テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2017年08月25日

「警視庁ゼロ係」第6話で柔道・田知本遥選手が本人役でドラマ初出演!小泉孝太郎に大外刈り!

テレビ東京にて放送中の金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ SECOND SEASON」。9月1日(金)放送の第6話にリオデジャネイロオリンピック柔道女子70㎏級 金メダリスト・田知本遥選手が本人役でドラマ初出演致します!

オリンピック警備補助班として杉並区内に留まらず東京全域で仕事を担うことになったゼロ係。沢村元総理(小林稔侍)の講演のために雑用を終えた矢先、ファミレスで客を人質に取った立てこもり事件が発生したと聞き、小早川冬彦(小泉孝太郎)と寺田寅三(松下由樹)は現場へ急ぐが…。

今回、ゼロ係のメンバーが沢村元総理の講演のためにセミ取りに奔走する中、会場へ向かう田知本遥選手と遭遇!“空気は読めないが事件は読める”エリート警視・冬彦は田知本選手に話しかけ、寅三との勝負をけしかけるが、なぜか田知本選手に大外刈りを決められて…!?

「試合より緊張した」と語る田知本選手だったが、動きのある難しいシーンにも関わらず、持ち前の精神力で見事にカバー。小泉孝太郎が「初めてのお芝居とは思えなかった」と太鼓判を押す田知本選手の初演技と共に、ファミレスで発生した立てこもり事件に挑む冬彦らゼロ係の活躍を是非お楽しみに!


<田知本遥・小泉孝太郎コメント>


Q.初めての演技はいかがでしたか?
田知本:初体験でちょっと怖さもあったんですけど、小泉さんのおかげで変な緊張をせずに取り組むことができました。でも試合よりも緊張しました。試合は慣れっこというか付き合いが長いので…。

Q.小泉さんは、田知本選手の演技をご覧になっていかがでしたか?
小泉:一番びっくりしたのが、田知本選手はドラマが初めてとおっしゃったんですけど、やっぱり金メダリストは精神面が違いますね。
本当に現場にいて自分のリズムとか空気感っていうのを持ってるんで、全く初めてのお芝居とは思えなかったです。

Q.ドラマ内では、田知本選手の得意技・大外刈りも受けていましたね?

小泉:ただただ光栄です。僕は去年のブラジル・リオのオリンピックの会場で、田知本選手の金メダルを実際に生で見ているので本当に感激しました。
もっと技をかけてほしかったですね。嬉しいです。一生忘れられないですね。

Q.今回の経験は柔道で活かせそうですか?
田知本:柔道に活かせるかはわからないですが(笑)、これまで柔道しかやってきていないので、他の世界を知る勉強をさせてもらいました。

Q.ドラマ出演をメダルに例えると何メダルでしょうか。
田知本:銅メダルでしょうか…
小泉:金ぴか金メダルです!!


【6話あらすじ】
ファミレスで客を人質に取った立てこもり事件が発生!ゼロ係の小早川冬彦(小泉孝太郎)と寺田寅三(松下由樹)も捜査への参加を許される。犯人からの要求は「身代金3億円と半径3キロ以内の停電」。冬彦は、停電の要求に違和感を覚えるが…。一方、寅三は人質となった病気の少年のために、母親に扮して薬を届けることに。そこへ犯人から新たな要求が!


【イントロダクション】
警視庁杉並中央署の「生活安全課なんでも相談室」は、各所で問題を起こしたり、お払い箱になったりした人材の放置部署。“ゼロはいくつかけてもゼロ”。すなわち役立たずは何人いても役に立たないという意味で、署員たちから“ゼロ係”と揶揄されている。

その仕事は所轄の刑事課や生活安全課が対応するには煩わしい些細な通報や苦情、クレーム、面倒なもめ事に対応するための雑用係だ。

そんなゼロ係で、警察庁科警研出身のエリートキャリアで世間知らずな“究極のKY”刑事・小早川冬彦がバディを組むのは、有能なのに問題ばかり起こして刑事課から飛ばされたベテラン女性刑事・寺田寅三。まったく噛み合わない2人と、ゼロ係の「役立たず」な仲間たちは、その強烈な個性を生かしながら様々な事件、雑用に再び挑んでいく!


〇番組概要


番組名:金曜8時のドラマ
「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON」 放送日時:毎週金曜夜8時~
出演:小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実、木下隆行、戸塚純貴、駿河太郎、六角慎司、岸明日香、若村麻由美、石丸謙二郎、加藤茶、小林稔侍(特別出演)、大杉漣
第6話ゲスト:髙橋洋、春延朋也ほか
スペシャルゲスト:田知本遥
原作:富樫倫太郎「生活安全課0係」シリーズ(祥伝社)
主題歌:スキマスイッチ「リチェルカ」(AUGUSTA RECORDS/Universal Music LLC)
脚本:吉本昌弘、大石哲也、高山直也、船橋勧
監督:倉貫健二郎、竹村謙太郎、岡野宏信
チーフプロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー:松本拓(テレビ東京)、加藤章一、大高さえ子
製作:テレビ東京、ドリマックス・テレビジョン
番組HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari2/

8月25日(金)夜8時から第5話放送!
毒矢による連続殺人事件が発生!吹き矢には猛毒が使用されていたが、犯人のDNAは検出されず…。
被害者の男性たちに共通点がなく、無差別殺人の可能性が浮上する中、被害者家族のケアにあたっていたゼロ係の小早川冬彦(小泉孝太郎)と寺田寅三(松下由樹)は、被害者の妻たちにある共通点を見つける。
さらにネット上に、夫への不満ばかりが書き連ねられた、女性専用サイト「ゲス・ノート」を発見した冬彦は事件との繋がりを疑うが…。

関連サイトはコチラ