テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年10月11日

1話に瀧本美織、松田悟志、2話にマギー、3話に岩松了、中島亜梨沙が登場決定!「駐在刑事」


テレビ東京では10月クール金曜8時のドラマ「駐在刑事」を10月19日(金)から初回2時間SPで放送致します。主演は地上波連続ドラマ初主演となる寺島進。かつて警視庁捜査一課の敏腕刑事、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史を演じます。

そしてこの度、「駐在刑事」に1話、2話、3話にゲスト出演することが決まった出演者を発表させて頂きます。

1話のゲストには、奥多摩にある水根診療所の看護師として勤務している恩田ゆり子役に瀧本美織、ゆり子と一緒に水根診療所に勤務し奥多摩の住人に慕われている医師、松永吾郎役に松田悟志、2話のゲストには奥多摩のホームセンターで1人息子の陽平が誘拐されてしまう父親、田所孝一役にマギー、3話のゲストには奥多摩出身の女優で地元の奥多摩にトークショーの為にやってきた、神月沙代役に元宝塚女優の中島亜梨沙、沙代を高校時代の演劇部で指導していた元高校教師、山上美智男役に岩松了と、個性豊かなキャストが出演し連ドラ版「駐在刑事」を更にスケールアップします。

寺島進をはじめ豪華顔ぶれが出演し『奥多摩・水根の人々とのほっこりエピソード』と『捜査一課が追うシリアスな殺人事件』、『奥多摩の自然を活かした大胆な殺人トリック』を組み合わせスリリングに物語が展開していく駐在刑事。

物語の終盤、止むに止まれぬ罪を犯した人に対して主人公・江波が投げかける「また水根に戻ってきてください。皆、あなたたちの帰りを待っています」という決め台詞を効果的に、かつ、作品のテーマを明確にするのが山崎まさよしの手掛けた主題歌「アイムホーム」。第1話では、山崎の歌い上げる曲と寺島進が流す涙が相まり、劇的で感動的なシーンを作り上げました。是非、お楽しみください。

<キャスト紹介・コメント>
◆恩田ゆり子・・・瀧本美織

水根診療所に勤務する看護師。
医師の松永と二人三脚で水根の住民たちを診療する。
お互い独身で良い雰囲気が漂うが…。


【コメント】
「駐在刑事」に出演することが決まり、寺島さんはじめ出演者の皆さんが豪華で、いろいろな共演者の方と絡めるのかなとワクワクしました。奥多摩の自然の中でのお芝居は開放的でとても気持ちいいです。虫に気をつけつつ、みんなで楽しく撮影できました。

寺島さんは一緒にお芝居させていただいて、「瞳がすごく綺麗だね」と言っていただけて嬉しかったです。寺島さんもまっすぐな瞳が印象的で、どんなことも受け止めてくれる懐の深さが滲み出ていて身近にこんな駐在さんいてくれたらなぁと思ってしまいます。撮影の合間もとても優しくてお話してくださって楽しかったです。

寺島さん演じる江波は町に一人、こんな駐在さんいてくれたら安心だな、とか何でも相談してしまいそうだな~と思わせてくれる懐の深い駐在さんです。奥多摩の美しい自然も映像で感じてもらいながら、そんな身近なところで起こる事件にドキッとさせられると思います。皆さんにもぜひ推理していただきたいです!

◆松永吾郎・・・松田悟志
水根診療所に勤務する医師。
住民に慕われ、絶大な信頼を得ている。看護師のゆり子との関係にある秘密が・・・。


【コメント】
スペシャルドラマとして大人気シリーズの『駐在刑事』の連ドラ第1話に出演させていただくということで、本当に光栄に思いました。この作品の世界に入って行くことにワクワクしています。奥多摩は本当に東京都とは思えない大自然で、空気は美味しいし、景色は美しいし。

僕は登山が好きなので撮影時はいつも「綺麗だなぁ、登りたいなぁ」と思っていました。僕の演じる、松永は町のみんなに慕われている、という意味で駐在さんと同じように水根の町と人にとって必要不可欠な人だと思います。ただ、やはり「水根に来た理由」というのが彼にもあって、それが今回のドラマに関わって来ます。

医療に大切に接していて、町の人にまっすぐ向き合う素敵な町医者になれるように「こんな先生だったら嬉しいな」と考えながら演じました。人のあたたかさに触れられるとても素敵なドラマになっています。駐在さんの情熱に心が溶かされて行きますよ。水根の町と、水根診療所のこともどうぞよろしくお願いします。

◆田所孝一・・・マギー
陽平の父親。大手電機メーカーの技術者。プロジェクトチームのリーダーとして半導体の研究に携わり、特許技術を取得した


【コメント】
初秋の奥多摩ロケはマイナスイオンがいっぱいでした。撮影の合間に自転車にまたがって佇む寺島先輩の駐在さん姿は、一枚の風景画のように素敵でした。この作品に参加できて光栄です!

◆山上美智男・・・岩松了
元高校教師。沙代が高校生時代に演劇部で指導していた。当時、徹底的に追い込む熱血指導が有名だった。


【コメント】
今回、「駐在刑事」に出演する話を聞いて寺島さんが駐在さんを演じるということで本当にピッタリだなと思いましたし皆さんにも是非見てほしいなと思いましたね。僕が演じる山上は割と特徴のある人物だなという印象を受けたのですが、演劇部の先生役とのことで実際に自分とシンクロするところもあるなと思いましたね。

僕自身サスペンスものに出演することがあまりなく、もしかしたら事件のカギを握っているかもしれないような人物を演じるのは経験がないのでそういう意味では新しいことに挑戦している気持ちでした。奥多摩には以前も撮影で来たことがあるですが、やはり遠いなーと思いましたね(笑)でも、これからの季節は本当に風景も良くなっていくのでそこも注目してこの作品をご覧頂ければと思います。

◆神月沙代(こうづきさよ)・・・中島亜梨沙
奥多摩出身の人気女優。遼子とは高校時代の同級生で奥多摩にはトークショーのために訪れる。元旦那は不祥事で世間をにぎわす会社の社長。


【コメント】
沢山の方々に愛されてきた「駐在刑事」シリーズに出演させて頂けてとても光栄に思いました!私が演じる沙代は不器用でまっすぐで人は誰しも役割を演じている面があると思いますが、沙代は一生懸命女優としての仮面をかぶり続けている女性です。

撮影している現場は皆さんの団結力が強くて、主演の寺島さんが江波と同じで熱く人情のある方だからこそだとひしひしと実感しました。東京に住んで7年ほど経ちますが、奥多摩にはこのドラマの撮影で初めて訪れたのですが、東京のイメージが変わるほどの大自然に北海道出身の私としては毎回癒されています(笑)今までのシリーズのファンの方も今回初めてご覧になる方も楽しんで頂けると思いますので、ぜひご期待ください!

<番組概要>
寺島進、連ドラ初主演!元捜査一課刑事で奥多摩の駐在さん江波敦史の活躍を描く人気シリーズが連ドラ化!江波と因縁深い緒方綾乃(黒木瞳)がなぜか奥多摩署長として着任!?

【10月19日(金)第1話あらすじ】
奥多摩に駐在する警察官・江波(寺島進)は元警視庁捜査一課の敏腕刑事。取り調べ中の女性が服毒自殺し、左遷されて5年。今や「駐在さん」としてすっかり地域に馴染んでいた。ある日、水根診療所の医師・松永(松田悟志)から、看護師のゆり子(瀧本美織)が登山中に捻挫したと連絡が入る。翌朝、山岳ガイドの孝夫(鈴之助)と救助に向かった江波は下山途中、土木作業員の中西が胸から血を流して死んでいるのを発見する。

中西はリニア新幹線の残土処分場を巡り、前日に孝夫と口論になっていた。さらに中西の同僚・氷川も殺害され、診療所から2人を刺した凶器が発見される。だが、松永は犯行を否認する。松永には中西が殺された時間帯、ゆり子と登山中というアリバイがあった。

一方、奥多摩署の新署長に、警視庁捜査二課から綾乃(黒木瞳)が着任。綾乃は、江波が取り調べ中に自殺した女性の姉。「あなたを潰すために来た」と江波に微笑む!

【番組概要】
■タイトル:金曜8時のドラマ「駐在刑事」
■放送日:2018年10月19日スタート(初回2時間スペシャル) 毎週金曜8時放送
■出演:寺島進 北村有起哉 笛木優子 佐藤寛太 鈴之助 山口まゆ ・ 伊東四朗(特別出演) 長谷川朝晴 眞島秀和 市毛良枝 黒木瞳
■ゲスト: 1話ゲスト 瀧本美織 松田悟志 2話ゲスト マギー 3話ゲスト 岩松了 中島亜梨沙
■監督: 皆元洋之助 小林義則(共同テレビ) 鈴木統
■脚本: 田子明弘 入江信吾
■音楽: 諸橋邦行
■主題歌:山崎まさよし「アイムホーム」 (EMI Records)
■チーフプロデューサー: 濱谷晃一(テレビ東京)
■プロデューサー: 阿部真士(テレビ東京)、元村次宏(東通企画)
■製作:テレビ東京/東通企画
■原作:笹本稜平 「駐在刑事」 「駐在刑事 尾根を渡る風」
(共に講談社文庫)


関連サイトはコチラ