出張鑑定お宝データ 2017年12月5日放送 「IN神奈川県 横浜市 鶴見区」

名前
古伊万里の角徳利
鑑定依頼人
上倉健二さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
中島誠之助
本人評価額
¥ 1,000,000
鑑定額
¥ 1,500,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

17世紀後半、肥前の有田で制作された色絵の角瓶に間違いない。キメの細かい乳白色の肌に洗練された色絵で双花紋を描いている。この手は当時のヨーロッパの東洋趣味にはまって、王侯貴族の館に飾られた。数多くのものが輸出されたが、首をみな切られてしまい、金属製の飾り金具の口をつけられた。そのため、ほとんどのものに首がない。直し方があまり上手くない。台の際から垂直に立たなければいけない。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2017年12月5日放送

2017年12月5日

800年、29代続く由緒ある家系。その家に残された最古の古文書。江戸時代初期には、既に家にあったと言われているお宝、果たして鑑定結果は?
【ゲスト】林海象

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら