スタジオお宝データ 2017年11月14日放送

名前
海野勝珉作 農夫像
鑑定依頼人
高澤純彦さん
ジャンル
近代工芸
鑑定士
大熊敏之
本人評価額
¥ 2,000,000
エピソード
インターネットオークションで、骨董品を落札するのが趣味。輸出された日本の物が好きなので、見るのは海外のオークションサイトのみ。1か月に2、3点落札しているが、手に入れたものは、次の品物を買うための資金にするためすぐに売ってしまうので、手元にはほとんど残っていない。今回のお宝も3年前、アメリカのオークションサイトで30万円で落札したもの。20年間、お金に困ることなく、サイトでの売買を繰り返してこられたのは、自分が目利きだからだと思っている。そんな自分が一目惚れしたものなので、名品に違いない!これまでで一番の掘り出し物になるのではないかと期待している。
鑑定額
¥ 5,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

海野勝珉ではない。明治40年代をピークにして、日本的な世俗の人物をモチーフにした鋳造作品が盛んに欧米に輸出されている。それを基にして型を作って第2次制作を勝手にどこかで行ったもの。そのため、人物の顔立ちの彫りや手足の指が非常に甘い。海野勝珉は自分の制作を、鋳造、鋳金、鍛金、彫金をすべて併せ持って金工の技で立体像を作る彫刻家であるとして金属彫刻と呼んでいた。「勝珉作」の銘だが、海野勝珉はこの字体を使っていない。また「勝珉作」ではなく「勝珉刻」である。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2017年11月14日放送

2017年11月14日

何を描いているか理解に苦しむ謎の絵。昔、時々泊まりに来ていた青年の作品だが、その青年、今では世界的な芸術家らしい。その芸術家とは?そして、驚きの鑑定結果が!!
【ゲスト】松本零士

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ