スタジオお宝データ 2017年10月3日放送

名前
加藤唐九郎作 黄瀬戸茶碗 銘「孔明」
鑑定依頼人
田口高広さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
中島誠之助
本人評価額
¥ 5,000,000
エピソード
土浦市内で歯科医院を開業。骨董が大好きで40畳の待合室には自慢の品を常時40点程展示している。勿論自宅にもコレクションが溢れ返っており、総数はおよそ1000点。お宝は中でも一番の名品と思っているもの。10年程前、友人から「骨董収集家だった父の遺品を買って欲しい」と言われた。その中に今回のお宝があり、以前からその陶芸家の作品を一つは欲しいと思っていたので、実物を見ずに500万円で買った。自分なりに調べたところ、その陶芸家は晩年に4つの名碗を作ったが、3点のみ現存が知られ、1点は長年行方不明とされており、このお宝こそがその名碗かもしれないと分かり、期待している。
鑑定額
¥ 8,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

「孔明」に間違いない。昭和59年にデパートの展示会で発表され、今日まで33年間行方不明だった。桃山時代の黄瀬戸の茶碗はほとんど食器の転用。唐九郎はあえてその茶碗に挑戦して世に発表した。油揚手肌に胆礬の緑と鉄釉の茶色を点々と打って、水墨画を見るような幽玄な雰囲気を漂わせた。そして本来黄瀬戸の持っている端正な姿を失わないようにして、迫力を茶碗の内面に込めた。大変力強さがある。高台の脇に「玄」と書いてある。唐九郎最晩年の銘。おそらく唐九郎陶芸の頂点と言えるもの。名品。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2017年10月3日放送

2017年10月3日

秋の2時間スペシャル!
怪物といわれた陶芸家・加藤唐九郎が最晩年に遺したものの長年行方不明になっていた幻の名碗を遂に発見!?▽特別企画「各界大御所のお宝鑑定大会」に内田裕也、加藤一二三ら
【ゲスト】IKKO、内田裕也、加藤一二三、鈴々舎馬風、畠山みどり、ドクター中松

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ