う11本の作品の良いスパイスになれるよう頑張りたいです。

Q、下北沢が舞台のドラマです。下北沢に縁のある小池さんが思う、みどころは?
古いものと新しいものが絶妙に入り混じっている下北沢ですので、この町の不思議な空気が伝わり、皆が下北沢にもっともっと興味を持ってくれるキッカケになって欲しいです。

Q、いよいよクランクインです!撮影で楽しみなのは?
大好きなオモロー先輩・古田さんと芝居できるなんて夢のようです。
番組名物になるような、楽しいかけ合いが出来たら嬉しいです。


濱谷晃一(テレビ東京プロデューサー)コメント
小劇場の舞台をたくさん観てきたファンとして、いつかこの面白さをテレビでも発揮してほしいと思ってきました。それが今回、一気に11人も起用できて大変嬉しい反面、こんなチャレンジングな企画を通してくれたテレビ東京に驚いています。
毎回、ほとんど1シチュエーションの低予算なコメディーです。ただ脚本が面白ければ色々な制約をアイデアが凌駕してくれるのではないかと期待しています。
さらに、かねてよりラブコールを送ってきた関和亮監督を始め、気鋭の映像クリエイターたちが、その映像手腕でこれらの脚本をどう料理してくれるのか楽しみでなりません。
「クローズアップでは悲劇だが、ロングショットでは喜劇」チャップリンの有名な言葉です。
登場人物にとっては大パニックなのに、観てる側はとっても笑えるコメディーを目指します。
最近、テレビドラマは同じような作品ばかりだと言う声もちらほら聴こえてくるので、テレビ業界の小劇場であるテレビ東京が、何か新しい風を吹き込めればと願っております!


<脚本>~劇作家紹介~


<演出>~映像作家紹介~

各話の出演者には一体誰が…!?
決定次第お知らせします。是非ご期待ください!

番組情報
放送時間:7月クール ドラマ24枠(金曜深夜0時12分)
出演:ナビゲーター出演 古田新太、小池栄子
演出:関和亮(星野源「SUN」ミュージック・ビデオ監督、Perfume関連作品多数、ドラマ「かもしれない女優たち」監督、ドラマ「カルテット」エンディング映像 監督など)
スミス(マキシマム ザ ホルモン「絶望ビリー」「爪爪爪」、でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト」ミュージック・ビデオ監督など)
山岸聖太(映画「傷だらけの悪魔」監督、KANA-BOON「ないものねだり」ミュージック・ビデオ監督など)
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)、えのもとぐりむ(ぐりむの法則)、喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)、西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM)、柴幸男(ままごと)、根本宗子(月刊「根本宗子」)、細川徹(男子はだまってなさいよ!)、福原充則(ピチチ5)、松井周(サンプル)、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、三浦直之(ロロ)(五十音順)
チーフプロデュ―サー:浅野太(テレビ東京)
プロデュ―サ―:濱谷晃一(テレビ東京)、櫻井雄一(ソケット)
放送局:テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送
※テレビ大阪のみ、毎週月曜 深夜0時12分放送
○制作:テレビ東京/ソケット
○製作著作:「下北沢ダイハード」製作委員会
【番組公式HP】http://www.tv-tokyo.co.jp/shimokitazawa/

関連サイトはコチラ