テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2017年06月17日

長山洋子「居酒屋ふじ」で初の本人役!「ほぼ毎日のように「ふじ」でごはんを食べている時期が一時ありました。」【土曜ドラマ24 居酒屋ふじ】

永山絢斗と大森南朋がW主演を務める『土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」』。テレビ東京系にて、7月8日(土)より放送スタートとなります。
本日までに本人役として、篠原涼子、大杉漣、水川あさみ、椎名桔平といった豪華なゲスト陣を発表していますが、まだまだ超大物ゲストが登場します!!

そしてこのたび、20年来「ふじ」に通い続けているという長山洋子の出演が決定しました!
演歌歌手としてはもちろん、23年続く長寿番組「洋子の演歌一直線」(テレビ東京/毎週日曜あさ5:30~)では、自身の冠番組として司会を務めるなど、多彩な活躍をみせている長山ですが、ドラマ出演は、2008年「水戸黄門」(TBS)にゲスト出演して以来、実に9年ぶり!さらに、本人役としては初めてとなります!

「ふじ」の長年の常連である長山が、店内で披露する“幻のあの曲”とは?演歌を歌う長山洋子とは一味違う、新たな長山洋子の姿に、是非ご期待ください!


◆6話ゲスト:本人役長山洋子コメント
「ふじ」に行き始めたのは演歌歌手になりたての時くらいからで。ほぼ毎日のように「ふじ」でごはんを食べている時期が一時ありました。

お店は夜7時からオープンして、朝の5時までやっていたんです。開店してから閉店の朝5時までいたこともしょっちゅうあって(笑)。新曲が出たときに、ポスターを持っていったら、お父さんとママが「洋子ちゃん、お父さんへ!ってサイン入れて貼っていって~!」って言ってくれて。それから、新曲が出るたびにポスターを貼らせてもらう事になったんです。

お父さんは、本当のお父さんみたいになってきて。ほとんど仕事の愚痴は外では話さないのですが、お父さんとママに仕事の愚痴を話したこともありましたね。お父さんとママを100%信頼していました。

あとは、ドラマに出るのが本当に久しぶりでした。大森さん、永山さんって、どういう人なんだろう!とかだいぶ不安があって...。
実は知り合いの役者さんに探ったりしていました(笑)。でも本当に気さくな方ばかりでした!長山洋子、本人役は生まれて初めてでした。
演じるという感覚が全くなかったので、素のままなので、放送を見るのが怖いです(笑)。

「ふじ」に行き始めたのは演歌歌手になりたての時くらいからで。ほぼ毎日のように「ふじ」でごはんを食べている時期が一時ありました。

お店は夜7時からオープンして、朝の5時までやっていたんです。開店してから閉店の朝5時までいたこともしょっちゅうあって(笑)。新曲が出たときに、ポスターを持っていったら、お父さんとママが「洋子ちゃん、お父さんへ!ってサイン入れて貼っていって~!」って言ってくれて。それから、新曲が出るたびにポスターを貼らせてもらう事になったんです。

お父さんは、本当のお父さんみたいになってきて。ほとんど仕事の愚痴は外では話さないのですが、お父さんとママに仕事の愚痴を話したこともありましたね。お父さんとママを100%信頼していました。

あとは、ドラマに出るのが本当に久しぶりでした。大森さん、永山さんって、どういう人なんだろう!とかだいぶ不安があって...。
実は知り合いの役者さんに探ったりしていました(笑)。でも本当に気さくな方ばかりでした!長山洋子、本人役は生まれて初めてでした。
演じるという感覚が全くなかったので、素のままなので、放送を見るのが怖いです(笑)。


フィクションとリアリティーが融合した人情味あふれるヒューマンドラマ!

本作は、「ふじ」に引き寄せられた、役者を目指しているのだが人生今イチパッとしない若者・西尾栄一(永山絢斗)が、大森南朋(本人役)をはじめ、実名で登場するお店の常連だった著名人から語られる言葉や、「ふじ」の"おやじ"が残した逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、ふたたび夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマです。
原作は、東京・中目黒に実在する店「居酒屋ふじ」の店主で、2014年に惜しまれながらもこの世を去ってしまった"おやじ"の半生を描いた同名小説『居酒屋ふじ』(講談社刊)。ドラマのセットは、「ふじ」の店内を本物そっくりに再現!また、ドラマに出てくる料理の数々は、常連たちが舌鼓を打った実際にお店で出している名物メニュー!こちらも、ご注目ください!
売れない役者の西尾(永山)を、「かつての自分を見ているようだ」と可愛がる本人役の大森。フィクションの中に散りばめられたリアリティの存在が物語をさらに躍動させます!是非、ご期待ください!

◆あらすじ
若手俳優の西尾栄一(永山絢斗)は、死体役しかまわって来ない現状に苦しんでいた。
うさ晴らしに飲んで帰ろうと中目黒をさまよっていると、最近気になっている"kujira"という女の子のインスタグラムに、見覚えのある『居酒屋ふじ』の写真がアップされる。向かってみると昭和風情の渋い佇まい。だが店内に入ると、外観からは想像つかないほど有名人のサイン色紙で壁と天井が埋め尽くされていた。しかも客の中には、俳優の大森南朋の姿が...。東京・中目黒。上京して一人、役者の夢に向かいつつも立ち止まりそうになっていた西尾は、昭和が息づく小さな居酒屋"ふじ"で、常連客・大森南朋や先輩俳優と触れ合いながら、大切なことに気付かされていく......。


本作は、Amazonプライム・ビデオで放送1週間前から独占先行配信します。
Amazonプライム・ビデオはAmazonプライム会員向けの映像配信サービスです。

【番組概要】
番組名:土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』
放送日時:2017年7月8日(土)スタート毎週土曜深夜0時20分~0時50分
放送局:テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
主演:永山絢斗、大森南朋
出演:飯豊まりえ、立石涼子、諏訪太朗、平田敦子、中村元気、余貴美子・村上淳
ゲスト:第1話:篠原涼子、第2話:大杉漣、第3話:水川あさみ、第5話:椎名桔平、第6話:長山洋子
原作:栗山圭介『居酒屋ふじ』(講談社刊)音楽:大友良英
作画:鉄拳
脚本:根本ノンジ「銀と金」「侠飯」「5→9~私に恋したお坊さん~」山田あかね「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」「時効警察」粟島瑞丸映画「はらはらなのか」原案・脚本協力
今西祐子映画「お雑煮日和」
監督:長崎俊一「撃てない警官」映画「西の魔女が死んだ」
「8月のクリスマス」
国本雅広「僕のヤバイ妻」映画「おにいちゃんのハナビ」
瀬野尾一「食の軍師」
主題歌:斉藤和義「I'maDreamer」(SpeedstarRecords)
エンディングテーマ:月に吠える。「夜の雲」(MastardRecords)
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:倉地雄大(テレビ東京)平体雄二(スタジオブルー)中村恵子(スタジオブルー)
製作著作:テレビ東京/制作協力:スタジオブルー
番組HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/izakaya_fuji/

関連サイトはコチラ