スタジオお宝データ 2017年12月5日放送

名前
伊勢物語の写本
鑑定依頼人
飯島紘さん
ジャンル
古文書
鑑定士
東原武文
本人評価額
¥ 500,000
エピソード
長野県飯島町で800年続く飯島家の29代目当主。初代、為綱はこの地に城を築き飯島を名乗ったが、現存する古文書で飯島という名前を確認出来るのはこの初代が最古のため飯島姓の元祖と言われている。そのため全国から飯島さんが訪ねてくる事もしばしば。部屋には先祖が残した古文書数千点が積み上げられているが、それらを読み解く事を生涯の使命としている。しかし、古文書の解読にのめりこみ過ぎて一度も結婚することなく、ここまできてしまった。子供がないため飯島家は自分の代で途絶えてしまうが、今更どうにもならないので諦めている。お宝は飯島家に残る最古の古文書で、死ぬまでにどれ程の価値が有るのか知っておきたい。
鑑定額
¥ 2,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

とても良い写本。このような本は一番最後に奥書と言って、いつ誰が書いたかが書かれている。依頼品には残念ながら奥書がない。天福二年と書いてある部分は本奥書と言って、元の本が持っていた時の年号。依頼品の紙は雁皮紙といって、おそらく1700年より前と推測できる。また、本の装丁は綴葉装といって、和紙を数枚重ねて2つに折って、その束を糸で綴じているが、おそらく江戸初期までしかなかった。そういったことを考え合わせると、1600年代に書かれたものではないか。もし本当に天福2年に書かれたものであれば1000万円以上する。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2017年12月5日放送

2017年12月5日

800年、29代続く由緒ある家系。その家に残された最古の古文書。江戸時代初期には、既に家にあったと言われているお宝、果たして鑑定結果は?
【ゲスト】林海象

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら