テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年01月22日

竹野内豊、テレビ東京ドラマ初主演!2018年春、本城雅人原作のドラマ「ミッドナイト・ジャーナル」放送決定!

世間を震撼させた連続誘拐殺人事件。犯人は捕まり、事件は解決したかに思えた。しかし・・・事件は終わっていなかった。
世紀の大誤報、警察と新聞社の攻防、立ちはだかる組織の壁。このドラマは、様々な障害を乗り越え、今世紀最大の凶悪事件の「7年越しの真実」に挑もうとする事件記者たちの奮闘物語である。

テレビ東京では、2018年春にテレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」を放送することを決定いたしました。

主演を務めるのは、テレビ東京のドラマ初出演となる竹野内豊。家族も子どもも失った「仕事命」の不器用な男、新聞記者・関口豪太郎を演じます。また竹野内は本作での主演により、在京キー局放送ドラマの主演をすべて制覇することとなります。

これまで数々の人気ドラマや映画に出演し、幅広い役を演じてきた竹野内が、新聞記者役を演じるのはこれが初!誤報を打ち、飛ばされるも7年越しで真実を追い求める新聞記者をどう演じるのか、どうぞご期待ください。

原作は、本城雅人の『ミッドナイト・ジャーナル』。2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となり、同作でサムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。代表作に『嗤うエース』『シューメーカーの足音』『トリダシ』などがあり、第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本作は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品です。また、本城作品を映像化するのは今作が初めてとなります。

ネットニュースが溢れる今、新聞が存在する意義は何か。取材対象に逃げられ、世間から疎まれ、昼夜を問わずネタを追う記者たちの熱意は報われるのか。

自らの意志を突き通すことの難しさと素晴らしさ。このドラマは、誤報を打ち飛ばされた事件記者たちが、7年越しで凶悪連続誘拐事件の犯人を追いつめるため、真実を求めて奮闘するサスペンスエンターテインメントです。
脇を固める豪華なキャスト陣は後日発表いたします。

【主演・竹野内豊 コメント】
テレビ東京のドラマに出演するのは初めてですが、いつも、何かを考えさせられる挑戦的な作品を数多く創られている印象がありました。そこに私も参加させて頂けた事はとても光栄なことです。

脚本は、本城雅人さんの原作『ミッドナイト・ジャーナル』を元に一部脚色を加え、演出は佐々部清監督がメガホンをとり、真実と偽りとが交錯する物語の中で、職務を全うする人、職務を越え、自分の歩む道を貫き通そうとする人、様々な人間の温度差が、個性豊かなキャストの方々で映し出されています。どうぞ最後までご覧ください!

【原作者・本城雅人 コメント】
撮影の一部を拝見しましたが、竹野内豊さんの迫力のある太い声に豪太郎の叫びが聞こえてきました。
この物語は僕が現役の記者時代からずっと構想を練ってきた、力をこめて書いた作品です。まるで映画のような豪華なキャスト、スタッフで作られたドラマの中の記者たちが、どれだけの熱い気持ちを共有し、団結して困難な事件に挑むのか、放送日が楽しみでなりません。

◆プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京 制作局 ドラマ制作部)コメント
新聞記者というと視聴者の皆さんはどんなイメージを浮かべるだろうか。スクープやネタをひたすら追い求める。「ウォッチ・ドッグ」として権力を叩く。どちらにしてもジャーナリズムを大上段に構えた職業とイメージする方が多いのではないだろうか。

このドラマの主人公・関口豪太郎は全く違う。正直、人からどう見られようが気にしない。しかし、「人の命」には拘る。刑事でもないが、取材をして記事を書くことで人の命を救おうとするのである。そのやり方は、武骨で不器用だ。一本気で信じたことしかやらない。だから周りと衝突する。でも諦めない。

日本の俳優でそんな「不器用な役」をやらせたら竹野内豊の右に出るものはいない。私はそう確信している。
お会いしてみて、実際の竹野内さんもとても真っすぐな性格だと感じた。仕事に対する姿勢は真摯で、監督に「ヨーイ、スタート!」と言われる直前まで、いかに関口豪太郎に魂を移し込もうかとセリフを咀嚼し続けているような人だった。そしてとにかくその不器用さがカッコいいのだ。女性の目には、かわいらしくも映るに違いない。
竹野内マジックなのか、撮影された映像はどれもみごとに「人間・関口豪太郎」に仕上がっていたから驚きだ!

情報化、デジタル化、効率化が叫ばれる現代社会の片隅に、こういった「不器用」で「実直」な人がいて、その地道な努力の積み重ねが、実は物事を大きく動かしてゆくのだろう。視聴者の皆さんはこのドラマを見て、それを体感することだろう。

この後も続報で、竹野内さん演じる豪太郎と共に誘拐犯を追う記者メンバーの「驚くようなキャスト」を発表してゆく。楽しみにお待ち頂きたい。

【あらすじ】
「被害者の女児は死亡」――中央新聞の記者・関口豪太郎(竹野内豊)と藤瀬祐里は、世間を震撼させた連続誘拐殺人事件で世紀の大誤報を打ち、豪太郎は支社に飛ばされ、祐里は遊軍にされてしまった。

凶悪事件から7年、豪太郎はさいたま支局にいた。「読者が望んでいるのは真実をより早く、正しく伝えること。それがジャーナルだ」という口癖で新人記者・岡田昇太を叱責しながら、粛々と事件を追い続ける毎日だった。

そんな折、女児が誘拐される事件が発生。豪太郎は7年前の連続誘拐殺人事件との関連性を疑う。
事件当時、豪太郎たちは「犯人2人説」を主張していた。「事件にはやはり共犯者がいて、7年前に逃げきった共犯者が、今回、再び事件を起こしているのではないだろうか・・・」。豪太郎は本社の元上司、社会部部長の外山に記事にしてくれるように掛け合うが取り合ってくれない。そんな中、本社から応援に駆け付けたのは、祐里だった。

豪太郎は、祐里、岡田と一緒に連続誘拐殺人事件の真実に迫るべく、調査を始める。

「スクープにこだわってるんじゃない、人の命にこだわってるんだ!」。

ネットニュースが蔓延する今、新聞記者としての誇りを胸に、事件記者たちが様々な障壁を乗り越え、7年越しの真実に近付いてゆく…。

≪番組概要≫
【番組名】テレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」
【原作】本城雅人 『ミッドナイト・ジャーナル』 (講談社文庫刊)
【放送予定】2018年春
【主演】竹野内豊
【監督】佐々部清(「告知せず」映画「陽はまた昇る」映画「半落ち」ほか)
【脚本】羽原大介(「ダブルフェイス」「とんび」「マッサン」ほか)
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京)、元信克則(ユニオン映画)、岡本慶章(ユニオン映画)
【制作協力】ユニオン映画
【製作著作】テレビ東京
【同時放送】テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送 (予定)