スタジオお宝データ 2011年8月30日放送

名前
笠松紫浪の版画
鑑定依頼人
服部孝泰さん
ジャンル
浮世絵・版画
鑑定士
渡邊章一郎
本人評価額
¥ 1,500,000
エピソード
服部さんは、以前、保険代理店に勤める会社員だったが、30歳の頃、株とパチンコで大儲けし、普通のサラリーマンが一生かかっても手にできない程の収入があった。どうせあぶく銭だと思い、毎日豪遊していたためすっかり浪費癖がついてしまった。
そして55歳の時、急に絵が欲しくなり退職金で次々と購入した。総額2000万円を使い、退職金はすべてなくなってしまった。最近、そのことが妻にばれ、現在離婚を迫られている。
今回のお宝は、買った絵の中で一番自信があるもの。名品であることを証明し、妻に離婚を考え直してもらいたい!
鑑定額
¥ 10,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

確かに笠松の「雪の松島」の本物には違いないが、いわゆる「後刷り」と呼ばれる物。この図柄は大変人気があり、何回も刷り増しをした。年号が削られているので後刷りとわかる。現在、新版画というジャンルは「浮世絵のルネッサンス」などと言われ評判になっており、笠松の作品もこれからますます人気が上がっていくと思われるが、依頼品は残念ながら現在でも版元の芸艸堂で1万円で売られている後刷りなので、その値段に合せるしかない。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2011年8月30日放送

2011年8月30日

ゲストは落語家の柳家花緑。落語界のエリートが代々伝わるお宝を持ってスタジオにやって来る!一般鑑定には鑑定士も「初めて見た」という珍品が登場!
【ゲスト】柳家花緑

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら