テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年01月22日

頭の先から足の先まで何でもOK…スーパードクターがミャンマーを救う!?「未来世紀ジパング」

未来世紀ジパング【世界を救う日本の医療! 第三弾】
2018年1月22日(月)22:00~22:54

日本のスゴ腕医師が世界の人々を救う!今回はタイで急増する心臓病患者を救う心臓外科医や、ミャンマーで無償で医療活動をする医師に密着。また「富山の置き薬」がタイに!?



日本のスゴ腕医師が、世界の人々を救う、人気企画の第三弾。
今回は、タイで急増する心臓病患者を救う日本屈指の心臓外科医や日本で資金を集め、ミャンマーで、無償で医療活動をする医師に密着。また、江戸時代からあると言われる「富山の置き薬」がタイの無医村を救っている様子を取材。



<スゴ腕外科医がタイで急増する心臓病患者を救う!>
経済が発展し豊かになったためか、タイではこのところ心臓病の患者が急増している。そんなタイに、日本屈指の心臓外科医、東京女子医大の新浪博士医師が出向き、重度の狭心症患者を手術する。

心臓外科医の数は、日本の約10分の1、設備も医師の腕もまだまだというのがタイの現状。新浪医師は、最新の医療機器を使わない“ローテク”で手術をしていく。何故かというと・・・「患者に負担をかけないため」だという。しかし、その新浪医師のその技術がすごかった。タイ人医師たちも感心するばかり。




<頭の先から足の先まで何でもOK・・・スーパードクターがミャンマーを救う>
民主化されたが、医療の分野においては後進国のミャンマー。そんな国に、月に1度訪ね、無償で医療支援を続ける医師がいる。それが、フリーランスの吉岡秀人医師。今回、4日間の訪問でなんと76件もの手術をした。日本からやって来るスーパードクターを、ミャンマーの人たちは首を長くして待っているそんな状況が続いていた。



<日本のあのシステムがタイの田舎町を救う!>
家庭に薬箱を置き、使った分だけを補充、その代金を徴収する。江戸時代からあると言われる「富山の置き薬」のシステムが、タイでも行われていた。薬局や病院がない地域がまだまだ多い、タイの地方で「富山の置き薬」のシステムが有効だと導入されていたのだ。それでは、タイの人たちはどんな薬をよく使うのかというと・・・日本とは全く違うものばかりだった。


出演者
【MC】
内田恭子、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【沸騰ナビゲーター】山口義行(立教大学名誉教授)
【ゲスト】ジョナサン・ソーブル(ジャーナリスト)、坂下千里子、大宮エリー(作家)

【公式ホームページ】
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

関連サイトはコチラ