スタジオお宝データ 2017年12月26日放送

名前
快獣ブースカの電動歩行おもちゃ
鑑定依頼人
菅原純さん
ジャンル
特撮・アニメ玩具
鑑定士
北原照久
本人評価額
¥ 300,000
エピソード
不動産コンサルティング会社を経営。土地活用の相談に乗るのが主な仕事。5年前、1700坪の田んぼを相続したものの手に負えず、売るのも先祖に申し訳ないと困っていた方から相談を受け、70年の定期借地方式で建売分譲地として開発することを提案。昨年これが実現し、北米の街並みをモチーフにした24区画の新しい街が誕生した。借主も貸主も喜ぶ結果となり満足している。お宝は50年前誕生日に買ってもらったもの。先日、友人のFacebookの写真がそのキャラクターだったのを見て、このおもちゃの存在を思い出した。父は転勤族で、小学生の時だけでも仙台、東京、横須賀、福岡と引越したので、さすがに残っていないだろうとは思ったのだが、母に尋ねたところ大切にとってあるというのでビックリ!
鑑定額
¥ 1,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

とても珍しい。60年代、第1次怪獣ブームでブースカが売れた。依頼品は67年にマルサンというメーカーで作られた。当時の値段は1000円と高い方。いろいろな素材を使っている。頭、ボディーは合成樹脂。その上に裂をかぶせている。口と手はソフトビニール、箸とラーメン、足はブリキ、ブー冠はポリエステル。作るのに大変手間がかかっている。動きも複雑。煙を出したり、音を出してラーメンを食べたりしている。これが出てきても、ちゃんと動く保存状態のものはほとんどない。煙は、中にニクロム線が入っていて、そこに脱脂綿みたいなものがかぶせてあり、パラフィンオイルで湿らせてある。それが熱で煙になり、ふいごのように押し出している。からくり人形のよう。ブースカはいろいろな種類のものがたくさん作られているため、コレクターズアイテムと言える。その中でも幻と言われているくらい珍しい。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2017年12月26日放送

2017年12月26日

画聖と崇められた雪舟の画法を受け継ぎ、毛利家お抱えとして300石という破格の知行を与えられた凄腕絵師の大作!緻密な描写に徳光和夫も大絶賛!果たして結果は?
【ゲスト】徳光和夫

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら