スタジオお宝データ 2012年6月5日放送

名前
宮川香山作 鶉の置物
鑑定依頼人
桒原正典さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
中島誠之助
本人評価額
¥ 1,000,000
エピソード
30年程前、顔なじみの骨董商とすすきので飲んでいた際、酔った勢いでその人の店を訪ねた所このお宝を見せられた。値段は20万円とのことで頭金を5万円払い翌日再び店を訪ねた。しかし骨董商は「覚えていない。
本来は50万円はするので、売れない」と言う。すると、骨董商の奥さんが昨日のやり取りを聞いており「20万円と言ったのだから売りなさい」と言ってくれたため、買うことが出来た。
鑑定額
¥ 1,600,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

いい仕事の作品。鶉のつがいが香山独特の技法で仕上げてあり、羽は触るとふわっとしそうで、地面の小砂利も本物と見まごうようなリアリティに満ちている。輸出一辺倒だった明治時代の焼物にあって、日本人に喜ばれるものを作った。だから輸出用の作品と異なり依頼品は小さい。どこに置いても良い、間の取り方が考えられている。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2012年6月5日放送

2012年6月5日

30年程前に入手した焼物。明治時代、日本を代表する作家によるものというが、空襲で作品はあまり残っていない。幻の焼物、果たして本物か?ゲストは片山さつき
【ゲスト】片山さつき

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

4月7日スタート!BSジャパン「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」はこちら
【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら