テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年09月11日

主演・寺島進に加えて、黒木瞳をはじめ、北村有起哉、市毛良枝、笛木優子、鈴之助などスペシャルドラマを彩った豪華キャストが再結集!!金曜8時のドラマ「駐在刑事」


テレビ東京では10月クール金曜8時のドラマ「駐在刑事」を10月19日(金)から初回2時間SPで放送致します。主演は地上波連続ドラマ初主演となる寺島進。かつて警視庁捜査一課の敏腕刑事、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史を演じます。

そしてこの度、シリーズの人気を支えてきた豪華キャスト陣の連続ドラマ「駐在刑事」レギュラー出演を発表させて頂きます。

シリーズを通して登場してきた江波の天敵で警視庁捜査一課の管理官・加倉井国広役に北村有起哉、奥多摩の水根旅館の女将をつとめる池原美也子役に市毛良枝、山岳ガイドをしつつ今回美也子に誘われお休み処「みやこ」の女将を務めることになった内田遼子役に笛木優子、そんな遼子に恋心を抱く山岳ガイドで水根旅館の跡取り息子・池原孝夫役に鈴之助と、シリーズお馴染みの豪華キャストが連ドラ版「駐在刑事」にも出演します。

さらに前回2017年10月に放送されたスペシャルドラマで警視庁捜査二課の理事官として登場し、強烈な印象を残した緒方綾乃役を黒木瞳が演じます。
今回綾乃は奥多摩署の署長として再び江波の前に姿を現すことに…その思惑とはいったい何なのか?

連続ドラマでもシリーズの世界観を踏襲し、『奥多摩・水根の人々とのほっこりエピソード』と『捜査一課が追うシリアスな殺人事件』、『奥多摩の自然を活かした大胆な殺人トリック』を組み合わせスリリングに物語は展開。

さらに、江波の「正義」とぶつかる登場人物たちも新たに続々登場予定です。いったい、最大の敵は誰なのか?そして江波が巻き込まれる巨大な力とは…。駐在・江波が汗を流し奔走するヒューマンサスペンスをお楽しみに。

<キャスト紹介・コメント>
◆緒方綾乃・・・黒木瞳
元警視庁捜査二課の理事官で今回奥多摩署の署長として水根に戻ってきた。
かつて江波を「潰す」と言い放ったが、奥多摩に来た本当の理由はいったい…。言動に謎が多く、不気味なほどミステリアス。

【コメント】連続ドラマになるということで実は寺島さんから「よろしくね!」とメールがありました(笑)すごく熱意を感じましたね。また“チーム駐在刑事”で団結していきたいと思います!前回のスペシャルドラマを楽しくやらせていただいて、どういう風な形で作品に絡んでいけるのか楽しみにしていたんですけど、まさか奥多摩署の署長として登場するとは思ってもなかったです。

綾乃は(寺島さん演じる)江波と対立する役柄なのでそこは今後確執が雪解けるのかもしれないですし、そうでないかもしれないですし。もしかしたら恋に落ちたりするかもしれませんね(笑)そこが連続ドラマの楽しみにもなるところだと思うのでサスペンス要素だけではなくて江波と綾乃の関係性も楽しみにしていただきたいと思います。

今回、綾乃は非常に大きな悩みと葛藤を抱えています。綾乃の警察官としての正義感とか責任感だけでなく、綾乃本来の人間としての喜びや悲しみ、怒りといったものも今回は出せると思うのでそういったところを面白く表現していきたいなと思います。あと、ドラマが持つ奥多摩の自然も見ていただきつつ、綾乃の衣装にも注目してほしいですね!たくさんのカッコいい衣装が多いので(笑)


◆加倉井国広・・・北村有起哉
主人公、江波の天敵で警視庁捜査一課の管理官。
一人を守るために奮闘する江波とは異なり、警察の「組織」としての役割を大切にする。冷静沈着。

【コメント】これまでと同じ制作チームでお祭りのような明るい現場なので、そのままの勢いで突っ走っていきたいなと思います!スペシャルドラマを5本やらせていただいて連続ドラマになった経験は初めてなので、素直にうれしい気持ちよりも兜の緒を締めなおすような気持ちの方が大きかったです。

(寺島さん演じる)江波という少し砕けた駐在さんと奥多摩の大自然を背景に描かれているところもこのドラマならではのポイントだと思いますし、これまでのスペシャルドラマでは犯人が大自然を活かしたアリバイ作りをしていたりするのでそうくるか!と驚くようなこともありましたね(笑)

そのアリバイを崩すために同じことを寺島さんが挑戦していたので他とは違う刑事ドラマだと思います。僕的には、寺島さんと敵対する役なので毎回ガチンコで熱いセリフをぶつけ合いながら芝居をさせていただけることは楽しみにしていますし、見てくださる方にもそこを楽しんでいただけたらと思います。


◆池原美也子・・・市毛良枝
奥多摩の老舗・水根旅館の女将。
何かと江波のことを気にかけ、惣菜のお裾分けを駐在に持ってきたりする。また、江波に犯人逮捕の“ヒント”を与えることも。

【コメント】連ドラ化決定を聞いて「まさに!」「ついに!」「やったね!」と皆で大喜びでした。私は山が好きなので奥多摩という舞台がなじんだ場所ですし、ちょっと下町人情みのあるストーリーが大好きなドラマです。そして駐在さんが面白い人。

駐在さんの個性と周りの人たちのハチャメチャな感じが大好きです。シリーズを通してのレギュラーの登場人物もきっちりして完璧というキャラではなくて、なんとなくずれているところがあって、でもなんとなく温かい、というキャラクターばかり。

そんな温かみも長くシリーズが続いてきた秘訣だと思います。キャスト・スタッフともに長くずっとこのシリーズをやってきていて、皆さんが引き継いできたものをまだまだこれからも続けていければと思います。皆様に見ていただけると嬉しいです。


◆内田遼子・・・笛木優子
山岳ガイド。美也子に誘われて水根旅館の休み処の女将も務めることに。図書館司書の資格も持っているため、江波の推理を助けることもある。

【コメント】連ドラ化はすごくうれしかったです。駐在刑事一番の魅力は、江波さんの人情味あふれる人柄。いろんな傷や奥に秘めた部分もある。また、周りにいる人たちの温かさと、奥多摩の情景、素晴らしい自然の魅力もあります。

そうしたいろんないい要素が合わさって視聴者の皆さんの胸に届いて連ドラ化できたのかなと思います。撮影で大自然の中にいられることも嬉しいですし、豪華な先輩キャストの方々とご一緒できることも嬉しいですし、いろんな伏線や新たなストーリーが生まれて、パワーアップして面白くなるんじゃないかなと期待しています。

(鈴之助さん演じる孝夫くんとの関係に進展は?)そこは照れますね(笑)期待しないで…(笑)孝夫くんとも長くなったので何かあったらいいですね。そもそもアリなのか、ナシなのか。新しいメンバーが加わって心境の変化もあるかもしれないですね。狭い世界での話ですからね(笑)


◆池原孝夫・・・鈴之助
山岳ガイド。水根旅館の跡取り息子。
水根の自然を守るために、時に熱くなることも。
江波と共に殺人トリックを暴くために体を張る。

【コメント】連続ドラマになり本当に嬉しかったです!たくさんの方にご支持いただいているおかげだなと思います。このドラマの良さを一言でいうと〈オーガニック〉な良さだと思うんです。

普段生活しているとSNSや機械を通して誰かと繋がったりして、周りの人がそばにいるように思うけど本当の人の温かみをなかなか感じられることが少なくなってきたと思うんです。でも、このドラマを見て人の温かみや、水根の自然を感じられたりと皆さんがそれを心地よく受け入れてくださってるのではないかなと思います。

この「駐在刑事」の見どころは主人公の江波が犯人を捕まえるために山に登ったり川を下ったり…みんなと同じ目線に立ったり、同じ苦労をして泥臭く事件を解決していくところを見てほしいですし、僕が演じる孝夫はほっこりさせるのが仕事だと思うので孝夫なりの“ほっこりはん”を皆さんに見てもらいたいです!


【番組概要】
■タイトル:金曜8時のドラマ 「駐在刑事」
■放送日:2018年10月19日スタート(初回2時間スペシャル) 毎週金曜8時放送
■出演:寺島進 北村有起哉 市毛良枝 笛木優子 鈴之助 黒木瞳
■監督: 皆元洋之助 小林義則 鈴木統
■脚本: 田子明弘 入江信吾
■音楽: 諸橋邦行
■チーフプロデューサー: 濱谷晃一(テレビ東京)
■プロデューサー: 阿部真士(テレビ東京)、元村次宏(東通企画)
■製作:テレビ東京/東通企画
■原作:笹本稜平 「駐在刑事」 「駐在刑事 尾根を渡る風」
(共に講談社文庫)



関連サイトはコチラ