スタジオお宝データ 2016年8月23日放送

名前
オーケストリオン
鑑定依頼人
小林鎮さん
ジャンル
その他楽器
鑑定士
田中健
本人評価額
¥ 4,200,000
エピソード
「釣宿場長者屋敷」という1年中釣りを楽しむことのできる宿を経営している。客室にはお客さん専用の川が流れており、いつでも好きな時に釣りができ、釣った魚は塩焼きにして食べることもできる。元々19年前に釣り好きの父が建てたのだが、昨年、父が他界したため2代目の社長に就任した。お宝は、10年前に父がオークションで、420万円で落札したもの。その際、これだけのものは世界的にも貴重なものだと自慢していた。現在は宿の食事処に置いてあるが、父が他界してからは使用方法も分からなくなってしまったため、父が言うように本当に価値のあるものなのか確かめたい。
鑑定額
¥ 8,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

とても良いもの。1920年の作品で、当時としては最高級の品。ベルギーの「ブラック・キャッツ」という店に置かれていたものだと思う。中の機会が非常に精巧で、パイプが378本入っている。まさにロールスロイスに例えられるにふさわしいものだが、依頼品は動きが悪く、空気をパイプに送るチューブのうち作動しているのが8割くらいではないか。太鼓の革が切れているなど、依頼人が入手してから一回も手入れされていない。そのため油も全て固まってしまっている。そういう所を全て修理したら1000万円。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2016年8月23日放送

2016年8月23日

亡き父が「世界的にも珍しく貴重なものだ」と自慢していた10年前にオークションで420万円で落札したお宝。今では使用方法すら分からなくなってしまったが果たして結果は?
【ゲスト】犬山紙子

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ