毎日かあさん キャスト

小泉今日子(サイバラ リエコ) 売れっ子漫画家にして2児の母。その筆で家族を養っている。 1966年2月4日生まれ、神奈川県出身。16歳でアイドル歌手としてデビュー。その後、抜群のキャラクターと卓越したセンスで枠にとらわれない活躍をみせ、TVドラマや舞台、映画などでも圧倒的な魅力を放つ。気鋭の監督やクリエイターに出演を熱望されることも多く、時代を反映する話題作や数々の傑作に参加してきている。本作品で第66回毎日映画コンクール女優主演賞受賞。

永瀬正敏(カモシダ ユタカ) サイバラの夫。元戦場カメラマン。アルコール依存症と格闘中。 1966年7月15日生まれ、宮崎県出身。83年、デビュー作『ションベン・ライダー』(相米慎二監督)で一躍注目を浴び、その後着実に個性派俳優として地位を確立する。91年には『息子』(山田洋次監督)で日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、キネマ旬報賞、日刊スポーツ映画大賞にて助演男優賞を総なめにし、同監督の『学校Ⅱ』(96)と『誘拐』(97/大河原孝夫監督)で日本アカデミー賞助演男優賞を、そして『隠し剣 鬼の爪』(04/山田洋次監督)で同主演男優賞を受賞。本作品で第20回日本映画批評家大賞主演男優賞受賞。

矢部光祐(ブンジ) カモシダ・サイバラ夫妻の息子。予測不可能な言動でサイバラを悩ます。 2003年5月13日生まれ、埼玉県出身。07年に劇団に入団後、多くのCMに出演。09年のカルピス「カルピス 牛パク編」では長澤まさみと、10年のヤマキ「めんつゆ おいしい音編」では市川海老蔵と共演した。

小西舞優(フミ) カモシダ・サイバラ夫妻の娘。4歳にして女の武器を使う、おませな女の子。 2005年7月6日生まれ、東京都出身。08年にデビュー以降、CMやTVドラマに出演。

正司照枝(トシエ) サイバラの母。高知から上京して早5年。家事を手伝わされている。 1933年3月15日生まれ、北海道出身。3歳の頃より天才少女漫才師として活躍。1956年に姉の歌江と妹の花江と三姉妹で「かしまし娘」を結成。ギターと三味線を弾き、様々なジャンルの音楽を取り入れたトリオ漫才で一世を風靡する。81年のグループ活動休止後は、バラエティ・お笑い番組だけでなく、女優として、映画、TVドラマ、舞台と幅広く活躍している。

古田新太(ゴンゾ) カモシダ・サイバラ夫妻の共通の友人。編集者。 1965年12月3日生まれ、兵庫県出身。84年、劇団☆新感線に参加。以降、看板俳優として活躍する一方、映画、TVドラマ、バラエティ、ラジオDJ、エッセイ本の出版など、幅広くエンターテイナーとして人気を博す。

大森南朋(シマダ) サイバラの担当編集者。 1972年2月19日生まれ、東京都出身。93年のデビュー以来、数多くの映画に出演。2003年『ヴァイブレータ』(廣木隆一監督)での演技が絶賛され、キネマ旬報賞日本映画助演男優賞受賞。07年に主演し、映画化もされたNHKドラマ「ハゲタカ」、10年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」で人気を不動のものにする。

田畑智子(愛ちゃん) キレイ好きで几帳面、しかも優秀なサイバラのアシスタント。 1980年12月26日生まれ、京都府出身。93年に映画『お引越し』(相米慎二監督)でデビュー、毎日映画コンクールなどその年の映画新人賞を総なめにする。NHK朝の連続テレビ小説「私の青空」(00)ヒロイン役に抜擢以降、舞台やCMにも活躍の場を広げる。2004年には『隠し剣 鬼の爪』(山田洋次監督)と『血と骨』(崔洋一監督)で毎日映画コンクール女優助演賞ほか数々の賞を受賞。

©2011映画『毎日かあさん』製作委員会