テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年01月12日

「コスプレが一番似合っているのは生駒ちゃんです。」オー・マイ・ジャンプ! 豪華出演者コスプレ記者会見(2)


伊藤淳史が地球を救うヒーローに!?豪華出演者が全員コスプレ!?
ドラマ24と週刊少年ジャンプ(集英社)が強力タッグ!

2018年1月12日(金)深夜0時12分スタート!

数々の挑戦的なドラマを生み出し、注目を集めてきた、テレビ東京金曜深夜のドラマ24枠。この1月クールで50作目を迎える記念すべきタイミングで、ドラマ24第50弾特別企画「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」を放送致します。特別企画にふさわしく、今年創刊50周年を迎える、日本を代表する少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の全面協力を受けたオリジナル作品です。

数多くのファンに愛され続けてきた「週刊少年ジャンプ」が、その長い歴史の中で生み出してきた伝説的な作品から最新話題作まで、ドラマ内で様々に登場します。

主人公の月山浩史を演じるのは、芸歴30年を超える伊藤淳史。共演者には生駒里奈(乃木坂46)、馬場徹、栁俊太郎、斉木しげる、ケンドーコバヤシ、佐藤仁美、寺脇康文といった若手俳優や実力派が集結!さらにナレーションは、ジャンプファンにおなじみのベテラン声優・神谷明が担当します。前代未聞のジャンプ愛炸裂ドラマにぜひご期待ください!


■プロデューサー 阿部真士(テレビ東京)
自分が小さい頃は、ジャンプが本当に面白くてずっと読んでまして。1日でも早く読みたくて隣の町まで自転車を走らせて読むということに、命を賭けてたみたいなところがありました。漫画家さんですとか、編集部のみなさまの熱量みたいなものが今もジャンプからは感じられますし、そういうものから僕らが受けた影響はとても大きいと思っています。それをなんとかドラマという形にしたいなと思っておりまして。ただ≪ドラマ24≫なんで、第50弾特別企画とは言っていますけれども、そんなに肩ひじ張らずに大人が真剣にバカをやる…というのをテーマに今回作っております。

もう一つ伝えたいこととしては、サブタイトルが「少年ジャンプが地球を救う」となっています。これは出演者の方に全然お伝えしていないんですけど、最終話に向かって7人のヒーローが、地球を滅ぼそうとするAIと戦うという展開になります。そんなハチャメチャなドラマになります、ということだけを今日はお伝えできればなと思っております。

■中野博之(「少年ジャンプ」編集長)
「少年ジャンプ」は今年創刊50周年の年になります。記念すべき年のまず最初に、大きな企画をみなさまに報告できることを、本当に嬉しく思っております。本当に隅から隅までジャンプ愛に溢れた、かつてないドラマが出来上がったなと思っております。阿部さんから先の展開を聞きまして、僕も知らなかったのでびっくりしてるんですけど、かなり大きく出たなと。

ただですね、我々現場の漫画家編集者は、毎週ジャンプを読んだ方が、今週も面白い!来週も絶対読みたい!それまでの1週間がんばって生きて行こう!そんなふうに思ってもらえるということを夢見て、毎週毎週漫画を作っておりますので、このドラマは私たち少年ジャンプ編集部としても、まさに理想の物語になっているなと感じました。私自身も小さい頃から「少年ジャンプ」が好きで、ジャンプの主人公になりたいと考えてきましたので、「少年ジャンプ」秘密クラブに行ってみたいなと思いました。私だったらコスプレは「珍遊記」の山田太郎かなと思ったんですけど、ちょっとそれだと放送ができなそうなので(笑)、「キン肉マン」のザ・ニンジャにしたいなと思いました。こんな風に自分だったらどのコスプレをするかな、なんて思いながら見てもらうのも、いい楽しみ方なんじゃないかなと思います。

ドラマには歴史に名を残したレジェンド漫画が続々登場していきます。ぜひみなさまジャンプ愛全開でご覧いただければと思います。


【記者会見 コメント】
Q.今回みなさんコスプレで登場しておりますが、誰のコスプレが一番似合っていると思いますか?

佐藤仁美(コスプレ:「Dr.スランプ」則巻アラレ):寺脇さんの衣装が一番高いんですよね。それと比べたら斉木さんが手作り感たっぷりで。

斉木しげる(コスプレ:「僕のヒーローアカデミア」オールマイト):あっちこっち見せられない部分があるんですけど(会場笑)。俺は生駒ちゃんの「NARUTO-ナルト-」が…。レコード大賞の時、生駒ちゃん見つけられなかったの。だってこの格好に慣れてるから、黒髪の生駒ちゃんどこにいるんだろうって思って。

生駒里奈(コスプレ:「NARUTO-ナルト-」うずまきナルト):テレビにがんばって年末出てたのに「生駒ちゃんいた?」みたいな感じで。でもチェックして下さってるんですよ、みんな。優しいなと思って。現場でも智子って役名なのに「おい金髪」「オレンジ」とか言われちゃいますよね。

寺脇康文(コスプレ:「聖闘士星矢」ドラゴン紫龍):俺も「緑」とか「ロン毛」とか言われる!

伊藤淳史(コスプレ:「ONE PIECE」モンキー・D・ルフィ):僕もスーツなんですけど「グレー」って言われてるんです。三木監督が全然役名を覚えてくれなくて、「あーーあいつあいつあいつ…グレー!」って言われて最初わからなくて「あ…自分だ」って思って。そんな現場です!

寺脇:でも(一番は) 「NARUTO-ナルト-」の生駒ちゃんですかね。

栁俊太郎(コスプレ:「ろくでなしBLUES」前田太尊):僕もコスプレほぼしてないので、三木監督、僕のことスタッフと間違えます(笑)。よく間違えられます。現場にいるのに「あいつ呼んで!漫画家呼んで!」…“いや後ろにいるっつーの”と思いながら。そんな現場です!


―― ケンシロウのパンプアップした肉体もかなり映像で見る以上にインパクトがありますけど。

馬場徹(コスプレ:「北斗の拳」ケンシロウ):ありがとうございます!


―― 今後もパワーアップしていくんですか?

馬場:(大声で)そうですねーー!

寺脇:でかい!声が!プロ野球選手じゃないんだから。

馬場:すみません…(笑)。後半結構(ケンシロウの衣装を)着るんじゃないかと思っているので、それに向けてさらにトレーニングを…

佐藤:後半…出るかなぁ…?

寺脇:プロデューサーか!

馬場:出ない説あるんですか。せっかく着てるのに!着させて頂けたらもう…はい。


<質疑応答>
Q.今回ドラマではジャンプの創作秘話や裏話など見どころがたくさんあると思うのですが、印象に残っているシーンや台詞がありましたら、教えていただけますか?

伊藤:どのシーンも好きなんですけれど、「へのつっぱりはいらんですよ」ですかね。1話は「へのつっぱりはいらんですよの巻」なんですけれど、あれを現代を普通に生きるサラリーマンが、いかに真面目で本気に言うのかという所に悩みました。1話は「キン肉マン」の回なので、監督に色々と演出してもらったりして、何とか頑張りました。昨日でき上がった作品を見たんですけれど、周りにいる方々のお陰で、ちゃんとしたいいシーンになったかなと思いました。

生駒:
2話は「NARUTO-ナルト-」のお話を中心に回っていくんですけれど、自分が知らなかった知識をそこで知ることができました。「NARUTO」は今連載が終了しちゃっているので、”ナルロス中”なんですけれど、それが癒されたので、この脚本すごいなって思いました。決め台詞というよりか、2話に関しては、新しくジャンプを読んでいるような感覚で台本を読んでいたので、そういう感覚になってくれる方がきっといるんじゃないかと思います。楽しみにしていてほしいと思います。

馬場:そうですね…僕もそんなにコスプレもしていないですし、現場自体も伊藤さんのライバル役ということで、ちょっかいをかけたりしている感じなので、まだ皆さんとご一緒にというのはないです。台本読んでいる限り、本当にバカバカしいものを一生懸命やっているみたいな所とかが、すごく大事なのかなというか、全体的にそれがいいシーンに仕上がっていくんじゃないかなという印象を受けていますね。


―― 最初の「そうですね」はちょっと声小さめに入りました?

馬場:はい、今はちょっと…

寺脇:突っ込めなかっただろ!

馬場:あ、すいません。「そうですね~」、これくらいの声ですかね(笑)あれ、こんなに声でかくなかった? …こんな現場です。

栁:僕は1話で言っていた「友情と努力で勝利をつかむ」というこの熱い言葉が大好きです。


―― まさにジャンプのキーワードですものね。

栁:キーワードを言えたことがすごいうれしかったです。

斉木:長いよ?だって今まで何タイトルあるんだろう。だって、ジャンプっていうのは、時代を作ったよね。逆に言うと時代がジャンプを作らせたのか分からないけど。ジャンプって一番後出しの少年誌なんですよ。私が18歳の時に創刊されて、第1巻から今現在まで読んでいます。

今52巻読んでいる途中なんですけど、1~5はキープしてあるんですね。ジャンプは一番読みたいと思っている時に読んでいるんで。うちの義理の息子が買っていて、私は買わないのでね。そんな話はどうでもいいんで。ヒーローっていうと、僕はいっぱい出してもらいたいの。例えば出ないから言うけど、「ジャングルの王者ターちゃん」とかね。あと佐藤さん、ヂェーンをやってもらいたくてしょうがないんですよ。すごい美人のヂェーンがね、途中で変わるんですよね、(佐藤さんを指して)こういう風に。あの役をやってもらいたとか。他にも色々あるんですよ。「幽遊白書」とか「BLEACH」とか、台本読んでないから分からないけど、ああいう作品が出てほしい。なんかずーっと続きそうな気がするんですよね。ネタは豊富です。だから一言で言うのはなかなか難しいですね。アナ:印象に残っているシーンを聞いているのですが…

斉木:だから言ったじゃん!多すぎてね。…はい、もうジャンプのことなら何でも聞いてください。

佐藤:さっき1話をちらっと見たんですけれど、その中にマンガの“シャー”っていうのが出てきて、「あ、ジャンプだ!」って思って、すごい感動しました。以上です!(会場笑)


―― 実写とマンガのシンクロが?


佐藤:CGの効果で、「マンガだ。けどドラマだ」って。「へのつっぱりはいらんですよ」は感動するけれど、その切り替えしの表情がちょっと面白いとか。

寺脇:1話の「ペガサス彗星拳」なんですけれど(会場笑)まずテストでやった時にはドラゴン紫龍っぽく「ペガサス彗星拳(カッコいい感じ)」って言ったんですけれど、監督が来て「星矢たちはみんな(設定では)14 歳なんですよ。だから14歳の少年がものすごく本気を出した言い方でお願いします」って言われて、14歳が本気を出すか…と考えて「ペガサス彗星拳(ややかわいい感じ)」(会場爆笑)。そんな役作りは初めてしましたので、印象に残っています。


Q.生駒さんにお聞きしたいのですが、50 周年ということで生駒さんが生まれる前や生まれた頃の作品もたくさん出てくると思うのですが、若い世代の視聴者にどういう風に楽しんでいただきたいか、お聞かせださい。

生駒:私も22歳なので、年齢的に言うとジャンプの作品を半分以上知らないのですが、台本を読んでいて「この作品もジャンプなんだ!」という新しい発見も多いです。なので、マスターや寺脇さんなどの昔のジャンプを読んでいた世代の方に「この作品はこういうものだよ」と教えてもらいながら撮影をしています。このドラマを家で見る時は、お父さんやおじいちゃんが昔の作品を教えつつ、リアルタイムで読んでいる私たちがお父さんやおじいちゃんに今の作品を教えるということができるんじゃないかと思うので、そういう楽しみ方を 3世代でやっていただきたいと思います。


<最後に…>
Q.伊藤さんから今後に向けての意気込みをお願い致します!

伊藤:本当にこんな愉快な仲間たちと撮影をしています。これは僕がいつも気にしているというか、意識していることではあるんですが、やっぱりどれだけ面白い作品であったり、魅力的な作品でもあっても、現場の空気とかみんなの近さとかっていうのに、微妙な距離を感じたりすると、なかなかいい作品に仕上げるのは難しいんじゃないかと僕は思っていて。今回特にそうなんですけど、素晴らしい役者さんと共にこんなに楽しい現場は無いなと思いながら、すごく毎日幸せにいい作品を作ろうという思いを持ちながら日々頑張っています。

このキャスト、スタッフの中のよさといものは、必ず作品にとってプラスになると僕は信じながら毎日やっています。そういうチームワークの良さも1話で十分感じることができましたし、これからどんどんどんどんみんなで仲良くなっていき、より面白い作品をみなさんに提供できるように、2018 年一発目の素晴らしいドラマをこのチーム、スタッフ、キャストでこれからどんどん作って行けたらいいなと思いますので、みなさん応援してください!


伊藤淳史がルフィ、生駒里奈はナルト「オー・マイ・ジャンプ!」豪華出演者コスプレ記者会見(1)


<番組概要>
【タイトル】ドラマ24 第50弾特別企画「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」
【番組HP】http://www.tv-tokyo.co.jp/oh_my_jump/
【放送日時】2018年1月12日(金)スタート!(毎週金曜深夜0時12分~放送)
【放送局】テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ 九州放送
※テレビ大阪のみ、毎週月曜 深夜0時12分放送
【出演】伊藤淳史(「電車男」「海猿」「チーム・バチスタ」シリーズ 「脳にスマホが埋められた!」ほか)、生駒里奈(乃木坂46)、馬場徹、栁俊太郎、斉木しげる、ケンドーコバヤシ、佐藤仁美、寺脇康文
【ナレーション】神谷明
【脚本】根本ノンジ、西条みつとし、横幕智裕、粟島瑞丸、守口悠介
【監督】三木康一郎、今泉力哉、青山貴洋、岸川正史
【音楽】林ゆうき、池田善樹
【オープニングテーマ】04 Limited Sazabys『My HERO』(日本コロムビア)
【エンディングテーマ】BLUE ENCOUNT『灯せ』(Ki/oon Music)
【チーフプロデューサー】浅野太(テレビ東京)
【プロデューサー】阿部真士(テレビ東京)、橘康仁・堀英樹(ドリマックス・テレビジョン)
【制作】テレビ東京、ドリマックステレビジョン
【製作著作】「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
【あらすじ】
かつてヒーローに憧れていた営業マンの月山浩史(伊藤淳史)は、今ではことなかれ主義の、面倒を避ける大人になっていた。ある日、後輩の女子があからさまなセクハラを上司から受けているのを目撃するが、自分に出来ることは何もないと、見て見ぬフリをしてその場から逃げてしまう。そんな浩史の前に現れた謎の男。彼に連れられて行ったのが、彼氏いない歴20年の女子大生(生駒里奈(乃木坂46))、パクる才能しかない漫画家の卵(栁俊太郎)、婚活中のコスプレ大好き女医(佐藤仁美)、いつもダンディな金融マン(寺脇康文)などが集う秘密クラブ『オー・マイ・ジャンプ!』。



謎の男・土田跳躍(斉木しげる)は、そこのオーナーで、彼による厳しい条件をクリアした者だけが会員資格を与えられ、会員になった者は「1日1回、ヒーローらしいことをする」というルールが課せられるらしい。そこで語られる『キン肉マン』の秘話。強烈すぎるメンバーたちが語る『ジャンプあるある』。「いったい、ここは、なんなんだ…」呆然としたまま店を出る浩史。



憎たらしい上司の後輩女子へのセクハラは一向に止む気配はなく、むしろエスカレートする。助けたい気持ちはある。だが、助ければ目をつけられる…。葛藤する浩史の背中を押したのは、またも訪れた秘密クラブ『オー・マイ・ジャンプ!』のメンバーたちが語る激アツな『ジャンプにまつわるストーリー』だった。

そして遂に上司と対峙する浩史。目には炎が宿る。大切な仲間を守るため…『キン肉マン』よろしく、火事場のクソ力を出す浩史!遂に後輩の女子を憎き上司から救い出し、ヒーローへの一歩を踏み出した浩史だったが、それはやがてくる地球規模の災いに巻き込まれる序章に過ぎなかった…。悩みや葛藤を抱えながら生きる登場人物たちが、ひとり、またひとり、ヒーローとして覚醒し、やがてジャンプを愛する7人のヒーローが、少年ジャンプを守り、地球を守るために戦う!?

関連サイトはコチラ