スタジオお宝データ 2015年2月3日放送

名前
マンモスの牙
鑑定依頼人
角盈男さん
ジャンル
化石
鑑定士
神保寛司
本人評価額
¥ 5,000,000
エピソード
1956年鳥取県米子市の生まれ。1976年、長嶋監督率いる巨人にドラフト3位で指名され入団。主にリリーフ投手として活躍し「新八時半の男」と呼ばれた。引退後は解説者として活動する傍ら、ヤクルトと巨人で投手コーチを務めた。現在は野球評論家やタレントとして活躍している。
鑑定額
¥ 900,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

マンモスの牙に間違いない。約1万年以上前のシベリアに“ケナガマンモス”と呼ばれる体が毛に覆われたマンモスが生息していた。依頼品は標本としては見事なマンモス特有のカーブで、博物館などでも評価されるだろう。ただし残念ながら先端がかなり裂けてしまっている。それと軽く叩いてみたが、軽いような音がする部分がある。そこはダメージがあって中が空洞になっている。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2015年2月3日放送

2015年2月3日

過疎化により参拝客が激減した北海道の神社が、いざという時に売却するつもりのお宝。
幕末明治に名を馳せた奇才が遺した大珍品に驚きの鑑定結果が!

【ゲスト】角盈男

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

4月7日スタート!BSジャパン「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」はこちら
【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら