出張鑑定お宝データ 2017年11月14日放送 「IN愛媛県 新居浜市」

名前
古伊万里の大皿 2点
鑑定依頼人
黒田泰弘さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
森由美
本人評価額
¥ 400,000
鑑定額
¥ 750,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

亀の上に猿が乗っている絵のものは、江戸時代末の伊万里の大皿。「猿の生き肝」という話がある。竜宮城の乙姫が病気になり、猿の生き肝が病気に効くということで、亀が猿をだまして竜宮城に連れて行くというもの。縁が反った形をしている。このように作るのは凝ったもの、高級品の証。相撲絵のものは江戸の末か明治に入った頃のもの。裏に肥碟山と書いてある。輸出品によく書かれた銘。力士の絵は伊万里焼でも好まれ、いくつかあるが、みな同じような顔をしていて、描き分けられていない。量産的なもの。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2017年11月14日放送

2017年11月14日

何を描いているか理解に苦しむ謎の絵。昔、時々泊まりに来ていた青年の作品だが、その青年、今では世界的な芸術家らしい。その芸術家とは?そして、驚きの鑑定結果が!!
【ゲスト】松本零士

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ