トップメッセージ

代表取締役社長 小孫 茂
(株)テレビ東京と(株)BSジャパンを中核とするテレビ東京グループは新たな可能性を追求し挑戦を続けることが番組制作の本質であると考え、独自性のあるコンテンツづくりに真摯に取り組むことで「テレビ東京らしさ」と呼ばれる評価をいただいてまいりました。放送ビジネスは変革の中にありますが、この基本姿勢が成長に向けた要諦であると信じ、グループ社員一丸となる所存でございます。
「2017中期経営計画」では、テレビ東京グループが次代を担うコンテンツの制作・発信者であり続けるために、「地上波放送、BS放送、インターネット配信の一体的な運用」を戦略の柱にしました。もちろん最大の課題は地上波とBS波という放送番組力の向上ですが、それに加えて急速に普及し始めたインターネットによる映像配信事業も力とし、コンテンツ価値の最大化を目指す取り組みです。映像番組があらゆる機器や環境で視聴可能となり、インターネット配信には放送界以外から多くの事業者が参入し、異業種間競争が激しくなっております。こうした新たな波を積極的に我がものとすることで荒波を乗り越えてまいりたいと考えております。
「4K」などの新技術も積極的に導入し、“いつでもどこでも楽しめる”身近なメディアとして視聴者の皆様に豊かな時間を提供してまいります。テレビ東京グループは2016年11月に六本木新本社への移転を完了し、そうした最新技術を駆使できる基盤も整えることができました。視聴者の皆様のご信頼とご期待に応えてまいりますので、引き続き変わらぬご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申しあげます。
代表取締役社長 小孫 茂

このページの先頭へ