メニュー

テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

link_url
2017年08月14日

ミスタードラゴンズ立浪和義、俳優デビュー!バッティングの極意を飯豊まりえに伝授!?【土曜ドラマ24 居酒屋ふじ】

永山絢斗&大森南朋がW主演し、多くの超豪華本人役ゲストの登場やお笑い芸人・鉄拳の劇中イラスト、「あまちゃん」メインテーマで有名な大友良英が担当する劇中音楽、そして「語り」の木梨憲武など、みどころ満載で話題沸騰中の『土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」』(テレビ東京系/毎週土曜深夜0時20分放送中)。
本日は、新たな本人役ゲストを発表致します!!

元プロ野球選手で、現在は日本テレビ所属の野球解説者および中日スポーツ・東京中日スポーツの野球評論家である“ミスタードラゴンズ”立浪和義氏が、第8話(8月26日放送)に本人役で出演致します!
もちろん、ドラマ初出演!立浪氏は、実際の「ふじ」の常連客で、今は亡き“おやじ”と親交が深く、現役時代、東京で試合がある時は必ず1度はお店に顔を出しており、お店には立浪氏が2003年7月5日に達成した日本プロ野球史上30人目となる通算2000本安打の記念バットが飾られています。
“おやじ”と現役時代の立浪氏が交わした約束…このバットに秘められた想いとは!?
おなじみ鉄拳の泣けるイラストで蘇ります!

自身とゆかりのある「ふじ」が舞台のドラマであり、且つ本人役という事で出演を決めた立浪氏ですが、アドリブにも対応できる演技力は、現場のスタッフも驚くほど!
これまでプロ野球選手としてはもちろん、野球解説者・野球評論家としてもテレビ出演の経験が豊富な立浪氏の演技はいかに!?
是非、永久保存版としてお楽しみ下さい!!

◆立浪和義 コメント
ドラマ撮影現場に入る日は、正直大丈夫かな?と思っていたのですが、共演者の皆さんが優しくて、やりやすい環境を作って頂いたので楽しくできました。
野球をやめてからはテレビの仕事は多いですが、ドラマは初めてなので緊張しました。「ふじ」には、東京で試合の時は必ず1回は寄らせて頂いて食事をするのが楽しみでしたね。
実在の「ふじ」に僕の2000本安打記念バットを飾って頂いてるんですが、あと3本で2000本という時に「ふじ」のお父さんに「明日打ってきます」と約束して店を出たんです。
約束したからには絶対今日決めてやろうと思って、それが本当に実現できたので良かったなと思います。



■【倉地雄大(テレビ東京 制作局ドラマ部)プロデューサーコメント】
栗山圭介さんの原作にも描かれている立浪さんとふじの“おやじ”さんのエピソード。数ページにも限らず、思わず涙してしまう、感涙必至のストーリーでした。
お店に行く度に、一角に控えめに置いてあり、かつ抜群の存在感をはなつ2000本安打のバットを見ながら、数ある“おやじ”さんのエピソードの中でも、絶対にこれをドラマに入れ込みたい!と思っていました。今回、ドラマ初挑戦の立浪さんですが、永山さん大森さんを始め出演者・スタッフ一同びっくりするほど、流暢なアドリブを差し込んで頂きました。
また、“二塁打の神様”の伝説のスイングを、ドラマ本編内でも披露していただきます!
ドラマ「居酒屋ふじ」でしか見られない立浪さん、とても貴重です!ぜひご注目ください!

8月14日午後2時より「居酒屋ふじ」公式Twitterにて、立浪和義コメント動画配信!
URL:https://twitter.com/tx_izakaya_fuji
アカウント:@tx_izakaya_fuji

◆あらすじ(8月26日放送 第8話)
西尾栄一(永山絢斗)は、手塚とおるが演出する舞台の主役に抜擢される。長らく手塚が温めてきた作品で、内容は男性同士の恋愛を描いたボーイズラブもの。相手役を演じる手塚とのラブシーンもあるが、いまだ戸惑いを隠せず躊躇してしまっていた。
そんな様子を見た大森南朋は、役に入りきれていないからだと指摘。「この舞台をやりきる」という約束のもと、西尾の練習相手になる。ところがラブシーンの練習中、『居酒屋ふじ』に鯨井麻衣(飯豊まりえ)がやって来て…!さらになぜか元プロ野球選手のミスタードラゴンズ・立浪和義が現れ…。

フィクションとリアリティーが融合した人情味あふれるヒューマンドラマ!


本作は、「ふじ」に引き寄せられた、役者を目指しているのだが人生今イチパッとしない若者・西尾栄一(永山絢斗)が、大森南朋(本人役)をはじめ、実名で登場するお店の常連だった著名人から語られる言葉や、「ふじ」の“おやじ”が残した逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、ふたたび夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマです。
原作は、東京・中目黒に実在する店「居酒屋ふじ」の店主で、2014年に惜しまれながらもこの世を去ってしまった“おやじ”の半生を描いた同名小説『居酒屋ふじ』(講談社文庫)。
ドラマのセットは、「ふじ」の店内を本物そっくりに再現!また、ドラマに出てくる料理の数々は、常連たちが舌鼓を打った実際にお店で出している名物メニュー!こちらも、ご注目ください!
売れない役者の西尾(永山)を、「かつての自分を見ているようだ」と可愛がる本人役の大森。フィクションの中に散りばめられたリアリティーの存在が物語をさらに躍動させます!是非、ご期待ください!
東京、中目黒。上京して一人、役者の夢に向かいつつも立ち止まりそうになっていた西尾は、昭和が息づく小さな『居酒屋ふじ』で、常連客・大森南朋や先輩俳優と触れ合いながら、大切なことに気付かされていく……。

本作は、Amazonプライム・ビデオで放送1週間前から独占先行配信します。
Amazonプライム・ビデオはAmazonプライム会員向けの映像配信サービスです。

【番組概要】
番組名:土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』
主演:永山絢斗、大森南朋
出演:飯豊まりえ、立石涼子、諏訪太朗、平田敦子、中村元気、余貴美子・村上淳
ゲスト:篠原涼子、大杉漣、水川あさみ、椎名桔平、長山洋子、前田敦子、立浪和義、岸谷五朗 他
放送日時:毎週土曜 深夜0時20分~0時50分
放送局:テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
原作:栗山圭介『居酒屋ふじ』(講談社文庫)
音楽:大友良英
作画:鉄拳
脚本:根本ノンジ、山田あかね、粟島瑞丸、今西祐子
監督:長崎俊一、国本雅広、瀬野尾一
主題歌:斉藤和義「I'm a Dreamer」(Speedstar Records)
エンディングテーマ:月に吠える。「夜の雲」(Mastard Records)
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:倉地雄大(テレビ東京)、平体雄二(スタジオブルー)、中村恵子(スタジオブルー)
製作著作:テレビ東京/制作協力:スタジオブルー
番組HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/izakaya_fuji/

関連サイトはコチラ