出張鑑定お宝データ 2017年4月18日放送 「IN鳥取県 若桜町」

名前
古備前の大甕
鑑定依頼人
長畑勉さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
森由美
本人評価額
¥ 4,000,000
鑑定額
¥ 1,500,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

こうした備前焼の大きな甕は室町時代の末から江戸時代の初頭にかけて結構たくさん作られた。依頼品は110㎝位で桃山の甕の中でも最大クラス。当時は水や食料の容器であったり、酒作りをするための甕であった。豊臣秀吉が自分の棺桶に備前焼の甕を使ったと言われている。ゴマと呼ばれる自然釉も少しふりかかって非常に姿も景色も良い物。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2017年4月18日放送

2017年4月18日

僧侶でありながら大の骨董好きだった亡き父が40年程前200万円で買ったのは、この番組では偽物ばかりのあの絵師の掛軸。果たして鑑定結果は?
【ゲスト】君原健二

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

4月7日スタート!BSジャパン「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」はこちら
【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

開運!お宝アクセスランキング

鑑定の依頼はこちら